2010年 07月 19日

いってきたよ 【日本海編】

お蔵入りを検討していた今回のネタ
夏のツーリング計画をしている現在、振り返りを込めて書いてみようそうしよう

GWのツーリングがネタになります

・3月都内某所
日本海が見たいと思い立つ

・4月都内某所
まじめにルート検討と日程を考える
三泊四日でいくことに決定
ただ日本海を目指すのも微妙だし、つか日本海いくだけなら関越つかって新潟いけば割りと一瞬だしな
うーん、うーん・・・・と旅行しとネットを使って、せっかくだし名所を巡りながら日本海いくかー
ということで山越えのルートで、
チェックポイント1.松本城
チェックポイント2.高山
チェックポイント3.白川郷
チェックポイント4.金沢城跡
チェックポイント5.能登半島一周で日本海
そんなわけでルートは決定
で、宿探しなわけですが、さすがにGW・・・全然取れないお(´;ω;`)
まじでとれねぇええええええw
道路状況を考えて谷間の平日をさがしているのですが全く宿取れない
つか私が、安くて、綺麗で、新しくて、駐車場があって、大浴場(できれば温泉)があるホテルという条件でさがしていたからなんですけどね
仕事もそこそこにF5連打しまくってなんとかとりました、やったね

・ツーリング初日
予定では松本入りを10時前で1時間ほど散策、高山を2時前について観光しようと思ってたので
まぁまさか平日から渋滞もないだろうと思いつつも首都高につかまるのも嫌だったので4時出発を予定で目覚ましをセット
ちなみに出発の前日は飲み会、テーマは「GWに乾杯」、意味不明
家に着いたのが1時、寝たのが2時
おわかりですね、そうです

寝坊

おきたら5時だった・・・でもこれでも3時間しか寝てないし、酒抜けてるのかな・・・後半ほとんどのまなかったけど
幸い準備だけは事前にしていましたが、それでもバイクの出発はマンション住まいだとやたら時間がかかります
カバー、チェーンを外して、チョーク引いて暖気
外したカバー等をマンション上層まで運ぶ
荷物を持って、後部座席にセット、カメラもセットしてネット
タンクバックを固定してナビをセット

・いよいよ出発5:30~
若干ほの暗い、だが今日の天気は晴れ気温22度、まさにツーリング日和のはず
しかし早朝とあってかすげぇ寒いんですけど><気のせいだよね
即効バイクを止めて長袖シャツにジャケットという服装の下にトレーナーを着込む、うん、丁度イイ
都内某所から首都高に乗る
こんな時間なのに結構な交通量
私は乗りはじめでまだ馴染んでないのでちょいビびり気味に走行、つか寒い、まじで寒い、はよお日様照らして!
相変わらず首都高は意味不明すぎる、ジャンクション多すぎ、まじでわかんね、ナビ大活躍
わりとスイスイ進んで高井戸ICから中央高速へ
風が結構強くて煽られる、怖い
料金所でうまくお金が出せない、グローブが飛びそう、怖い
中央高速はかなり走りやすい、道が広く、車がほとんどない
イイイイイヤッホオオウ
風に煽られる・・・自重します
繰り返すがすげー寒い、時間は7時前なのもあるけど、朝から飲まず食わずなので熱が作れていないのが原因
しょうがないので疲れていないけど早々に石川SAで休憩
缶コーシーと菓子パン1つをほうばる
つか缶コーヒーって缶はクソ熱いくせに中身は温い、なんなの?
多少体もあったまったので早々に出発
ナビは切っておいて、XperiaのGPSで距離感だけ確認
このペースなら10時前には松本入りできそうだ、渋滞情報も無い
しかしコーヒーの利尿作用せいなのかやたらとトイレが近い
SAを見つけるたびに入る・・・何やってんだ・・・・
まぁでも高速の楽しみなんてSAくらいなもんだし、意外と悪くは無い
しかし突然、途中急に渋滞しだす、相模湖あたりだったかな?
基本高速ではすり抜けはしないのですが、さすがに動かないのですり抜けていきます
すり抜けて・・・・すり抜けて・・・・
すり抜けて・・・・
えぇΣ(´∀`;)どこまでいくの?
途中トイレにいきたくなちゃって、高速のはじっこにとめて山に・・・・
んでまたすり抜けてすり抜けて・・・・・
30分くらいすり抜けていくと
事故見つけました(σ゚д゚)σ
アチャー、こりゃーひどい、二台は木っ端で、玉突きのように3台が破損して止まってました
警察が来て色々やってます、ドライバーさんは無事なのかな・・・
道はちょっとせまめな二車線のゆるいカーブ、うーん?
警察官が1車線に誘導かつ徐行させて通しているので当然コレが渋滞の原因
何食わぬ顔ですり抜けて突破、とたんに道が恐ろしいほどに開ける
時速○kmで快調に飛ばす、風も収まってきたし、太陽も顔をだし気温もちょっとあがってきた

