2011年 08月 13日

【C80】夏コミにいってきた 撮影編【もういかないっていったのに】

夏コミ(C80)にいってきましたよ
去年もいすずあすかさんのためだけにいったけど現地滞在時間30分もないようなチラ見参加だったのでただの買い物にすぎない
今回は買い物ではなく、割とマジでカメコになってきた

とはいっても今までは物を買うことがメインだったので写真撮影での参加は今回が初めてだ
現場の雰囲気だけは知っているのでガチの潜入ではなく、軽い感じでパシャパシャやってこようという趣旨でいってまいりました

てことで作戦
・コスプレは広場死ぬ、夏は死ぬので企業ブースメインとする
・企業ブースは初日がピークなので初日を避ける←初日平日だからどうせいけん
・時間は15時~16時くらいからが閑散としてくるのでブースのコンパニオンのおねいさんに声をかけやすい「はず」

次機材
・コンデジと携帯はさすがにありえないので一眼を持っていく
・50Dと5Dでは50Dを出す意味がわからないので5Dmark2(電池込み約0.9kg)
・レンズはメインは24-70F2.8(約1kg)か28-75F2.8(約0.5kg)で悩んで28-75に決定
※24-70おもすぐる
・念のため50mmF1.8(0.2kg)と70-300A005(約0.9kg)を持っていく
・外部ストロボスピードライト430(約0.3kg)←必須というかキモ
機材総重量2.9kg、撮影時標準1.7kg

結論から言うとレンズは28-75しか使いませんでした
単焦点はかなり使いづらいです
マナーとしてお一人につき撮影枚数は2~5枚程度、時間にして30秒くらいで済ませないといけないのでいちいちカメラの設定をいじりながら撮れません
また構図を変えたいときに単焦点だと足ズームになりますが人が多すぎて足をつかった構図の変化は無理でした
最初だけ使って速攻で外しました
70-300はまぁーつかわねーだろーと思いつつももしかしたらイベントなどで長いのがほしくなったら使うかもって思案してましたが出番なし
正直135くらいで撮りたいケースがかなりありましたが、基本的にはポートレートレンズじゃない上暗いので室内では無用の長物に・・・

で、本題
本題だけど今回写真掲載は一切しません
実はコスプレ広場にもいってそれなりに撮影してきましたが、web掲載の話はしてないっていうか了承してもらってないので載せられません
※ちなみに嫌われる便乗ではなくちゃんと声をかけて承諾してもらって撮影させていただきました
企業ブースの方のコンパニオンさんは載せていいのかなぁ・・・ちょっとわからないので、やめておきます
一説によると一応そういうの込みの仕事なので大丈夫らしいのですが(だめな場合はそもそも一般人の撮影拒否られます)
大丈夫です!という力強いコメントをいただければ考えますが・・・

ということなので、なんだよー写真ないのかよーじゃあなんの記事だよーって思うこと間違いないのであまり期待せず今のうちに引き返してください
どちらかというとそういうカメラをもって撮影とかしてみたいけど勝手がわからなくて怖い!とかいう人のためが趣旨かもです
つか私、カメラ人口増やしたいんですよね、そのきっかけがフィギュア撮影でも、カメコでもどっちでもいいので
そんな活動の一環

で、当日
予定通り現地に14時過ぎくらいに着くように出発
めっちゃ暑いです
今回機材が多いので方に食い込みます、死ぬ、帰りたくなってくる
大井町は時間帯もあってそんなに混んでないけど、国際展示場はこんな時間なのにマッハ
まぁ駅も手馴れたものなので混乱はありませんが
こんな時間なのに向かう人も結構いるんですねー驚きです
あと向かう人も帰る人も女子率たけぇwww
二日目は例のfengリベンジ以来の参加ですが、やっぱり多いね
三日目なんかほんと男しかいない
所感だけど初日の男女比は7:3、二日目で5:5、三日目で9:1くらいのような気がする
いやぜんぜん知らないけど
とにかく暑い中テクテクと歩いていく
どうでもいいけど入場規制がないってすげー素晴らしい
びっくさいとの門みたいなところまで来て上を見上げる
この瞬間だけは何故かテンションがあがるよね!
すぐに熱くてどうでもよくなるんだけどさ!ちなみに熱いって誤字じゃないよ!もう暑いなんて言葉じゃ片付けられない!!!
で、いつもどおりの西館への道を進む、つーか私東館の入り口しらねーや
で、企業ブースの吹き抜けの広場にでたらああああ
いるねえええええええええええええええええ
人人人ひとおおおおおおおお
マジ並んでる、こんな時間なのに並んでる、たぶん死人がでてもおかしくない
下コンクリだから体感気温は40℃近いはず、湿度はたぶん80%くらいかもしれない、サウナにいるような感じだ
さっさと建物の中に入るが思った以上に人がいる
さすがに物販はほとんど売り切れで、列などもないのだが普通に徘徊してる人がわんさかいる
よそ見してると間違いなくぶつかるレベルだ
はじっこにいってカメラを取り出しセッティングをする
Canon機の場合露出モードがAvだとスローシャッターになるのでMモードを使ったほうが失敗しないのだが
Mでハイスピードシンクロをすると露出を強引にストロボ光で調節することになるので上記のように確認しながら撮影ができないうえスピードが重視される場では向かない
向かないっていうか私に一瞬の判断ができるだけの技量がない
しょうがないのでスローシャッター気味になること覚悟でAvモードにした
ISOも同様の理由でいちいち変更してる時間がないのでAUTO
絞りはすべて開放にした
本当は一段くらい絞りたかった(F4.0ってことです)が想像以上にシャッタースピードが落ちる
あと私が開放馬鹿なところもあるので2.8で突き進むことにした
ある程度の露出ずれはRAWで救えるので撮影はすべてRAW+JPEGで行うことにする
つかCanon機の場合はjpeg撮って出しよりRAWからの変換のほうがよく解像する様な気がする(※気がするだけですが。。。絶対違いがある)

