ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 13日

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7巻である

先日睡眠時間を削って読破した俺の妹がこんなに可愛いわけがないですが
なにやらタイミングよく7巻が発売されました
1~6巻までの感想はちょっと前のエントリを参考にしていただきたく思いますが
基本1巻完結型をとるので続きが読みてぇとかそういうノリはあんまなかったです、めっちゃ面白かったけどさ

で、ファンの人は待望
私にとっては間を空けることなく発売された7巻、早速読んでみたわけだ
d0143135_2174241.jpg


結論から言おう
声を大にしていおう

今すぐ続きを読ませてくれ!頼む8巻はまだか!まだなのか!!

やっべえええええええええええええええええええええええええ
前言撤回どころの話じゃない
続きが気になって何も手につかない、オワタ
人生\(^o^)/オワタ
ボスケテボスケテ!!
うわあああああああああああああああああああああああああ


とりあえずね、感想

凄い面白い

いやそんな言葉で表しきれないな、面白いってレベルを超越してる
でも大事なことなのでもう一度いわせてもらう

やばいくらい面白い

ボキャブラリが貧困?関係ないね!
やばいんだよ!だってやばいんだよ
そう7巻は

d0143135_2215251.jpg

実 に 面 白 い

あ、ありのままに起こった事を話すぜ
読書なんぞしてる時間はないが、寝る前にちょっとづつだけでも読み進めて行こうと
1時頃ベットの中で読み始めたんだ・・・
気がついたら3時だったんだ・・・・
翌日、今日こそは寝るぞ、ちょっとだけ・・・・
空が白かったんだ・・・
な、何をいってるかわからねーだろうが、俺も何が起こったのかわからなかった
仕事休めないので完徹して出社とか、どんなギャグだよ

いや読むの遅すぎじゃね?


あぁ・・・

うん・・・



そりゃ2回連続で読み返したからな!!!!

読み終わった後これは一気に読まんといけんと最初から読み直したwww
もうwwwもうwwwばかwwwすぎるwwwwwwww
ちなみに二回目読んでるときも同じページをいったりきたりしながら3歩進んで二歩下がるみたいな読み方をしてた
おkwwwwそれが今日の朝だwwwwwおwwwれwwwwねてwwwないwwwww

あーというかね
すげーよまじで
あんたすげー
正直にいって、漫画でもないゲームでもない、TVでもない
文字だけの世界でこんなにわくわくどきどきしながら世界にのめり込んで読書したことない
頭がおかしくなったのかと思った
アニメが面白かったから原作小説をよんだ
これは完全に間違いだった
アニメはよくできている
できる限りで原作に忠実だ
だが

原作の面白さはアニメを遥かに凌駕している

ともするとだ
アニメなんてもう興味ねーよwwwあんなんだめだwww
リディルと竹達の演技がいいのは認めるwwwだがしょせん二次創作だぜwwww

くそwww面白すぎて凄すぎてwwwおかしい
かえせよwww俺のリアルをかえせよwwwwww
現実世界的に後を引かせるほどの衝撃ってそうそうないよwwww







いやいかんなテンションが無駄に高い
ここからは仕切りなおす
ちゃんと語る
いや語らせてください
いや何かもう感情があふれすぎてうまく言えないんだ
ゲームで言うなら久遠の絆レベルだ、死ぬ
とりあえず
これはゲームでもなんでもないんだが
忠実にエロゲ化したら

評価:SS
※ただし桐乃、黒猫ルートに限る

こんな感じである
SSってちょwwおまwwちょwww
だがね、本当にそのレベル、私にとっては
実際問題としてエロゲの紙芝居向きのゲームであると思う
だって内容がこれなんてエロゲ?状態極まりない

