ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 21日

失われた未来を求めて体験版をやってみた

11月ゲーム考察ってわけじゃないけど、最近サボり気味だったのでちょっとまじめに休日潰してネット巡回
どれもこれもだなぁって感じだったけど
絵とタイトルに引かれてプレイしたのが

失われた未来を求めて

スタッフが水平線まで何マイル?と同じで
ぶっちゃけ水平線まで何マイル?が凄くあわなかった自分としてはどうかなって感じでした
ただライターも代わっている?ようだし、他に惹かれるようなものもなかったので

で、体験版にして1.2Gとか超ど級です
1.2Gっておい
凄い時代になったものです

結論から言うと製品版購入決定
ただこれは体験版が面白かった!とかいう前向きなものではなく、他にやるようなものもないし
もしかしたら製品版で化けるかもしれないという期待を込めてです

実際体験版はかなり面白くない
事前情報を一切いれずにプレイしたので
世界観を掴みきれず、テンポの速い進行についていけませんでした
キャラクターの個性もあまり出ていないので、ほんと首を捻るばかり
主人公の思考とかも全く共感できず、イラツクばかりでした

途中物語のキーとなりそうなキャラがでてきますが伏線というか意味深な展開を一切与えず
えーだからなんなの状態
これはだめだな・・・って感じで適当にスキップ挟みつつ体験版ラストへ
スキップ挟みつつ、かつ私のプレイスピードでも3時間強かかっているので大分長いです
で、ラスト

は?え?どういうこと?

まじポルナレフ状態
ネタバレしちゃうと、幸せな学園生活、一緒に暮らしているヒロインと結ばれ順風満帆な日々
そして突如訪れる悲劇?
といった感じです
エーーーーー状態

展開的には君が望む永遠とかに近いですね、ストーリーは全然違うけど
ようは恋人との幸せな日常を描く前フリがあって、その日常を取り戻すメインストーリーがあるってことです

ただ体験版・・・・これはかなり失敗だと思います
これはメインシナリオにかかる壮大な前フリで、全てが伏線
そう理解していないとすげーつまんないです
つかそう理解してプレイしていないとつまらなくしてしまっている時点でライターの腕が知れます
君が望む永遠の一章は本筋の2章とは別にしてもそれ一本で十分にゲームにできてしまうような素晴らしいでき
こっちは、どうせプロローグだし、メインじゃないし適当でいいかっぷりがひどい

まず純粋にシナリオがよくない
場面描写のテンポが遅いのです
どうでもいい日常の一コマをだらだらだらだら引っ張るくせに
細かい書き込みがない
場面はいつだって部室のみで展開され、登場人物も部員ばかり
こういう学園ものは、学校である一コマを小出しに感じさせてくれることが重要なはず
そして1つ1つの描写は長いくせに、展開だけはちょっぱやです
AのイベントからBのイベントへうつるのが早い感じがします
そのくせAのイベント、Bのイベントがしつこく長い
だったらA、B、Cとして1つのパッケージを短くすべきだと思う
テンポのいいゲームというのは1場面のやりとりはそう長くないが、場面数を増やしていくことで感じやすいリズムをうむと思う

結局100というシナリオ量だったとしても
イベントA50 イベントB50
よりも
A20 B20 C20 D20 E20
という形式にしてくれたほうがだれずに読みやすく、スピード感もあり、ボリューム以上のシナリオを感じます
テキストは悪くないだけにこれはいただけない

あと主人公にうまく同調できない
こいつどんなやつなの?っていうのがイマイチ掴みきれない
いつのまにかヒロインの佳織との関係がクライマックス直前の状況というところなのでプレイヤー置いてきぼり


というのは全部佳織を救うために奮闘するだろうメインシナリオへのフリだからといういいわけがあればまぁ納得できます
つまり主題じゃないのに一から丁寧に書く必要もないだろうということ・・・だと信じる
主題じゃないのに一から丁寧に書いたきみのぞを見習って欲しかったが

そして体験版が失敗だと思うのは・・
シナリオが別にあるってことを全く説明しないこと
佳織が事故にあった?とか、佳織を救うためのシナリオがメイン?ていうのは私の想像です
だって体験版のラストって

突如屋上へ駆け込んできた親友が

親友「いいから足を動かせ・・佳織ちゃんが---」

でおわるんですもん・・・w
そのあとのPVもべつにそれを示唆するようなことはないです
唯一ゆいが「こんなにまで未来が・・・」とかいってますが

で、完全に消化不良の私
きになって最新のPVをみてみたらなんと数年後の主人公
そして佳織はやっぱり事故か何かあったかしたんだなぁってのがわかります
主人公が佳織を救うために過去に何らかの干渉ができるシステムを開発
そうして失った未来を取り戻すというお話・・・ぽい

このぽいって見せ方がうまくないよなぁ
このPVみないとどんな話かわからんじゃん・・・

まぁこの手のジャンル多いですよね
最近だとシュタインズゲートとか
かなり古いですが夏色の砂時計とか
過去をやりなおすループ物は、桐乃風にいうなら逆行物っていうのは好きです
そのジャンルじゃなかったら投げてましたが、どうやた逆行物らしいのでプレイ決定

ただし、主人公の視点が未来の自分なのか
それともこれから起こることを知らない視点なのか
そこに尽きますね

はてさてどうなることやら
[PR]

by minatokako | 2010-11-21 22:47 | エロゲ | Comments(2)
Commented by タヌキ at 2010-11-22 05:58 x
食指が動くゲームが無いのでしたら「桜花センゴク」が意外と面白いので試してみてはいかがですか。
Commented by minatokako at 2010-11-23 23:15
オススメをありがとうございます。
時間の取れたときにでも前向きに検討してみます

ただ私のレビューの傾向みていただくとわかるのですが
私のフィールド外のジャンルでして、公式HPでのぶながちゃんが五行さんでもスルーしたという経緯が_| ̄|○


<< 恋と選挙とチョコレートはじめまして      FF14がカス以下である7つの理由 >>