北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!
2012年 03月 04日

はつゆきさくら レビュー

評価:B-

もうね、なにはともかく言わせて欲しい主張させて欲しい

ハッピーエンドで終わらない物語に価値はない

これが私のジャスティス

終わりよければ全てよし、とまではさすがにいいませんが、やっぱり終わりがハッピーになってこその過程だと思ってます
それは私のエゴだし、メーカーや他の人に押し付けるつもりはないですが
私にとってはゆるぎないポリシー
若い頃は「へ、ハッピーエンドなんておもしろくねぇぜ!」なんて厨二病を発症させたことも会ったようななかったような気もしますが
やっぱり終わりが幸せじゃないと後味が悪い


と、声高らかに言ってみたところで、はつゆきさくらはどうだったのかと
私にとってはNOT HAPPY ENDだったわけで
そうなるともうレビューなんか書くテンションじゃないわけで
いつにもまして内容のない記事になるわけで・・・・


書くんですけどね。。。
とりあえずラストはそんなんでしたが、久しぶりにちょっとちゃんと読んだ非リアルものでした
メインヒロインのさくらのみルートロックがかけられているので強制的に全ヒロインルートをやりました
アウトロー系のとがりまくってる主人公は久しぶりなので面白かったです
ただ変なところで主人公がツンデレなのでそれが若干嫌
最後まで突き通して欲しい、そのツンを!

ざっくりネタバレしつつストーリーを紹介すると、わけありかんアリアリで廃ホテルで暮らしている主人公と歳をとらない少女
その少女が何者かに魂を狩られてしまう
その復讐と、少女の魂を取り戻すという目的で始まります

初回ルートはさくらBADEND固定
このルートでなんとなく世界観といろいろ張られている伏線がつかめます

あとは綾、夜、希ルートになりますが
綾ルートは特殊で、主人公の過去の話がメインです
過去なんでもちろんハッピーエンドであるはずもなく・・・
ただね、ただねただね
やりましょう、やらせてください

( ゚∀゚)o彡ふーりん!ふーりん!

いやーーーっほおおおおう
久しぶりまじでがちでふーりんキャラとキャッキャウフフ
それだけで価値があります
イチャラブって意味ではとりのさくらレベルでありますので非常にいいね!
感情の起伏がない系のふーりんですが、よかったね、いやよかったね

夜、希ルートはちょっと脱線というか、当初の目的どおり主人公が復讐を選んで。。。だかどうかはわからないけど
何故か意味不明に消息不明になって終わってしまうエンド
味付けという意味では、ルートにしばりがあるなかで必要性が見出しにくい
敢えてパラレルワールド的ななにを演出するのであれば、この2つのルートだけはハッピーエンドにできたんじゃなかろうか

で、シロクマルートで些細な伏線を回収して

さくらルート 解 禁 

キャラとしてはCVが車の人ということを差し引いてもダントツで可愛いです
このルートで物語の全伏線が回収されることになるわけですが、いまいち引きが弱いように感じました
結局なんで?っていう共感が得られないネタバらしをされてもピンときません
中盤あたりで哀しい現実をみせられてイチャラブされてもなんだかなぁーと
ただひたすらにさくらが可愛いというだけで終わった感が否めない
あれだけ超展開やってるんだし、最終的にアリエネー奇跡のどんでんがえしがあってもよかったんじゃないかと思う
あと復讐、中途半端になぁなぁにされちゃったけど、やるならキッチリやってほしかった
このルート、最後に綾ルートが復活するわけだけど、それもBAD ENDなんでほんともうどうにも手に負えないwww
綾とさくらで二大ヒロインやるなら綾ルートはまだ全てが救われる展開でもよかったろうに・・・
どうなってんの・・・
ただまぁさくらは可愛い
それだけの価値があります


ということでまとめ
全てのルートで何かしら救われないENDだったということだけが私にしこりを残しましたが
CVもキャラも可愛いし、読めるシナリオではあったので面白いかどうかといわれれば面白いと思います
が、私のように最後にラストクイズの点数だけで一発逆転できちゃうようなハッピーエンドを求める人には激しく向きません
車の人ファンかふーりんファンは手を出してみても良いかもしれない
ただ私はCVがこのキャスト陣じゃなかった場合、恐らくどうにも納得はできなかったかと思います
■  [PR]

by minatokako | 2012-03-04 21:08 | エロゲ


<< グリザイアの迷宮 LE LAB...      そうだ写真を撮ろう >>