2009年 12月 30日

Dies irae ~Acta est Fabula~ レビュー

評価:B
※未完だったDies iraeの評価はややこしくなるので含みません(単純に追加分だけの評価です)
※螢ルートのみのプレイとなります

超待望の作品から、最悪の形でユーザーを裏切り、文字通り怒りの日となったディエスイレ
削除されてしまった2ヒロインをどうやって本編にくっつけていくのか・・・と焦点はまさにそこだけ
ぶっちゃけるとつぎはぎで違和感バリバリのものしかだしてこないんだろうなー
いっちゃえば手抜きなんだろうなと
つーかね、私ディエスイレは螢狙いだったわけですよ・・・もうほんとにね

さて、結論からいけば、私の目は誤魔化せません、手抜きです
だけど、抜いていい、手の抜きどころだったのかなと
というのも新規CGが数えるほどしかありません
本来のヒロインルートから鑑みればオマケルートほどにも届かないんじゃね?ってくらいの新規分
一枚CGは割りと多くでますが、どこぞのルートの使いまわしばかりです
ただ物語りに集中してるとどうでもいいくらい気がつかないので、気になりません
つまりシナリオはきちんと仕上げてきていました、ちょっと驚きです、普通に読み応えもあったし面白かった
違和感もあまり無く、きちんと世界観を維持しながらのお話で安心の出来
これを本編でやっていればと後の祭りですが・・・

・螢ルートについて
本編で伏線とか設定をちらつかせるだけちらつかせて、結局何も明かさず回収されず
螢自身も脇役と呼ぶにも苦しいポジションに収まってしまったところから一転
当たり前ですが、螢が凄くメインになります
というかルートはいると主人公が空気になり気味です、ていうか空気です
ほとんど螢視点で描かれますし、キルヒアイゼンとかカインと兄の話とかがメインになってます
それはそれでいいんだけどね・・・主人公が空気になるので物語としてはしまらないっていうかなんというか・・・
面白くはありますが、本編プレイ済みで時間を置かれちゃうと
なーんだそういうことだったのか、という印象のみが強く出ちゃう
ラストは俺たちの戦いは始まったばかりだ、て感じで終わります
まぁーそれはそれでありなのかなーと

螢ルートをプレイして思いましたが、ディエスイレはマリー√が正史なんでしょうね・・・
それ以外は、おまけとはいいませんが、こんな世界もあったかもねっていう感じですべての解決は見ません
パッチとしては楽しめましたが、
正直どうなんだろう・・・・?これが最初から本編にあったとして螢狙いでプレイしちゃうとイーーってなるかも
トゥルールートを1つ用意しちゃうと他が霞むから微妙ですよねー・・・あんま好きな手法ではない
いやまぁはまると凄く良いんですけどね、八月みたく

まとめ
2年待たせてコレかよ!ってことはないかと
というかパッチでプレイできる人はまぁまぁいいんじゃないでしょうか
[PR]

by minatokako | 2009-12-30 22:10 | エロゲ | Comments(2)
Commented by at 2010-04-30 22:24 x
とりあえず全ルートクリアしてみようぜ

レビューを改めてやりたくなると思うから

ストレッチマンとの約束だぞ!
Commented by minatokako at 2010-05-03 01:07
追加分以外はクリア済です
やってないルートは先輩ルートだけですのでとりあえずの大筋はプレイしてます

そんなわけで、その約束には答えがたい!というのが(;´Д`)


<< いちゃぷり! レビュー      やっぱり湊の可愛さは異常だね >>