ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 06日

久遠の絆 THE ORIGIN PVを見た

涙が出た

言葉に表せない不思議な感情

流れるBGMに魂が震える
ぞくぞくするというか、上がるテンションを抑えきれないというか
とりあえず時間ができたときにCS版をもう一度やろう、そうしよう
うーん、以前も力説してあまり語ることももうないんだけど本当にこのゲームは神ゲーだと思います
たしかに、最後にプレイしたのは大分前なので美化してしまっている可能性もありますが、それでも私の中で頂点にあるゲームであることは間違いないのです

テキスト、シナリオ、演出、BGM、どれもが最高で一級品
うまれて来た事が奇跡なんじゃないのか?と思わずにはいられない
CS版ででたからよかったのか、エロゲででてたら業界の伝説になっていたんじゃなかろうかとさえ思います
この域には崇拝する丸戸氏でも辿り着けない何かがあると思います
だって奇跡なんだから、そう何度も起きちゃたまらないでしょう
久遠の絆を超えるのは久遠の絆だけであってほしい、という願いは確かにあるのです

さてPVを見てたらCVが発表されてた
待ちに待ったCVです
特に万葉の声は最重要課題
私の考える全創作ヒロインの中で最高峰ですよ、湊だって越えられない
で、だれだったかというと・・・
一色ヒカルさん
最近だとグリザイアで声を聞いたばかり、あ、やべー由美子ルートレビュー書いてねぇ
で、感想

・・・・・・・


いや、本当に
イメージとしてはドラマCDの大本眞基子さんがかなりよかったので、癒し系のボイスを期待していたんですがね・・・・
井村屋さんがよかったかなぁと思わないこともないですが、そうですか一色さんですか・・・
勝手なこと言わせて貰うと5年前の演技ならよかった
けど今ってみょおおおおおに落ち着いた演技なんですよね
まぁ万葉ってそういうキャラだからいいんだけど・・・でもなぁなんかなぁ・・・
一段回でいいのでトーン高くやってくれればまぁ・・無難・・・かなぁ

ちなみに後のキャストは
斎栞:夏野こおり
常盤沙夜:かわしまりの
天野聡子:青山ゆかり
吉川絵理:佐々留美子

栞はまぁいいのかな、ディスるつもりはないけどドラマCDよりはいいや、うん、思い入れもそこまで強くないし不満もない
沙夜先生は。。。なんつーか。。。かわしまりのさん好きなんで。。。いいんですけど、超絶無難ですね
ただ正直一色さん使うならこっちかなーと思ってみたり、いやいいんだけど

聡子は・・・万葉に負けずとも劣らない素晴らしいキャラ、やだし再臨詔編に限る
まじでほんと、よーしパパ頑張っちゃうぞって感じになる、いやまじで
で、ここでゆかり教育ですか、なんとなく無色透明な感じだったので声のイメージはなかったのですが
あーでもいいのかーいいような気がしてきた
発表されたCVの中では一番納得のような気がしてきた、じゃあ誰がよかったんだよっていわれても困る

絵里、何故絵里が発表されたのかwはさみー!とか言い出さなければ、うん悪くはないしコメントはないです

ということでCVの感想など書いてみましたが、やっぱり楽しみですね、発売
できればGW前がよかったけど、もう延期はしないでくださいねヽ(;´Д`)ノ


最後に。。。関係ない話題を1つ
ゲームやる際のお気に入りヒロインですけど、基本8割キャラデザですから!
残り15%がCVで5%が設定
つまりキャラデザがよくてCVもよければそれがツンデレ幼馴染だろうが学校の先輩後輩先生、妹姉であろうがなんでもいいんですね、えぇ
[PR]

by minatokako | 2011-03-06 23:01 | エロゲ | Comments(3)
Commented by shinta at 2011-03-08 23:39 x
めちゃくちゃ・・・いや、くちゃくちゃ推してますねw
知らない作品ですが、CVに夏野こおりさんがいるのでチェックしてみますw
Commented by minatokako at 2011-03-08 23:49
とりあえず、ごりおししてるのはCS版でPC版ではないのでそこのところご注意をw
PC版がはずれでも責任取れない(´Д⊂

ただCS版は私の人生のターニングポイントになりかねない、今のゲーム好きを支えている、その基盤は間違いなく久遠の絆ですね!!

EVEから始まりYU-NOで世界を知って
久遠の絆で完成されました、今の私です
Commented by shinta at 2011-03-11 01:24 x
把握w

そこまで人生に衝撃を与えた作品がPC版で別の意味で衝撃を与えられたら、大変なことになりますね(`∀´)

ここんとこ忙しくてPC開く時間が無かったので、Wikiに行って来ますw


<< 恋ではなく 体験版をやってみた      ラブラブル レビュー >>