・9:00 釈迦堂PA
本格的にお腹が空いてきたのと、ちょっと疲れてきたので初めてのマジ休憩
バイクは本気で車より疲れる、高速だと風を受けているだけで体力を奪われるからね
ふぅ~と高台に上ったりして景色を眺めていると・・・
ちょwwwオィ?あっち(進行方向)のほうの雲黒いんですけどwww
これ降るんじゃねーか・・・やべぇなどうしよう
急いで出発すると案の定、ポツポツきだした、うへぇやべぇ
次のパーキングで一時避難、シートバッグをレインシートで覆う、で次人間も
あ、あれぇ?おかしいな?僕のレインウェアどこ?^^;
うっそwww忘れちゃったよwwwwwwwつかでも雨とか想定外wwwwwww
Xperiaで天気予報の確認
「山梨県1時間ほど小雨」
小雨・・・・だと・・・・?
どうみても尾車ああああああああああああアアアアアアアアアアアアアアアアなんですけど^^;
でもまぁ1時間なら・・・SAエリアごとに休んでいけばやり過ごせるかな・・・・
と、雨の中を出発したのが大きな間違いだったのである
うおおおおおおしぬううう
前が、前が何も見えない!!タイヤが!くそグリップが弱い!!
何より
冷たくて寒い
あかん、これまじで死ぬ
あわてて双葉SA?に緊急避難

・10:00~ 双葉SA
もうずぶ濡れってレベルじゃない
服着たままプールに飛び込んだのとなんら変わらないレベル
くっそ、どうなってんだ
同じように雨宿りしているライダーが超多数
とりあえずグローブ、トレーナー、をトイレで絞れるだけ絞る
寒い、本気で寒い
またそれを着る
なんの×ゲームだこれwww
※着替えなかったのはまたどうせ濡れるかもしれないと考えると微妙だった
とりあえず死にそうだったので、飯もくわないのに食堂でじっとしている
雨はやみそうにない・・・・
じっとしているのも暇なのXperiaを取り出す
おわかりですね、Xperia死亡
でもジャケットからちょっとしみちゃったぐらいなんだけどなぁ・・・・動くけど、電気信号がいかれちゃったのかまともにタッチできず暴走する感じ
頑張れば使えるので天気予報を確認、14時まで雨になってる・・・しかも大降り、おい?

・11:00~ 双葉SA
さすがに何も食わないで居座るのもまずい気がしたので、温まるものとしてそばを注文
はぁーーーー生き返るわーーーーー
寒くないんだけどグショグショで気持ち悪い
雨はまだやまない・・・

・12:00~ SA出発
ジャケットだけはさすがに乾いたけど他はそうもいかない
相変わらずの大雨だけど、たまーに一瞬小雨になったり晴れるような瞬間が目立ち始める
昼時とあって食堂が込み始める
色々とここにいるのも限界かもしれない
もういい、もういくしかない!出発・・・・
ウオオオオオオ緒おおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
しぬううううううううううううううううううううううううううううううううう
やべぇえええええええええええええええええええええええええええ
だが覚悟を決めると意外となんとなるもので、一瞬が永遠とも思えるほど時間間隔がないなかを戦いながら進む、進む、進む
時間はわからないけど、しばらくすると雨があがり、晴れてきた、気温も上がり始めたのであわててパーキングに入って着替える
やっと一息つけた、ただ靴はグチョグチョである、気持ち悪い
大分時間をロスした、ここから本気出す

