ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 03日

イモウトノカタチ レビュー

評価:C
※一応フルコンプ

まず初めに、正直に言おう
プレイして損した!と思うゲームに当たったのは久しぶりであると

声を大にして言おう
面白くない!

プレイして損したっていうか、買ってしまったお金はいいとして、失ってしまった時間を悔いる、そんな意味です
まぁ。。。買ってしまったことはどうでもいいんですが、下手なルートロックがあって、それに期待してしまったせいで、
いつか、、、いつか、、、きっと、飛べるときがくる!!!
なーんて、ガラにもない期待を胸にして最後までやってしまった自分を助走してグーで殴ってやりたい
アヒルの子は白鳥にはならず、最後までアヒルだったんだよ

感じてもらえたであろうか?
これが私の感想のすべてだ

どんなゲームかわからない?
1つ例えようじゃないか
このゲームは

すごくおいしいカルピスの沈殿した上澄み液みたいなゲームだ

すごく短いというか薄っぺらい
実際プレイ時間が短いというわけではないんだけど、凄まじく薄っぺらい
低価格ゲームレベルの薄っぺらさがあるが、あっちは限られた食材の中でできる限りおいしいものを作ろうとするガッツが感じられたが
こっちはフルプライスなのにこの始末、ふざけんなよ
前作ヨスガと同じライターだと思うけど、前作もシナリオはいまいちでキャラ勝負だったのに
今回はキャラですら勝負しきれていない

すげー毒を吐くけどさ、次回もこれだと厳しいと思う
個人的主観のみだけどさ、これを面白いって人は何が面白かったのか教えてほしいわ・・・
別に私はシナリオ至上主義ではないよ
でもさーこれはないわー

あ、なんで怒っているのかいうと
ミユキの扱いがあまりにもあんまりだったからね
ほんとにぶっちゃけちゃうと、体験版をやってみて、あー期待はできねーな、とは思った
でもそれでもミユキさえ活かしてくれればいいという思いだった

でも、、、
なぜ殺した・・・・

というわけで、ちょっとストーリーに食い込む
お話は、15年前の災害から、いまさらに当時の情報が出てきて、生き別れになった人たちの情報が公開され始めた
で、生き別れになったはずの妹を探しにきた主人公と、同じく生き別れになった兄を探しにきたミユキが出会うところから始まります
この複線で明らかにミユキと主人公が兄妹フラグが完全に成立しちゃってるんだけど、
なぜかそれが終盤までずっと明かされない
DNA判定とはなんだったのか
中盤で、主人公は実はミユキよりも年上ってことが発覚して、もう生き別れた兄でした!のダメ押しなんですが
ひっぱるひっぱる
結局明かされるのは、ミユキルートの本当に終盤で
しかもこれがひでぇーんだなぁー・・・
ヨスガでもやった、どうでもいい無駄な倫理感の押し付けでgdgdになります
やめろよー別にそんなのがみたいわけじゃないんだー
それなんてエロゲ?でいいじゃない
何をそんなに硬くなに倫理感に縛ったオチに持っていこうとするわけwwww
一気にさめタワー。。。。

それなりに長めな共通ルート→ミユキとくっつく→べつにたいしたイチャラブもなし→ミユキ先に兄妹だとわかる→一度落とす→落とされたまま終わり

とりあえずさー、最後はなんとかならんかったのか
そんなのもとめてねぇw

で、この真相はマユキルートでわかるわけで、
マユキこそがおそらく真ヒロイン設定されちゃってるせいでミユキが殺されてるんだよね・・・ないわ・・・

5ヒロインですが、面白くはなかったけど、まぁまぁよかったかなってところに
あやかルートがありまして、これはまだ読めましたが、薄っぺらさは何も変わりません


そんなわけで、
つまらなくはないし、地雷でもないんですが、非常に面白くないです
うーん、薄っぺらい

個人的に理事長ルートがあればよかったんだ!と思ってます、いや知らないけど
あと、憂ch・・・いや、なんでもないっす
[PR]

by minatokako | 2012-09-03 20:40 | エロゲ | Comments(0)


<< いってきたよ 【北海道編】 その3      いってきたよ 【北海道編】 その2 >>