ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 23日

gloops戦場過ぎワロエナイ

あまり画像アップしたくない私ですが、先の2枚はゲームショーっぽくなかったので、、、
※エキサイトは掲載可能容量が少ない

これで文句ないな?
d0143135_2041721.jpg


話題沸騰のgloopsブース
なんで話題沸騰なのかは言わなくてもわかるよね!!

ここ、、、まじで凄まじいわ。。。。
カメコ吸引力が恐ろしいことになってて、全く近づけないっていう
このカットはブース外でおまけ配布してた直後に1カットだけ撮影させてもらったものです
ブース内の輪には入っていけんwカメラぶっ壊れるw

自画自賛で、まぁまぁよく撮れてると思いますが
結構難しいんだぜ!
暗い屋内でびしっと綺麗に撮るのってさ!
実際に撮った事ある人じゃないと伝わらないんだけどね・・・・

実際、ネットのゲームショーのコンパニオン特集を掲載してる情報系WEBサイトのプレス画像ってイマイチ
・手ブレブレ
・ノイズまみれ
・フラッシュで撮りました!
みたいなのばっかり
あぁもちろんこの掲載写真もフラッシュ使ってますけどね
でもこう、いかにもフラッシュで撮りましたって感じにはなってないと思う

暗所でフラッシュを使っても自然な写真に見せる方法はいくつかあるけど、
ぱっとみで2つ
・背景を真っ暗に沈ませない(いわゆるスローシャッターを使う)
・フラッシュ光を強く当てすぎない
1つ目は、真っ暗闇の中に正面から直射の光を浴びた被写体だけがくっきり写るから非常に不自然になる
正面からの光源のみで写るので立体感もなく、のっぺりした絵になります
2つ目は、フラッシュ光を強く当てすぎると1つ目でのデメリットでもあるのっぺり画像になる上、
被写体が人物の場合はどーしてもテカっちゃいます
やっぱりテカらないほうがフラッシュの効果が目立たなくていいっすね

ちなみにやり方は別に書きませんが、1つ目のポイントでバカ正直にスローシャッターやるとブレブレの写真量産するのでやらないでくださいね!
[PR]

by minatokako | 2012-09-23 20:37 | カメラ・写真 | Comments(0)


<< 東京バベル レビュー      東京ゲームショー 2012 >>