ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 18日

ましろ色シンフォニーをもう一度やってみた

風邪引いて会社の帰りも遅いのにずっとベヨネッタやってて体調が常に下降気味
どうしてくれるの!?

はい、そんな中、ましろ色シンフォニーについて非常に熱いご意見を頂きましたので、まるっと一記事使ってお答えしていきたいなと思いました

どうでもいいけど、メモリアの眼鏡っこ井村屋さん可愛すぎて死んだ
でもストーリー無理矢理すぎてイミフすぎwwwでもいいwwww

ベヨネッタはPS3のロード時間ぱねぇっすwwwあと画像あんま綺麗じゃねぇっすwww

はい、そろそろ始めます・・・

まずこのゲーム、私は勢い余ってAと下しましたが、ぶっちゃけ客観的な、一歩引いた目線でみればかなり微妙です
何が微妙ってストーリーが適当すぎるから
でも、私はそれでもこのゲームにはAをつけます、そう何度でもだ
それも愛理ルートがあるからこそ
それはこのゲームに求めていたベクトルというものが、とにもかくにも
キャラクターをいかに押し出してくるかということです
ぶっちゃけ、シナリオがうんこでもキャラクターの味付けが神がかっているゲームってのがたまにあります
あかね色に染まる坂(PC版)などがいい例
で、世の中にはキャラゲーって言われるようなゲームわんさかありますが、そのほとんどが、ただただ可愛い絵柄しただけの味も何もない文字どうり平面な存在
でもって意味不明に主人公にラブとかもう勘弁して!
・・・と、そんなんじゃないしっかりとしたキャラを打ち出せるか、がポイントです

ましろ色、それに関しては概ね合格ラインだと思います
ヒロイン側の視点をしっかりとだしていくことで、納得のいく恋愛描写の展開にもっていきつつもキャラを立たせることに成功しているかと

シナリオはくそなほどオマケでいいので、後はもう、キャラを殺さないシナリオだけを期待していました
キャラの魅力を殺さない(邪魔しない)のであれば、あとまぁどんなに適当でもいいんです
もともとそれには期待していないので
じっくりとした深みのあるシナリオと、読み手(ユーザー)を引き込んでいくようなストーリー展開を期待はしていません
それでいうならまぁ、私の期待するとこに答えてくれてるなら

こまけぇことはいいんだよ(AA略

ってことになるのはそうかもしれないですね
逆にもし私がこのゲームにシナリオを少しでも期待していたんだとしたらBライン程度の出来だったでしょう
そういった意味だと、ぱれっとの前作さくらシュトラッセなんかは、キャラはもちろんのことシナリオも期待してたので
見る目が厳しくなるのです

私のレビューは完全にひとりよがりの
私の期待するところにどこまで答えてくれたのか!
という一点に尽きるので、世間的な評価とはあえてずらしてます

まぁそれを踏まえてですね、このゲームのシナリオに対する私の考えをちょっとだけ述べていこうかと思います
十人十色の考えがあると思うので、あくまで私の考えです

■女子高に、共学の人間を放り込んでみて、行く先を当事者に投げっぱなしにして学校はノーケアてのは、まぁそうなんじゃないでしょうか
むしろ学校ができることってなんでしょうか、ある程度実験的にやってみて、当事者の意見を聞いて判断するテストケースなんてざらだと思うので違和感は特になかったです
ていうか私の高校時代も似たようなことがありました(学内に閉じた話ですが)