アニメより面白い、その編を踏まえてその理由を解き明かしたい
アニメが原作を超えることはそう珍しいことじゃない
ただしエロゲが原作のアニメが原作を超えることはまずないのである
理由はいくらかあるが
・年齢制限があるからこその表現の自由と描写、演出がアニメではできない
・大半のゲームは主人公視点一人称のものであり、モノローグのオンパレード、だがアニメではTVを通じた視聴者の目線が入るので、第三者的視点を考慮した作りになる
つまりより主人公目線でものをみるのが難しくなっている
ハルヒのヒットはアニメでも徹底的にキョン視点を貫いてるからだと思ってる
この作品の京介さんは結構モノローグガツガツです
アニメだとそれが巧く表現し切れません
実際細かい主人公の心の動きとか感情はバッサリきられちゃってます
だからこそゲーム向きのテキストとテイストだと強く感じるのです

そしてテキストだかこそ映える場面演出
文字だからこそ面白い
そんな世界を作るのが非常に巧い
いい例えではないが、この作者
VIPに時折現れるSS投稿者のような感じがする
そう、あの文章に近い
この傾向は5巻くらいから現れていて、6巻で2chネタをメタ的に使い始めたと思ったら
7巻でガチに覚醒してるから困る
ネット世界のリテラシーの高い人には非常に面白い書き方をする
2ch方面のネタが多いが、やりすぎず、バランスが絶妙

「俺今妹の部屋のクローゼット中にいる\(^o^)/」

「実況スレでもたてたのか!?」

とかいうやりとりなど
ぶっっとくるようなネタの使い方、絶妙
テキストがうまいとかそういうんじゃない
だからこそVIPに現れるという書き方をしたんだけど
単純に読みやすくわかりやすく、1つ1つの場面がうまくパッケージされてるのでテンポもいい
ただただうまいのです、本当に感心

主人公がオタクの妹に感化されて自らもオタク的な思考にはまっていくということ以上に
主人公をはっちゃけるくらい壊わしたのがいい
もちろんしめるところはしめるかっこよさを残したまま
突然頭のネジが飛ぶ主人公にまじ惚れます

さて、肝心の内容ですがネタバレすることもあるので引っ張りました
こっからさきネタバレです
私そういうの気にしないんで、ネタバレすんなとかおこられても困るんで

今回は内容もよかったです
ゲーム化しちゃいなyp!といいたくなるようなシナリオ
ここ最近は黒猫を妙にクローズアップして書いていて、メインは桐乃ながらも、桐乃に萌え要素を与えずにやってきました

だが7巻は 桐 乃 無 双 だ

桐乃無双をやりつつも黒猫を立てまくる内容でした
まぁ瑠璃ちゃんが可愛いのは6巻までで嫌というほどアッピルさせられたのでいいとして
問題は桐乃
そう、桐乃メインヒロインとしてはあまりに立ち位置が微妙で、まったく可愛くないのだ
(※アニメだと違う、この辺はうまくやっているとおもう)
もちろん桐乃の行動をみれば超絶ブラコンなのは想像に難くないが
作中ではそれをかなり遠まわしに描写していて、直接的な萌え要素を桐乃には使ってこなかった
桐乃=ツンデレの図式を無意識に当てはめがちだが実際はそんな単純なものではない
どんなに主人公が尽くしてもデレないどころか、態度もあまり変わらない、そして態度がウザイ
結局桐乃はどうしたいのよwと、読者スタンスとして扱いに困っていたのが6巻

それを急に直接的な表現で、桐乃立ち位置を明確にさせたのが7巻
7巻を読むと行間を読むことなく、いかに桐乃がブラコン以上の感情を主人公に抱いているかがわかります
陳腐な言い方ですが家族して兄に心を開くのか、それとも1人の男として好意を抱いているのか
その辺がいままでにない形ではっきりとしてきます
とはいってもお話の流れを流動的にするためなのか、出し惜しみなのか、行間を読ませたい手法なのか
はっきりとは書いてません
ただそれでも見えてくることはあるわけですね

