2011年 06月 04日

いってきたよ 【日本海編】その2

気まぐれに一年のときを経て続編を書いてみる
ちなみに過去のこの記事の続きです→その1

気がつくと朝、なにこれ怖いと思いつつ前日酷使された体は問題ないかチェック
ぴょんぴょんはねる
シャドーボクシング
頭を思いっきり振る
よし、問題ない
意外にも、熱もなく翌日を迎えられたようだ
ただ即爆睡したといっても基本的には「自分の部屋じゃないと寝られない」ので、眠りは浅い
ぶっちゃけツーリングの旅に来ているっていうテンションだけでのりきっている気がしないでもない

ちなみに本日の予定は金沢市なので途中白川郷とかによってもさほど距離の問題もないので朝は比較的ゆっくり
7時に朝食をとって8時出発
天気予報によると本日は快晴らしい
いやっほう、やっとまともなツーリングができるぜ・・・

しかし寒い。。。天気予報の基本よりずっと体感温度が低い
即座にバイクをとめて路上で着替える
Tシャツ-トレーナー-セーター-ジャケットという冬装備(実際冬はこれに防風のインナーも着ますが)
おいおいーまじかよーさみーよーとボヤキながら市街道
山奥だけと交通量も多く、普通の街
標識に白川郷と見えるところを進んでいくとだんだんと本格的に山道になっていき交通量はどんどん減っていく
なんだか意味のわからない山奥の有料道路を使ったりして気温5℃もない道を突き進む
つか寒い、めっちゃ寒い、痛い、痛い
トンネルだけが唯一のオアシスだぜ・・・

白川郷まであと数キロってことで空模様がおかしい
おい

おい

おい

天気予報快晴っていってたよな?

おい

MA★SA★KA

ポツポツポツ

メットのシールドに水滴がついてるけど気のせいだよね?^^

気のせいじゃねえええええやべえええええええええええええ

超絶スピードだして一気に白川郷を目指す
なんとか霧雨程度で済んだ
あわてて鞄に防水シートを被せてカメラを持って退避
なんか知らないおっちゃんがどこからきたの?とか聞いて来る
「東京から」と答えると、おーバイクではるばる?すごいねぇ~とか長話の予感
ハハハとあいまいに愛想笑いをかましてとりあえず屋根のあるところへ行きたいのでおっちゃんを振り切る
バスの停留所と観光案内所を兼ねているところまでくると
雨脚がつよくなり一気にドバアアアアアブシャアアアアアアになった

おいおいどんすんのこれwwwww
とんだ雨男すぎるだろう
糞が!といいつも傘もないので動けない
観光客も早い時間帯(10時前だったはず)&雨のせいでほとんどいない

することもないのでボケーーーっと停留所で空を見つめる
天気予報は晴れ、信じるしかねぇ

2時間後・・・

ぶしゃあああああああああああああ
ざばああああああああああああああああ
どしゃああああああああああああああああ

オィィ?ふざけんなよ!?
俺かなり頑張って2時間耐えたぞ
頭おかしくなりそうになりながら停留所で2時間もまったんだあああああああ
いい加減やめよーーーーーーーーーーーーー

まじにどうしよもないので少し小雨になったくらいで移動を開始する
うーん・・・
人がいない
しかもなんだなぁ
もうちょっとこう浮世離れした感じの集落を想像してたけど、綺麗さっぱり観光地になってしまっていて道路も綺麗に整備されてますね
たぶん「日本人」だからだと思うけど、合掌造りの凄さよりも、もっとこう田舎っぽいノスタルジーな感じを期待していただけになんとも
とりあえず、集落を一望できる展望台まで歩く

d0143135_22405687.jpg

大分雨もあがりました
右下に見える城山展望台の文字
これを信じてざっくり右を突き進んだら完全に迷子になっちまったよ
かなり歩きました
まさかふもとからバスがでてるなんて・・・
d0143135_22435279.jpg

有名な一望の景色だけど天気が。。。。

展望台をおりるとあの有名な診療所がありました
d0143135_22445737.jpg

計らずも聖地巡礼です

この頃には大分雨をあがって太陽がやっとおいでなさった
そうするとどこに隠れていたのかわらわらと観光客がどっさり
ふぅーと一息つきながら団子を食べたりひだ牛コロッケ食べたりして休憩
d0143135_2247524.jpg

土産物屋も合掌造り

大分時間を取られてしまったけどまたいつ天気が崩れるかわかったもんじゃないので移動を開始
実は白川郷以外にも世界遺産に登録されている合掌造りの集落があるんですよね、富山県に
場所的には近いのだけど、イマイチ山道が入り組んでいるのでナビを起動
なんだか橋をばんばんわたっていくところでナビが
「富山県に入ります→岐阜県に入ります→富山県に入ります・・・」と狂ったように県の移動ガイダンスを繰り返し始める
あーそういえば昔そんな道があるとかなんかのTVでみたなぁ、ここがそうかーとちょっと感慨にふける
1時間弱走って到着
で、誰もいないwww
d0143135_2253364.jpg

さびしく私のバイクだけポツーンと・・・
GWだぜ・・・・
白川郷があんだけ人いてこっちはどういうことよ!
まぁ人がいないほうが嬉しいので散策開始
d0143135_2255288.jpg