・13:30 松本IC
大分イイ時間になってしまって・・・ここからは下道で高山を目指すわけだが、時間で2時間弱かかるので、
高山観光を考えると松本城に向かっていると時間が苦しい
なにより天気が怪しいので、距離は稼げるうちに稼いでおきたい
基本山越えになるので山の中で降られたら本気で死ぬ
ということで泣く泣く高山直行コースで山登りです・・・・登り始めてしばらくして違和感が
すっげーーーー寒いのだ
寒い寒いと上記してたのとはレベルそのものが違う
夏にクーラーつけすぎで寒いっていうのと、真冬の寒空の下というくらい違う
手がかじかんできてうまくクラッチブレーキが握れない、本当にそのレベルで寒いのだ
道中WCポイントがあったのでHOTのジュースで暖をとろうと休憩
トイレの水は温水だった・・・・まじで助かる
d0143135_1120588.jpg

ご覧の雪景色
なんなの?死ぬの?
道路も路肩が雪が除雪されてるよ・・・
GWなんてもう夏だと思ってた、完全に山を舐めてた
急激な気温のせいでナビの消耗がやばい、私の消耗もヤバイ
それでもぐんぐん進むと足がおかしい・・・?
靴凍ってるよwwwwww
リアルエターナルフォースブリザードwwwしぬwwしぬwwww
つか本気でやばいww口がさっきからガチガチしっぱなしで震えが止まらない
もっと厚着したいけど、半分が水没しとる、オワタ
途中の気温標識を見ると2℃
2℃wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwたまに1℃wwwwwwwwwwwwwwwww
お、おま、おまwwwww
バイクで風をきってる体感温度は-です
氷点下キタコレw

・15:30 高山市内
命からがら高山市内に到着、意識朦朧
急いでホテルを目指してチェックイン
ホテルはΣ( ゚Д゚) スッ、スゲー!!綺麗でした、近代的で部屋も綺麗、屋上に市内を一望できる露天風呂つきという完璧さ
これでGW価格で5000円朝食付き、色々おかしい凄さ
体力は0でもう限界だったけど、ここで倒れてしまうと本気でなんのためにここにきたのかわからないので市内散策にでかける
ちょっと日が暮れてる・・・泣きそう
散策といっても、遠出はできないので駅周辺をぶらっと回るくらいです
まっぷる頼りにおいしいものをつまみつつの散歩です
d0143135_11342859.jpg

この時期にして桜が見事です
d0143135_1135343.jpg

昔ながらの街並み
ファミリーマートも空気読んでシックな色合いでした
つまみ食いしながら歩きましたが、どれもイマイチ
飛騨牛串はおいしいけど高すぎ少なすぎ
飛騨牛寿司も同じく
値段が高い割くて少ないので観光地価格だなーと
飛騨牛マンの店はおっちゃんが無愛想すぎて商売っけを感じない、しかもあんまりうまくない
もっとぎゅっと肉がつまってればいいのにほんのちょっとしか入ってない上に
なんかすき焼きの残りつめましたよみたいな味であまりマンにマッチしてない
夕食は高山ラーメンをいただいて終了
高山ラーメンは薄い透明感のあるしょうゆ味
こってり濃厚スープ好きには向かない味ですが、たまにはこういうのもうまいです
夜は宿に戻ってひたすら温泉で体を温める
いやー温泉ある大浴場とっておいてよかったああああああああ
部屋に戻って濡れた服を乾かして、就寝
気がついたら朝だったので本気で限界だったみたいです

つづく
[PR]

by minatokako | 2010-07-19 11:40 | ツーリング紀行 | Comments(3)
Commented by minatokako at 2010-07-19 22:53 x
続きはできれば週末までには書きたいですが・・・月末のゲームの前にどこまでできるか
多分書かないに一票
Commented by takumiex at 2010-07-23 00:37 x
いやほんと、事故らなくて良かったですね^^;
レインウェア忘れ乙には衝撃が走りました。単車って、
荒天に弱いんだなぁと改めてしみじみと思ったり思ったり。
Commented by minatokako at 2010-07-24 00:46
一瞬の油断が命取り
ブロントさんがよくいっていた忘れてはいけない格言ですが
ぶっちゃけ何度も死にそうになります、バイク
高速で追い越し車線を走っていたら、右側から150kmで抜かれたました
しかもカーブです
正気の沙汰じゃない、ナンバーメモって通報してやりたいくらいでした
くされ4輪ドライバーからなめられるのが一番の危険かもですね、テクニックより

雨降ると絶望するので天候は危険です
夏の夕立くらって風ひいたことがあります(つд・)


<< やっちまったあああああああ      ちょっとアマガミ買ってくる >>