2008年 01月 12日

ちょうどうでもいい雑記

突然ですがこんなお便りを頂きました
「1月25日の考察で大手メーカーを中心に触れていますが
F&Cさんって大手ですよね?しかも看板ソフトのPiaキャロの新作が
でると思うのですが全く触れられていないのは何故なんでしょうか?」




あっ!
そんなのもあったね
いやいや忘れてたわけじゃないよ?うん、本当に。
とまぁお便りはきてないけど某所で突っ込まれまして思い出しました
ただね、あからさまな批判とかしたくないけど・・・蔵の中はryとかほしふるとかさ・・・
一応公式サイトに様子を見に行ったけど、なんかねもうだめ
涼香さんは好きなんだけど後はなぁ・・・なんか魅力ある原画ってイメージが強い作品のせいなのかどーにも興味をそそられない
CVも好みではないので語るべくもなく、シナリオもどうせPiaっぽいシナリオだろうし
F&Cとかelfとかの老舗メーカーって昔だと大手メーカーで安心して買えるって感じだったけど
時代の流れとニーズなのかなーメーカーで買う人なんてほとんどいなくなったような気がするし
メーカー自体がどうにも流れに乗れてないきがするね
いまだに第一線のアリスソフトはそれを思うとすげーすげー

そんなわけで本日は購入に対する動機についてコラムっぽく
購入にするにあたって判断基準は色々あると思いますが大きく分けると
・原画家買い
・声優買い
・スタッフ(ライター含む)&メーカー買い
多いのはやっぱり絵買いなんでしょうかね?
自分も予約までして特典ほしさに色々やるのは原画家さんのファンの作品が多いです
ちなみに特典物が欲しいくらいに好きな原画家さんは
七尾奈留(ちょっと別格)、みつみ美里、くすくす、西又葵、きみづか葵、鈴平ひろ、CERNELIAN
鵜月みつき、村上水軍、蓮見江欄、あきら、涼香、和泉つばす(順不同敬称略)
まぁありがちっていうか一般的に人気の高い人ばっかですね、なんというミーハー
声優買いは基本ないです。最後の一押し程度にはなるけど大きな基準にはならないです
好きな声優さんはいますが、それもキャラあってのものだと思ってるので
井村屋ほのか、松永雪希、佐本二厘、かわしまりの、三咲里奈、遠山枝里子、青山ゆかり
観村咲子(順不同敬称略)
がでてると注目しちゃう。井村屋さんとふーりん、遠山さんは特に好きかなぁ
遠山さんはキャラに恵まれたって感じが強いけど・・・あの演技でいいキャラだったし
湊の可愛さは異常
井村屋さんはね、なんかね、好きなんだ、理由なんか無いんだ
安玖深音、柚木かなめ、西田こむぎさんなんかも好きですが
いまだに鳥居花音様は神だけどな
スタッフ、メーカー買いもないです。若干アリスソフトなら・・・ってのあるけど
ライターに関しても信者やってるのは企画屋の丸戸さんくらいで、キャラありきならそこまで
ライターは気にしないです
評判のよかったゲーム、自分でやって面白かったゲームのライターさんは覚えておいて次回作のときにチェックするのでその意味じゃ大きいけど
ただ出すゲーム出すゲーム確実に面白いライターさんって中々いないのが実情で哀しいところ
だからこそさくらシュトラッセでNYAONさんには安心の殿堂入りを果たして欲しい!

さて閑話休題
CV変更はおいておいてアヤカシ(アニメ)はみれそうだなんて以前いってたけど
ごめん、やっぱ無理
某所で5話までみたけど、ちょっと話のテンポが非常に悪い、展開早すぎ
原作を一応やってるのでおいていかれることはないけど流れと演出が悪いので面白くない
ていうか初見の人はそうとうもやっとするんじゃないだろうか・・・
そんなわけで一気にみてたら4話くらいでダレだしました、多分もうみない(´д`)

逆にペルソナはよかったなーまぁまだ一話なんだけど
設定的にはアヤカシに近いんだけどテンポと演出が素晴らしいと思った
あと原作の人をキャラクターデザインに迎えてるからか作画がキレイ
こっちはかなり期待だったりします
[PR]

by minatokako | 2008-01-12 22:44 | Comments(0)


<< エロゲ2007総括      死の発売日 1月25日を体験版... >>