てことでイザ!
当たり前ですが、勝手に遠目から撮影はだめなような気がしますし、目線くれないのでポートレートとしてかなり意味がない気がします
(モーターショーとかは囲み撮影になるのでちょっと事情が異なりますが)
撮影NGな方か企業方針かの場合もありますので、必ず断って了承してもらってから撮影しましょう
ごくたまーにですが、私の断りに便乗して横からさっと現れてさっとさっていく人がいました
目線はこっちにもらってるのでそれで満足なのか微妙ですが、褒められた行為ではないような気もします
なお、一般人には撮影NGの方もかなりいます(取材の人は腕章をつけてるのでわかる)
一通り声をかけされていただきましたが、全体の2~3割くらいの方はNGでした
私の場合は断れたらそれはそれでいいのでガンガンアグレッシブにお願いして回ってましたが
内気な方はちょっと遠巻きに様子を見てるといいかもですね
・周りにそこまで人もなく、誰も撮影のお願いをしていないのにビラ配りや、案内として立っている
・売り子さん(ブース前にでない方)
は高確率でNGです
また誰かが撮らせてもらっている現場をみれば大丈夫かどうかはわかりますね、その際はちょっと間を空けたいところですが
やり取りなんかは別に普通です
「写真撮らせていただいてよろしいでしょうか?」みたいな感じで断り、数枚撮ったら軽くお辞儀してお礼を言うだけです
声が通りにくいのでお辞儀も軽くするといいかもですね
当たり前だけどポーズの注文とかはつけないように
あちらもお仕事なのでその企業の宣伝しつつ撮影を受けるスタンスなので

で、しばらく撮った後端っこによってピントチェックや露出チェックなどをしているとどうにもぶれてる写真が多い
等倍でみないと気がつかないレベルですが気になります・・・
どーにもシャッタースピードが1/60より遅くなるときはぶれてるみたい
一般に焦点距離の逆数秒より遅いとぶれるので、1/75よりは遅いわけだから道理ではある
ここで、ストロボの同期を1/60~1/200に変更
少なくともこれで1/60より遅くなることはない
てな感じでいろいろ回っていくわけですが、意外と時間がかかる
というのもコンパニオンさんも暇なわけでは当然ないので(基本お客の相手でおしゃべりしてるケースが多いです)、人がいない瞬間を見計らわないといけないのです
そして会場内ほんっと暑くて湿度が高いです
汗だらだらでむさいかんじに近寄るのははばかられたので、こまめにトイレにいってハンカチとタオルで汗を拭いてました
そんなことやってたら、突然体調が悪くなってきて、やべえええこれ脱水症状になるうううううううと一時離脱
自販機で「水」を買う
が、ぬるい!
その辺の水道水レベル
すぐに売り切れになって、業者が冷えてないのを補充するのでしょうがないんだけど
500ml一気飲みです
普通運動もしてないのに水だけを500ml一気飲みとか出来ない、怖い
そんなことを繰り返して一通り回ったら時間が15:30
うーん、帰ろうかなーって思ったけど、せっかくきたのでコスプレ広場にもいってみました
で、ここで最大のミスを犯すwww
カメラの設定が屋内の設定だったので、シャッタースピードが1/200までしか出せず、全部www白wwww飛びwwwwwww
まじでその場では確認している暇はないので後の祭りwwww
途中で気がついて直したけど
コスプレ広場はやばいです
撮影の手順は企業ブースを同じではあるんですが、すげーカオス
人がまじで多くてもうどうしよもない
狭い一定区間を柵で覆って、そのエリア内だけがコスプレ会場になってるわけ
で、カメコの数が半端ない
基本競合他社のない企業ブースでやってきた私には衝撃的www
あーモーターショーのコンパニオン撮りのアレに近いな・・・
一応ものすごい囲みでも一度散るのを待ってから声をかけて次のターンで撮ったりするんだけど
人が多いから目線なんか貰えないよね
うーん、深い
30分もいたらなんかいろいろと暑くてきつかったので退散しました・・・
まぁでも感じはつかめたので今度行くときは積極的にいってみてもいいかなってちょっと思いました