■愛理というキャラクターですが、非常に人間臭いというスタンスで見ればむしろ自然だし、1○歳ってことを考えれば普通じゃないでしょうか
望んで女子高にいるのに男がきたらそりゃー悪態もつきますよ
母親との苛立ちを主人公にぶつけるのだって若さでしょう、八つ当たりをしない人間なんて滅多にいません
このくらいの歳ならなおさら
まぁ若干意味不明に主人公に強くあたっているのはイミフといえなくもないですが、そうでもしないと・・・このゲーム、もっていきどころがなくて破綻します・・・
ツン→デレをやりたいのはみえみえなわけで・・・
統合反対を経営者に働きかけるってのも難しいのかなぁと、
企業の中にあって、君達明日から出向ね、と言われてもなかなか抗えないものです
労働組合をもって掛け合うだのなんだのはしてもいいですか、そうするとこのゲームって何を見せたいの?ってことに・・・
そもそもゲームとして学園統合の話はどうでもいい感じにだされてるわけで、ましてや○校生のお子様にそれは酷なのかなぁと
そもそも愛理自身、統合にぶつぶついってるだけで、本気でちゃぶ台をひっくり返そうとはしていないように見えますしね

愛理と主人公のあり方ですが。。。。なんといいますかまぁ、、、、これが今に言うツンデレのテンプレートになっちゃってますしね・・・
そこはもうネタとして割り切らないとと思います。
元来のツンデレの意味は
「べ、べつにあんたのためじゃないんだからね!勘違いしないでよね!」
(好意丸出しなのに、恥ずかしくてついつい心にもないことをいってしまう)
というのが正しいのだと思いますが、
今では感情が主人公嫌悪→主人公に依存するほどの好意と移り変わるキャラをツンデレと称してしまいます
こういうキャラが世間ではどうしても人気なので、割りと溢れかえってますが
そういうのを受け止められないと若干辛いのもわかります

あぁそういうものなんだ、と割りきりができるかどうかで変わってきてしまいますね、ゲームなんてものは
私がファンタジー物をとみに嫌うのはその割りきりがどうしたってできないからだったりします

リアルに捉えてしまうと厳しいゲームだとは思いますが、
自分のゲームに対するスタンスと合わないと、駄作になってしまうのはこのゲームに限ったことでもないのかななんて思ったり

つまり結局何がいいたいんだということになると
五行なずなさんは可愛いと思います
[PR]

by minatokako | 2009-11-18 22:20 | エロゲ | Comments(3)
Commented by hoger at 2009-11-19 00:13 x
よしwメモリア勧めた甲斐があったw

>五行なずなさんは可愛いと思います
本人かよw

愛理はたしかお試し統合開始前に理事長に反対反対言いまくってた気が・・・
それでも始まっちゃったものはどうにもならなくて
憤懣やるかたない想いが男に対する悪態って形に出てきてるのかと
でも、根が真面目だからやらなきゃいけないことはちゃんとやってるトコが
可愛いというかツンデレというかw
Commented by D's at 2009-11-19 03:51 x
hogerさんの意見+さらに統合反対理由の1つでもあろう、
「女子トイレ突入」「スカートのぞき見(不可抗力)」という、いわゆる女子が嫌うような男子的な行動を
最近できた親友の兄=主人公(初対面はかなり好感触)がやらかしたもんだから・・・
なもんで、主人公に対する愛理の態度はまぁ納得でした

>メモリアの眼鏡っこ井村屋さん可愛すぎて死んだ
昨晩の記憶がない智枝が主人公のカマかけで自爆未遂が・・・イイw
Commented by minatokako at 2009-11-21 21:49
>hogerさん
久しぶりの井村屋さんありがとうございました
でも、・・その・・・なんというか
もうちょっとあれですね、シナリオにリアリティが欲しかったですね
主人公記憶喪失ネタは扱い方が難しいとあれほど・・!
まぁそんなんはどうでもいいんですけどね!そこは期待してたところと違うし
五行さんは可愛いと思います(キリッ
ラジオとかでも、、うん、、、いいです

>D'sさん
なんだかんだでこのメモリアの一番の萌えキャラだと思います
いや他のキャラやってないからしらないけど・・・

愛理の最初の態度はお二人の仰る部分、私はかけませんでしたが
全くもって同意見です
ツンデレブームはいつまで続くのでしょうか・・・
いや私すきなんでいつまでも続いて良いんですけどね


<< サンタさんに願いを      黒の契約者 二期 >>