ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 08日

死の発売日 1月25日を体験版レビューを交えて考察してみる

巷でもっぱら死の激戦区と言われてる1/25ですが
発売予定のゲーム本数は1/8現在でなんと約40本
とんでもない本数・・・・ユーザー視点として全部買える訳がない!!
もとい買ってもやる時間も、置くスペースもない・・・
敢えて地雷に突っ込むこともないので買うのであれば慎重に選ばないといけませんね、はい
そこで独断偏見をもってこの激戦区を考察してみよう
何が発売されるかに関しては、その辺の発売日カレンダーなりで確認して欲しい

さて、まずなんといっても本命なのがオーガストの新作FORTUNE ARTERIALといっても過言ではないだろう
前作の明け瑠璃、はにはにの売り上げをみても疑いようもない
<体験版レビュー>
サウンド、絵柄についてはもういうまでもなく八月なので省略。
話のテンポ、世界観の雰囲気的なものは、はにはに以前よりは明け瑠璃に近いものを感じる
割とサクサクよめて、テンポよく進むのでシナリオとして平坦な日常シーンも中だるみしない
登場キャラも多く、イベントとしてどんどん話が進むために八月特有のなかだるみはあまり感じられそうになかった
瑛里華と主人公に関する複線の張り方には興味がそそられ、体験版最後に突如明かされる吸血鬼であるという設定がどういかされるのか?というてんにおいて期待が持てる感じだった
ただこのプロローグを見る限りメインヒロインである瑛里華が別格の扱いを受けている感じがするし、八月作品ではメインヒロインをシナリオ上一番深い位置におく特色があるので私的に攻略してみたいキャラが絞られそうでコストパフォーマンスが悪いかな~と思ったり
まだわからないがもう一人のクーデレっぽいヒロイン以外やらない気がするので微妙w
予約特典が魅力なので購入するかどうか悩み中・・・八月作品と相性わるいからなぁ・・・orz

さて対抗として挙げられるのはぱれっとの新作さくらシュトラッセだろうね
DearMyFriends、もしも明日が晴れならばと同じスタッフでくるとなれば期待するなというほうが無理というもの
これも体験版をやってみました
<体験版レビュー>
プロローグは嫌味もなく無駄のない感じというのが感想。登場ヒロインの顔見せと、若干青臭い主人公とレストラン再建という王道物の話の説明的な役割を担っている
あくまでプロローグなのでシナリオに関しては未知数だけどテキストはしっかりと読めるし、登場キャラクターの可愛さも合って先が期待できる
ジェットコースターのような二転三転するようなシナリオを求めないのならば十分すぎる感じは伝わってくる
私的に中途半端にファンタジーするのは好きじゃないんだけど、主人公が魔法に対してありえない、非現実的なものであるとの認識をもっているので常識的な構図が壊れていないのは好感が持てる
その中で魔法というものが1つのスパイスになってくれるのであれば逆に歓迎
登場キャラはみな私的攻に略対象になりうるくらい魅力的なので期待大!
ソフマップの予約特典欲しさに予約、布物特典は決して使わないのに欲しくなるから不思議!
とりあえず25日で一番の期待作です


次にくるものはなんだろう・・・巷の期待度から言えばCUFFSのGarden、話題性は乏しいが商業的なプッシュの強さに定評のありそうなLime(Navelの姉妹ブランド)のデビュー作ノストラダムスに聞いてみろ♪かなぁ
ノストラは原画あきらの復活作品であり、シナリオはあごバリアなので絵買いできる側面もあり、あご先生なら突き抜けたシナリオはなくとも無難なものを書いてくるだろうという期待もあり
シナリオが無難ならば、あとはキャラクターの魅力で勝負できる!
つまり何がいいたいのかというと
ツンデレ+金髪ツインテール+義妹+井村屋ほのかの穂ノ香は俺の嫁
これだけで購入に値するので予約してます。決してソフの特典が穂ノ香の抱き枕だったカラジャナイヨ?布物ってry
体験版がないのがちょーーと不安だけど穂ノ香が全てを吹き飛ばしてくれること願う
よくもわるくも穂ノ香出来でこのゲームの出来もきまりそう・・・・wラジオドラマを聴いてる感じだと間違いなさそうなんだけどなぁ、あの雰囲気をゲームでも維持してくれているなら間違いなく買い!
いやもう予約してるけどねっ!!

とまぁ3/40を紹介しました。ってエエエエエエエェェェェェェエエエエエエエエ1/10も考察してないんですけど・・・
とりあえず自分が購入する(かも)というのからだね、うんうん
次回があれば残りも考察してみよういや絶対挫折しそうだけどね
[PR]

by minatokako | 2008-01-08 21:42 | エロゲ | Comments(0)


<< 死の発売日 1月25日を体験版...      おかわりしてしまったことに絶望... >>