最後に、いろんな人のカメラチェック!!!
ガチ(プロ機材、スタジオ撮影ユース)の人は2,3人見かけたくらいでした
マジ(ハイアマ機材)の人が1割もいない感じ←私はたぶんこの層
NikonだったらD700、D7000、D300(s?)を持っていてレンズはナノクリ24-70か85ナノクリが多かったです
ちなみにそのレンズ15万以上するから!!!んでクソ重いから・・・・私があきらめたレベル
でもキヤノンだと何故か7Dが多かったような・・・後は二桁Dかな?5DmarkⅡはあんまりいなかったかな
取材の人が5DmarkⅡぽかた
この層はキヤノンがやたら多かったです、レンズはほぼ赤鉢巻のL!24-70、85がやっぱり多め
どっちもレンズクソ重いのにすげーなーとか思ってみてました
あと私も85mLほしい!だれか買って!
本格層(各社一眼モデルのエントリー機)の人が全体の5割くらいいましたねーニコン、キヤノン、ペンタックスが多い、キヤノンが特に多いかな
たまーにソニーもいました
取材腕章の人がソニーのα55(33かも)を使ってたのには驚いたwwしかも購入時のシール貼りっぱなしwww
ああいう取材系の人はプロユース機材と思いきや違うんですね
この層の特徴としてレンズはおそらくキットレンズ、何よりストロボをつけてないどころか内蔵ストロボも使ってない点
カメラにお金はかけたくないけどイベントだしコンデジ以上の写真は撮りたい!って気持ちはよくわかるし、その用途なら各社エントリー機+キットレンズは正しい選択です
今5~7万以下で買えますもんね
ただ外付けストロボは買ったほうがいいです
特にこういうポートレート撮影では必須です、少なくとも内蔵フラッシュは使うべきです
最近のカメラは非常に優秀で、フラッシュなんぞ焚かなくとも高感度でノイズなく鮮明に撮影が出来ますが仕上がりの絵がぜんぜん違います
この編は「ポートレート フラッシュ」とかでぐぐると腐るほどでるので割愛しますが
ストロボなしだとなんだか暗い感じの肌になり、ストロボありだと生き生きとした肌の色になります
あと目にキャッチライトが入るのでいいですね
屋外ではいうほど必須ではないですが、逆光時にはハイスピードシンクロさせないと全面影で真っ黒になります
AELでごまかせますが、フラッシュを焚いたほどの透明感はでません
あとキャッチライトがあったほうが顔は素敵になると思います
残りの4割強の方々はコンデジでした
1割くらいの方が携帯でした

てことで、なんかこの記事見て参加したくなったぞ!やってみたくなったぞ!って方はぜひ!
オススメのカメラは
■Canon
・50D
・KissX5
型落ちのためかなり安く買える上、新型の60Dが動画機能以外では機能が50Dより落ちてるのでイマイチ
Kissは軽いしお値段手ごろで、写りも上位機種というほど差がないのでオススメです
X50は写りが一歩下がるので、どうせ買うならX5ですね
7Dは高いし重いのでこの手の撮影ではオススメしません
■Nikon
・D7000
・D5100
買えるならD7000を勧めますが、とりあえずであればD5100がいいです
写りにさほど差がなくもっと安いD3100もありますが、液晶の解像度が違うのでピントチェックやライブビューがやりづらいのでD5100がオススメ
■SONY
・α55
α55の基本スペックは高く、液晶は高精細
カメラ初心者でもわかりやすい設定ができるのでオススメ、何より今すごい安いです
液晶を見ながら撮影でき、絞り以外は液晶に写ってる映像がそのまま写真になるのでコンデジ感覚で使えるのが一押し
ストロボが微妙であることを覚悟すればNEXという手もあります
ほぼコンデジ感覚の一眼カメラですが、拡張性とストロボを考えるとα55のがいいですね

■コンデジに関して
最近のコンデジは本気で性能がよく、ぶっちゃけ風景なんかと撮らせたら縮小サイズでは一眼よりいいんじゃねって思うレベルもたまにあります
が、一眼ならではの被写体だけを浮かび上がらせて背景をぼかすみたいなことは難しいですし
ストロボが貧弱なので今回のケースだと若干つらいです


まとめ
なんか長くなった!
[PR]

by minatokako | 2011-08-13 19:26 | カメラ・写真 | Comments(0)


<< 妹恋~しすこい~ レビュー      さーて来週のサ○エさんは >>