ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 21日

1Dエェェェェェックス

※まじでどうでもいい話です、読まないこと推奨



はやくきてくれええーーー!

はやくしろー!間に合わなくなっても知らんぞー!

なんだかんだでかなり楽しみだったりします。
今までよりもぐっと歩留まりが良くなると思うだけで!この!胸の!高鳴り!が!
抑えられない!!!

ポートレート写真を見るとほんとにピンボケが多いんですよねー・・・。
50%ならまだ許容できるといってもやっぱり100%でみておおっと思えるのは1割満たないって言うね・・・。
私の腕がすべての原因ならいいんです。(フルタイムマニュアルフォーカスで追い込めよっていうのはちょっと無しで)
ピントがきてるところはビシっとしてるので手振れではない。
そうなるともうAF精度の問題なんですよねー・・・。
ちなみに屋内の成功率で、屋外晴天だとさすがにもうちょっと精度は出ます。
基本はフレーミングしてからAF点決めるので中央のクロスでコサイン誤差でないように撮るのもか、絞って被写界深度稼ぐかっていうのはちょっとストレス。


ちなみに初心者、あるいは腕のない人に一番オススメなのはニコンキヤノン一桁機(プロ機)です
プロは結局プロなんでLv99のキャラがこん棒装備したって、エクスカリバー装備したって強いわけですが、
Lv1のキャラがエクスカリバー装備したら、それはもう別世界なわけです
某所では「まずはエントリー機から始めてみたらどうでしょうか?」なんて、遠まわしに
「おめーには豚に真珠、猫に小判だ」みたいな上から目線の書き込みをみますが大いに疑問
理由は上記の通り
エントリーもプロ機も同じカメラだろ・・・使い方もかわんねーよ、何いってんの?
むしろ60万~80万するカメラの性能なめるなよ、、、、
だれが使ったってその性能のボトムは発揮されるだろっての、100%発揮できるかどうかは別として
AUTOモードで撮ったって、エントリー機でとったのとプロ機でとったんじゃ歩留まりははるかにプロ機のほうがいいでしょうに
いやまぁプロ機はAUTOモードなんて甘ったれた機能ないんだけどさ。PでいいよPで

実際問題、予算に余裕がある人、プロ機の重量に耐えられる人っていう限定的な条件がつきますが
予算はともかくとにかく重くてでかいのでそれが嫌で持ち運ばなくなってしまったらもともこもない
だからこそ比較的小さくて軽いエントリーをすすめるならわかるけどね
予算に関して高い買い物をして、結局使わなかったら勿体無いっていう意味だとすると余計なお世話だと思うけど

私が今敢えてすすめるなら
Nikon D700をすすめておきます
ちょー重いですけど・・・
APS-CだったらEOS7DかD300sなんですが、これも重いですね

結論、
いいカメラは重い
[PR]

by minatokako | 2011-12-21 23:41 | Comments(2)
Commented by ふじわら at 2011-12-23 22:37 x
 じじい、くさいですが昔は露出も勘でやって居たわけで、案外フルマニュアルで練習ってのも良いと思うのですが如何ですか?オートフォーカスは現実に進歩してますが、個人的にはマニュアルでやったほうが良い結果が出ます。というか、最近のレンズ歪み大杉(笑)
あ、因みに今だにメインカメラはnikonF2使ってます。
Commented by minatokako at 2011-12-23 23:13
こんな記事にコメントがつくとは、ご意見ありがたく頂戴します。
マニュアルフォーカスの方が歩留まりは確かだと思います。
私も風景や、ネイチャー系ではほんとがMFです。
まぁライブビューでピント拡大するんですけどね。

しかし現実問題としてイベントなどで即時即写を求められるときはMFではつらいものがあります。
1枚勝負で事前に追い込んでおけば問題ないですが、画角をかえて数枚速写するのは恐らく難しいです。
AFを使わざるを得ないときっていうのはやっぱりあると思いますね、とくに大口径レンズの開放では。
MFを使うのはあまりにも条件が限られる。動体をMFで追うのは無理ですしね、少なくとも私は。

露出の話ですが、さすがにすべて勘ではなかったかと・・・w
そういう人もいるんでしょうがシチュエーションにあわせてカメラの癖を把握した上で合わせてた人がほとんどだったはず。
あと一応露出計ありましたしね・・・・。
あとさすがに私は今はフイルムを使うのはスタイルとして無理ですね。。。
デジタルだから撮りながらその場で調整する、デジタルだからこそRAWレタッチする、このワークフローからは抜け出せないです。


<< 業務連絡      どうやらWA2ccは本当に出そ... >>