2008年 01月 14日

エロゲ2007総括

某所掲示板でこんな投票をやっていたので触発されてみました
実際非常に多く発売されたゲームの中で自分がやったのなんて一握りなのでベストゲームなんて言ってもあんまり意味はないのかもしれないけど
さてそもそも自分は一体何本プレイしたのでしょうか・・・・覚えてないし数えたくないなぁ(´д`)
まぁ覚えてる限りで勝手に選んじゃいましょう
エントリー項目は以下の通り

シナリオ部門
特にシナリオに秀でていたゲーム。そのまんまですね・・・
キャラクター部門
キャラクター(ヒロイン)が魅力的だったゲーム
BGM部門
音楽が特によかったゲーム
キャスティングボイス部門
声優さんがよかったゲーム
グラフィック部門
グラフィックが綺麗、よかった原画家さんのゲーム
ゲーム性部門
シナリオというよりもゲームらしく遊べる作品
エロ部門
一応エロゲ総括・・・一番エロかったゲームもいれとかないと・・・
あんまやらないんだけどなぁ
特別賞
筆者の特に印象の残ったゲーム
愛すべき地雷部門
踏みたくなくてもいつしか踏んでしまうもの、それが地雷
2007最優秀賞
2007最高のゲームはコレだ!

ではさっそく
シナリオ部門
・月光のカルネヴァーレ
俺達のニトロが帰って来た!!そんな印象を持ったゲーム。
デモンベイン以降迷走を続けていたがやっと万人に好感触を抱かせるゲームを作ってきた
まさにニトロ再生のゲーム
シナリオはどこかでみたことがあるような設定ながら最初から最後まで緻密で丁寧に描かれている
ニトロお得意の熱い戦闘シーンも際立っており物語に華を添えている
裏社会的などちらかというとハードボイルド仕立てな世界観の中で登場キャラクター全てに味があり
しっかりとしたシナリオの元、人間ドラマを描いている点になにより賛辞を送りたい
・世界で一番NGな恋
丸戸シナリオです。やっぱり丸戸さん!やってくれます!
信者フィルターかかってますけど、それでもすごい
何がすごいかって何気ない1コマ1コマのテキストに全部味がある
戯画に企画屋として参加してるときと違い丸戸個人として自由に物語を描いてるので
戯画作品よりは1つの長いテーマとして奥深さがある
広く浅いタイプが戯画丸戸ならせまく深いのがHermit丸戸なんだろう(もっと戯画作品が浅いわけでなく非常に素晴らしいものであるのはいうまでもないが)
読ませるシナリオ、先が気になるシナリオ、常にこちらの斜め上を行く展開にはただただ脱帽
若干の不満点はメインヒロインが優遇されすぎて他ヒロインルートがオマケのような感じになってるところかな・・・
まぁでもだからこそ狭く深いという表現を使いました

キャラクター部門
・あかね色に染まる坂
コミケレポートからも明らかのように
湊は俺の嫁というくらい惚れ込んでるのでこの作品で間違いないでしょう
2007年度ベストキャラクターどころか過去歴代ヒロインと比べてもダントツなくらい
なんなの?死ぬの?萌え殺す気?
とまぁキャラクターだけは完璧を通り越して無敵な本作品ですが、シナリオとテンポがなんといってもひどい
キャラクターの魅力を引き立たせる肉付けはうまいんですが・・・
キャタを立たせるだけ立たせて活かしきれなかったゲーム
ドラマティックとかいってないでもっと普通に学園恋愛ドラマを描けば違ったと思うんだけどなぁ・・・
このキャラで青空の見える丘テイストにしてくれればかなりよかったかもしれないのに

BGM部門
該当なし、というか思い返して印象に残るような作品が無かったです

キャスティングボイス部門
・月光のカルネヴァーレ
物凄い豪華声優陣の恋姫無双と、演技力のうまさと渋いキャスティングをしてくれたバレットバトラーとかなり悩んだのですがやっぱりこれ
シナリオ部門に続けてあげさせていただきます
だってこれ、初めて声優買いしちゃったゲームですよ?
キョンが主人公なんてそれなんてハルヒ?
演技も素晴らしかった。声優陣ってことで言えば杉田さん以外もかなり素晴らしく
若本さんとかスネークとか、森川さんとか
どこに文句つけられるんですかコレ?すごすぎるw

グラフィック部門
該当なし、綺麗だなーとかおもうCGの作品はいくつかありますが際立っていたのはなかったので
原画家さんっていう点では、あかね色に染まる坂だけどこれは単に原画家の好みのレベルが大きいのと
塗り含めて普通だったので・・・1枚絵のCG枚数ももうちょっとあればなぁ

