ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 09日

見上げた空に落ちていく レビュー

積みゲを崩そう運動の一環その1
スキップを駆使してようやくクリアしました
フルコンプしないとトゥルーエンドに入れないので全ルートプレイ済みです
気になる評価は・・・・でろでろでろでろでろでん!

評価:B-

BではないけどCでもない、そんな感情を表に出したような評価です
作品のプロット構成が、1つの事件に対する謎の真相解明をさまざまなアプローチからしていき
随所に張られるヒントと伏線を徐々に回収していくことでプレイヤーを引き込むものになっているのですが
全体の印象は起承転結のバランスが非常に悪いように感じました
起は物語のキーパーソンであるユキが動き出すことで始まるのですが
これが唐突な感じがして、もう少し下地があったほうが展開に含みがでたと思います
承が一番の問題、これがまぁ無駄に長いこと長いこと、転に向けてなんらかの伏線を散りばめながら進むのならまだしも物語のうえで特に意味のない部分が多すぎてテンポが悪い
はっきりいってしまえば登場人物さえ把握してればこの部分を全部スキップしても構わないくらい
キャラクターに対する肉付けを行うのが目的ならもうちょっとシンプルに行うべきだし
キャラゲーでなくシナリオゲーであるならばここで変な足止めはすべきではないと思う
転は承のグダグダとテンポの悪さのせいでちょっと強引に場面が移るのが気になった
ベースとしてうまく伏線は回収しているのはうまいんだけど、急ぎすぎに答え合わせしているような感じで
こここそじっくりと描写していくべきだったんじゃないかな
結はうまいこと転じた展開をまとめてはいるもののシナリオの核がどーにもいまいち・・・というか
演出がうまくなっていないために印象に薄い感じ

物語の規模が、そのもっているポテンシャルに対して異様に低い
登場人物は少ないし、背後に潜む真相が妙に薄っぺらいせいで盛り上がりに欠ける
いい台本なのに役者の頭数が揃わず、ハリボテの大道具で映画を撮った感じかな・・・
風呂敷を広げた分だけはきっちりと回収しているので
伏線をたどる過程では段々と物語の真相が見えてくるのは面白いんですけどね

3人のヒロインを順にクリアしていくことで違った側面からの解答があり、そして新たな伏線がはられていく
最終的にトゥルールートで全てのパズルのピースがうまり全体像がみえてくる
というのは面白いので演出の弱さに目をつぶれば1つのサスペンスとして面白いのかも
ラストのご都合主義は残念だったけど

物語に関わるファクターを増やして、各々の思惑を複雑にだしていって
そこからくる山と谷をうまく盛り立てていけばいい作品だったとおもうんだけどね
演出の弱さが見えるものの、伏線を散りばめられそれを回収していき真相に近づいていくような
お話が好きな人はオススメかもです
主人公に関してはせっかくある設定をいかしきれず、物語の主役になりそこねてる感じありますが
周りのお膳立ての元、活躍はするのでみていて気持ちよさはあります
ただせっかくの格闘技スキルとか、高い知能設定があるんだから主人公の独壇場にしてでも
それを活かした方が盛り上がった気がするなぁ


さて29日までに過去作品を色々やるつもりです
現在は未定ですが(´д`)
多分体験版に走りそうな気がしないでもない・・・・
[PR]

by minatokako | 2008-02-09 17:19 | エロゲ | Comments(0)


<< 久しぶりにアニメ感想      2/29発売ゲームの体験版をや... >>