2008年 01月 30日

Piaキャロットへようこそ!!G.P. レビュー

以前のエントリーで触れた+αその1のゲーム
いやー発売日って未開封中古が一杯でいいですねーあーっはははははh
あてカクテルソフトの看板ゲームPiaキャロですが実は1~全部やってるんですよねー
毒を食らわば皿までってやつですよ!
てなわけでやってみたので感想を、といっても最初にことわりますが
陽菜と葵ルートのみしかプレイしてません

評価:C+

FA、さくらっせと意外にも高評価してますが、基本的には採点辛いです
全体的な感じは、個別ルートに入るまでの共通ルートが激しくだるい
一場面一場面をひっぱりすぎてるうえ、掘り下げが甘いからみていて面白くない
やっとのことで個別ルートに入ったと思ったら、お決まりの一騒動起こしてくっついてすぐ終わる
エロシーンがクソすぎる、数も陽菜以外は1回だし、テキスト、尺ともにひどい
ま・・・エロシーンなんてまともにみないしいつも飛ばすんでどうでもいいんですけどね
見ないんだからなくてもいいけど、ないと許せない、そんな感じ?うわーわがままですねー
テキストに関しては、パロディネタも多いし、決しては悪くはないんだけど全然笑えない
多分プロット垂れ流しのシナリオに足をひっぱられてるんだよなー
プロットはありがちないわゆる王道物だからいいとして、付随するシナリオがだめすぎる
もっとこう物語の展開を、もうちょっとうまく描写できなかったのかね
比較して申し訳ないがさくらっせの場合場面描写はできる限りスマートに
伝えたい一番大事な描写だけシナリオにのせているので読みやすいし、
含まれる笑いのパロディがひきたっていた
またさくらっせにあった主人公以外の心理描写、場面描写を細かく入れるっていう手法は最近よくとられている手法で
シナリオに深みと味をだすことで大体において好評なんだけど、全くないんだよねこれが
だから読んでいて疲れるし、無駄が多いことでスキップしちゃってもなんら影響がない
多用されるガンダムネタとかムスカネタはおしいんだよなぁ、ファック
さらに世界観とキャラクター設定というのも作品を引き立たせる上で重要なファクターだと思うけど
なんぞどうでもいい設定が多すぎるのと、ねーよwwwwってことが多すぎて鼻につく
主人公の不幸属性とか冒頭以外全くいきてないし、なんか意味あるんですか?
大体3億の店ふっ飛ばしておいて軽くながすことありえないんですけど・・・
いや超お金持ち一杯の世界ならそれでもいいんでしょうけど、そんなんじゃないし
葵ルートに至っては6億ですよ?大企業の社員の生涯賃金しってんのかよヽ(`Д´)ノ

個別ルートでは多少読めるようになりますが、やっぱりプロット垂れ流しはかわりません
シナリオをかけよ・・・・ほんとにさ・・・・・
葵ルートで葵が実は裏でPiaキャロットと事前に繋がっていた
なんてことは想像すればわかるのかもしれないけど、いきなり事実だけつきつけられても
その振って沸いた設定に泣ける
陽菜ルートは典型的なツンデレデレデレキャラなんですけど
やっぱりシナリオに殺されている

書いてて思ったけど・・・・
褒めるところがないwww

もともと涼香原画だけの興味だったしね、それはいいんだけどさ
CG少なすぎだろう、JK

F&Cもね・・・この古臭い体質のゲームばっかだともう戻ってこれないよ・・・
原画でつれなくなったら何でつるのさ・・・
[PR]

by minatokako | 2008-01-30 22:12 | エロゲ | Comments(0)


<< Gardenとはなんだったのか      さくらシュトラッセレビュー その2 >>