結論から言えば桐乃のはツンデレではないのだと思います
兄を異性として好きなのかどうかはぼかしてかかれているので、言及はできませんが
主人公のことは兄として非常に好意を持っているが、それ以上、あるいはそれと同じくらい異性としても好意をもっているだろうことが読み取れます
別に解析することが趣旨ではないのでどうして?は書きませんが
これによって桐乃の立ち位置がばちっときまったので、二人の関係は恋愛的な側面としてみるべきなんだなって納得できます
この本のタイトルから妹とキャッキャウフフすることを想像し期待していた紳士淑女の皆様
ようやく願いがかないましたぞ、というところでしょうか

私の想像ですが
昔、桐乃はガチで主人公が好きだったんでしょう(それが家族愛だったとか後付で逃げれるけど
なんらかの形で主人公に想いを打ち明けたが
(桐乃の視点からみえれば)侮蔑されてこっぴどく振られてしまったんですね
これをきっかけに、勉強にスポーツにと努力するようになった
これは主人公のことをふっきるための一因でもあり、駄目な自分だから受け入れてもらえなかったという自戒があるのかもしれません
結果ことはうまく運びましたが、自分のことを受け入れてくれなかった主人公を憎むと同時に、やっぱり根底の部分ではいまだに好きだという気持ちが薄れていない
今の自分は主人公を憎むことで形成されているので、これまでのような態度をとり続けているわけだけど
「人生相談」の中で、改めて主人公の優しさに触れ、好意が憎しみを逆転しはじめてきている・・・

じゃねーの?てきなことを書いてきているのが7巻のメイン

雰囲気としてはかみぱにの瑞希ルートに近いかもしれん
こう解き明かされてくると桐乃に萌えてくるから不思議なものである
ただ桐乃、ヤンデレも真っ青なくらいやみ過ぎww
兄と恋人にみえないと指摘されただけでマジギレとか怖い((((゜Д゜;))))

こうして書くと桐乃だけのスポットのように見えて、兄である京介の歩みよりもうまく書いています
6巻まででシスコンだと自覚し認めてはいますが、7巻ではどう考えてもシスコンの先をいった桐乃への執着を見せ始めるわけです
「お前に桐乃はやれん!俺のほうがずっと桐乃を大切にする!」
とか、ちょっといくらドシスコンでもこれは言えないwww私もたいがいシスコンだがここまでは無理だ
これはもう兄が妹に対して吐くせりふじゃない

といった感じでですね7巻は京介と桐乃の距離感を書いてるわけです、あー面白い
それだけでなく、そこにうまく黒猫を混ぜてきてます
7巻ではもう完全に黒猫は主人公に惚れているような描写を最初からさせてます、しかもそれを隠そうとしない
・主人公はカッコイイと発言する
・主人公のためだけに桐乃に見立ててもらってまで服を買う(当然桐乃はそのためだと知って激怒)
・桐乃が主人公に惚れていることを、だれよりも理解して、それを理解したうえで桐乃と対等な立場で戦い京介を手に入れたいとする
「アナタのことがすき、あなたの妹があなたのことを好きなことにまけないくらい」
名台詞です、あー面白い
妹だから兄を好きなのはおかしい、という観念よりも、桐乃を尊重し、敬愛した上で京介のことを考える黒猫さんカッケー
桐乃が兄を好きだということ、最悪な形でごまかしたことにきれる黒ネコさんまじかっけー、あー面白い

ということで面白そうな展開でしょう?
最後黒猫に告白されて恋人になって終わるわけですが
このあたり含みがあって非常に次巻が気になります
桐乃の彼氏騒動の後(兄と妹なんてありえないフィルター取っ払えば兄への好意丸出し、それを受け入れた兄)の桐乃と京介はどうなったのよ
とか気になります