ゲーム性部門
王賊と聖なるかなの二本をあげたい
王族に関してはキャラクターとしてリディアっていうかなり魅力的なキャラクターがいたんだけど
シナリオがついてこれてなかったので色々と惜しい
ゲーム性というところでも古いSLGかなーという感じなのでここはやっぱり
・聖なるかな
前作アセリアの続編という位置づけだけど前作の知識はなくとも楽しめる
やりこみ要素が強く、1週目2週目とこなせるし、MAPごとのクリアランク、特定条件下でないと入手できない技etc・・・
ゲームバランスも絶妙で、適当にやってるとクリアできないどころか詰みになることが多いので戦略性を問われるスリリングなゲーム展開を楽しめる
CSゲームとくらべてもかなり高いレベルで完成しているのSLGゲームといえる
評価できるほどのものではないがよくありがちなSLG要素に全てをとられシナリオがからっぽのゲームとは違い、各ヒロインをとおしてしっかりとしたシナリオがバックにある
アリスソフトのSLGゲーム勝るとも劣らない出来だと思う

エロ部門
正直エロゲーらしいエロゲーってあんまりやらないので微妙なんですが・・・うーん
・姫騎士アンジェリカ~あなたって、本当に最低の屑だわ!~
まず何が凄いってタイトルが凄いww
序盤は普通?の調教ゲームっぽい感じで進むんだけど、途中からエロイというより笑ってしまうような壊れっぷりを発揮するのでこれしかないだろうとw
調教ゲームといっても煩わしいパラメータとかはないので攻略要素はED分岐くらいでほとんどないのは楽でいい
サトウユキさんの演技はもうなんというか言葉ないです・・・いやよくやったよ・・・・w
としかいえないwある意味CV部門にいれてもいいくらいでしたね

特別賞
・君が主で執事が俺で
出来はともかく2007年一番の話題作といっても過言ではないのでここに入れておきます。
レビューは以前してるので割愛
世間で叩かれるほどゲーム自体に罪は無く、みなとそふとの門出の作品としてはむしろ十分な出来だったと思う
ただどうにもかけた期待が大きすぎた、つよきすが面白すぎた
罪というならつよきすという化け物を前作に生んでしまったことだけだろう

地雷部門
・つくしてあげるのに
公式サイトには8人のヒロイン!と大きく銘をうっておいて攻略できるのはたったの4人
攻略できなくてもせめてHシーンがと思っても他キャラにはほぼない
何よりひどいのがメインヒロイン級の紹介を受けている青山ゆかりキャラの攻略ができない!!
なんという詐欺
ユーザーからの抗議殺到、慌てたメーカー急遽奈々ルートディスクの製作を発表
そしてそのディスクはいまだ完成せず・・・
もうねアフォかと・・・こうなることは火を見るより明らかだったと思う
大人の事情で、未完のまま発表せざるを得なかったとしても、ユーザーを騙すのはよくないし
削るにしても明らかに需要がありそうな奈々ルートを削ることは無いだろうと
ひどいのはこれだけでなく、画面演出は最悪
度重なるフラッシュで目が潰される、これなんてポケモン?と思ったくらいにひどい
・Dies ires
本当はここにいれたくなかった・・・orz
体験版の時点ではいい意味で熱い中二病全開の作品で、非常に面白く続きを楽しみにしていた
度重なる延期で不安になっていたけどやっぱりかーーーーーー
攻略ヒロイン4→2人へ無断で変更、公式サイトにあったCG、発売と同時に差し替え
・・・・あれデジャブが・・・・これなんてつくし?おいおいふざけんなよ?まじで
つくしも酷いがこっちは発売日までカットしたヒロインルートのCGを公式のせてたんだぜ・・
これはもう庇い様の無い詐欺ですよ
蛍目当てだったのにそれがないなんて・・・・(つд・)この仕打ちは無いよ
攻略ヒロインが2といってもまともなのはマリィルートだけで香澄ルートはひどい出来
序盤広げすぎた風呂敷を見事に畳まないまま終わらせて、何この俺達の戦いは始まったばかりだ!みたいな展開
とりあえずなんとか、終わらせてしまえみたいのが見栄見栄です・・・多分正田さんが書いたんじゃないんだろうな・・・
マリィルートは一応なんとか体裁は保ってるものの後半は急展開で尻つぼみになってる感じが否めない
これも一応補完ディスク作るらしいですが・・・お金取るんですよね

2007最優秀賞
というわけで自分の中で2007を代表するゲームはなんだろう、やっぱりこれですね
世界で一番NGな恋
に決定しました。信者なだけじゃねーか
是非今年度も丸戸さんのゲームをプレイしてみたいところです

・最後に2007年総括
世間でいわれてるとおり2006にくらべると不作だった年というのは確かにあると思う
というより2006年が豊作過ぎた感もあるわけですがね
ただ力のあるメーカー及びライターさんの開発周期もあるので毎年豊作ってのは難しいのかもしれませんね
メーカーとしてはねこねこソフトの後継コットンソフトがデビューし、1年で3本も発表するという明るいニュースなんかもあり全体的に見れば話題作が少なかっただけで悪くないような感じもあります
あと一歩、もう少し・・・という作品が多かったのが印象的
1月からぶっ飛ばしていきそうな2008年はどうなるのでしょうか
久々に長いエントリ書いて疲れました(´д`)

最後に・・・
冒頭でも述べてますが、まったくの私見ですので、独りよがりの評価であります
こういった考えをもった人間がいるという程度に収めてみていただけると幸いです
[PR]

by minatokako | 2008-01-14 00:55 | エロゲ | Comments(0)


<< ノストラダムスに聞けなかった発...      ちょうどうでもいい雑記 >>