ちょっと規模の小さい白川郷って感じでしょうか
ぶっちゃけた話、大分疲れてきたのと飽きてきたのでそうそうに出発
一気に金沢に向かいました

金沢は大分都会ですね
入り組んだ道を進みながらホテルにチェックイン
駐輪場がないので普通に乗用車用の駐車場に1000円払ってバイクを止める・・
いつも思うけど、バイクなんてその辺に止められるのに無駄に普通車用のところにとめて1000円ってやるせねぇ
部屋に荷物を置きに入るとどっと疲れが・・・
うーごーきーたーくーなーいーよー
まぁでもせっかく来たのでなんとか城跡となんとか園にはいかないとね
ただ結構なとかいなのでバイクで移動は逆に小回りが利かなくなりそうだなーと徒歩で向かうことにした


・・・・これが大失敗
遠いのなんのって、ただでさえ体がしんどいのに・・・
そんでもって暑い
めっちゃ暑い
ホテルで薄着になったけど、Tシャツ+ジャケットじゃしんどい
くそ!寒かったり暑かったりでやってらんねーよ

d0143135_231113.jpg

なんとか辿り着いたけど、なんかもうこの門をこえる気力は一切なかった・・・
何しに来たんだよ・・・と結構鬱になりながら着た道を引き返す
途中でまっぷるにのっていた市場で日本海海鮮丼を食す(もうまじ体力気力0で写真なすwwww)
ホテルに戻ってきたら熱っぽくなってきたのでさっさと寝ることに

翌朝・・・

本日は能登半島一周の予定だ・・・が
どうにも体の切れが悪い、みょうにフラフラする
無理できないわけじゃないが、正直雨とかのせいで精神的にかなり参っていたことと、そのせいでバイクの運転が苦痛であまり面白くもないこの旅でもあるので一応日本海にでて叫ぶだけ叫んで後は帰ろうと思い直す
能登半島の根っこの部分で海を見たけど、別になんてことない普通の海でした・・・

よし!
僕もう帰る!
東京まで600km弱
おwwwkwwww気合でwwww
まずは新潟を目指しますー
と、この道が凄いよかった
左に日本海を収めながらガラガラの海岸線沿いひた走る
PAエリアも絶景スポットが多くなんだか帰りの今このときが一番テンションが上がるとか凄い哀しい・・・w
新潟からの上越道もかなり気持ちのいい道
風はなく、一面の青空、そして山にはうっすらと雪
そのコントラストにしびれます
途中によったSAでここからしばらくスタンドないから給油したほうがいいぜ!と、どこぞの兄ちゃんに教えてもらう
私のバイクはリッター高速でも25くらいでるので一度満タンにすれば400kmくらいは走れるのだけど
たしかに都内近郊でスタンド探すのも嫌なので(首都高降りて探すのが死ぬほど嫌)
アドバイスどおりに給油をする
そのスタンドのおっちゃんが、ここからトンネル尽くしコースなんだぜ、凄いぜと誇らしげに教えてくれる(ちなみにまじで凄かった・・・嫌気が差すほどに)
※何故だかライダーはいろんな人に気さくに声を掛けられます、普通に高速使うときも絶対料金所で話しかけられる

で楽しい山道高速道路も終わりを告げて埼玉に入ると、おかしい
いままではどちらかというと寒かったのに、ここからは糞暑いwwwwwwwwwww
耐えられないほどの暑さになってきたのでSAで慌てて脱ぐ
そうすると今度はぬるま湯の温度になってきて、眠い
これははじめての体験だった
車運転中に眠くなることは結構あったけど、バイク運転中にこっくりこっくりいきそうになるとか初体験過ぎる
一回ほんの数秒だけど意識を失ったので、
あーこれは死ぬなーまぁしょうがないかーなんてぼんやりとした思考になってきたので見えてきたSA飛び込んで30分ほど仮眠
これで多少目がさえたのだけど、このときナビをきり忘れてたせいで電池が・・・・
ちょww首都高のジャンクションラッシュは俺には敷居が高すぎるwwww
かといって練馬から下道はもっときついwwww

どうしよー・・・
とりあえず練馬までは一本道なのでそこまで進んで
エネループ~ちゃらちゃらっちゃらー
エネループで充電したいところだけ、ナビ中のAC充電は節電モードではなく液晶パネル常時点灯モードになるとか言うウンコ仕様のせいで油断はできない
エネループのバッテリーは5000mAだから、それでも2時間ちょっとは持つはず・・・持つと・・・いいな
ここでルートを首都高にしちゃったせいでジャンクション毎に大渋滞
なんとかすり抜けかましてナビが切れる前に自宅に戻ってこれました

所要時間は9時間
うち休憩が2時間くらいかな・・・
まじで疲れました・・・

振り返ってみると雨と寒さで精神的苦痛しか味わえないというふざけたロングツーリングになってしまいました
次回の北海道ではその辺もちっと考えて準備しよう・・・
[PR]

by minatokako | 2011-06-04 23:29 | ツーリング紀行 | Comments(0)


<< はっとしてぐっ      夏雪-summer snow-... >>