さて8巻でクライマックスを迎えるらしいのでなんらかの形で決着はつくんでしょう
ここにきてあやせルートもまなみルートもないでしょうから、つかそんなんやられてもしらける
・色々あったけど結局黒猫ルート
・京介の感情はシスコンを超越していたことに自問して気がついて黒猫に背中をおされて桐乃ルート
どっちもありそうだし、黒猫の読者人気が高いそうなので前者かなー
後者がタブー的な意味でまずいって場合、妹のことが好きだけど、それは兄妹愛含めてのことだとかなんとかいってお茶を濁したような展開すれば十分あり
涙を隠して背中をおした黒猫もいい女でよかったね的な
ただ個人的にはこれなんてエロゲ?を突き通してもらいたい、無理だと思うけどw
こういうライトな大衆の文庫でガチな展開とかみたことねーし!やるならそこまでやってもらいたいのです、無理だと思うけど



そんなわけで今回は非常に長く大絶賛のうちにおわりました
寝てないので支離滅裂です
私は面白いと思いますがそうでない方もいると思います
話半分に聞いてください
なお
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のタイトルだけに惹かれるような方は1~6巻を読まずに7巻から読めば納得できるかと思います

かしこ
[PR]

by minatokako | 2010-11-13 03:53 | グッツ関連 | Comments(4)
Commented by takumiex at 2010-11-13 09:37 x
いや、面白いですよwww買ってソッコー読了した本とか、文学作品含めても相当久しぶりですからね、手放しで賞賛したいところです。
当然、いくらか突っ込みどころはありますけど、そんなんどうでもいい、とばっさり切り捨てられる魅力が、この構成にあると思います。

私の所見ですが、この作品が読者を魅了して止まない理由として
・あくまで第三者的(客観的)な視点から、物語を始めたところ
・主人公がネ申レヴェルのヒトである事
あとはキャラ立ちであるとかテンポの良さとか主人公の壊れっぷりとか、或いは妄想で妹と其の友人に(*´Д`)ハァハァ出来たとか、そんなところでしょうか。(たぶん、私は妹居ないので(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ出来ないでしょう。あくまで物語、ってスタンスで読んでます。

原作はアニメと違い、心情描写が細やかなので、本当に第三者から見た時と京介視点から見た時で、つまり、外面と内面の言っている事が、それぞれ全く印象が違うふうに見える為に、

アニメ桐乃たん>>>>>>>>>(〜越えられないかわゆさ〜)>>>>>>>原作桐乃丸顔

みたいなギャップを生んでいるのでしょう、と思いました。
早く8巻!8巻!と心の中で叫んでいまつ...
Commented by ななし at 2010-11-14 08:15 x
ながいよおにーさんwww

どれだけ心の中に熱い何かを秘めているのww


7巻だけ買ってくるわ^-^
ノシ
Commented by ななな at 2010-11-14 19:28 x
つアニメ版Canvas2最終回
Commented by minatokako at 2010-11-16 12:19
忙しくコメント返し遅れてしまいました、すみません
> takumiex さん
色々と共感してもらって感激です
そう、このラノベにはとんがりきった絶対的な何かの魅力がありますね
特に私(私に限らず全国妹を持つ人)の境遇と重なるところもやっぱりあるわけで、いっそう感情移入してしまいます
これは京介△もいってますね
アニメの桐乃は可愛いですが、7巻でようやく原作桐乃も可愛く見えてきました
つまり何が言いたいのかというと、はやく8巻を!を!

>ななしさん
むしゃくしゃしてやった、今では後悔している
ながいと~~~まで読んだって感じで受けがよくないのはわかっているんですが
この胸に秘めた熱いパトスをなんとかしたかった
アニメを見ていれば人物関係だけはわかるので7巻だけでも楽しめると思います
妹萌えしたければ7巻だけ十分ですが、黒猫だけは5,6巻でアッピルしちゃってるので( ゚Д゚)ハァ?って感じになるかもです
7巻が面白ければ1~6も考慮していただけると幸いです

>なななさん
むむ?
Canvas2は大昔一応見ましたが。。。。どういう。。。。?


<< 忙しいを理由に更新しないのはナ...      キサラギGOLD★STAR レ... >>