ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 13日

チラシの裏に教習所

今日のエントリは自分への戒めとして記したいと思う
いつもオタクネタばかりであるが今日はガチで関係ない話をするつもりだ
タイトルにある通り、そう、普通二輪自動車教習の話である
始めに断っておくが、このblogは基本いわゆるオタクトークがメインであり趣旨であるので
「二輪 教習」などの検索から辿り着いてしまった方は速やかに退出することをオススメする
普段からチェックしてくれてる方には申し訳ない
本日エロゲないしアニメの話は一切ありません

土日を使ってちょこちょこ教習所に通っているのですが、どうしても春、夏と長期休暇を挟むと
ありえなくらい予約が取れません
ネットから予約できるのでF5連打で仕事もそこそこに血眼になってキャンセル待ちをしてるわけですが
さすが土日の鉄壁のガードは格が違った
社会人、普段忙しい学生の方も一気に土日を狙うのでキャンセルなんかでやしない
予約は二週間ごとになってしまう現状にさすがに危機感を覚えてきました
そこで平日の夜コースでやってみることに
もともと、焦ってたわけでもないし、平日は普通に疲れてるのと夜ってどうよ?
というのがあったので疎遠していたんですが一ヶ月で4回しか乗れないとかなるとさすがに困る
てなわけで、夜コースをやってきました
ぶっちゃけ糞寒いくらいで、昼間と変わらない感じです、若干集中力が発揮できませんが

調子に乗って2時間も取ったわけです
まずはなぜかAT車に乗りました
ここでクランク、S字、スラローム、一本橋をやらされることに
なんというか難しい、ビックスクーター乗りにくい!ハンドル操作が鈍すぎる
クラッチがないので低速維持には常にアクセルを微小に空ける必要があるのです
別にうまくできることはないので、失敗しかしてなかったものの合格
次はいよいよ一段階の終了をかけたみきわめである
とりあえず1つ教習が終わったことにほっと胸を撫で下ろす(もう教習中は常に一杯一杯)

このとき忍び寄る悪夢に我々はまだ気がついていなかった・・・

さてみきわめである
まずは外周をぐるぐると回って坂道踏み切り発進だ
後ろに車体がさがるのだけ気をつけてかなりきつくブレーキを踏み込んだおかけでうまくできた
それにあわせてアクセルをいれすぎるので急発進気味になっているのは内緒だ
外周をはしり終えたところで呼び止められる
ブレーキがあまいため、遠心力に負けて膨れた感じでコーナーを曲がっているときつく注意された
あぁ確かにその指摘は正しい、自分でも曲がりきれねぇな・・・と感じていた
カーブ手前では十分に減速し、徐行してるような気持ちでしっかりとハンドルをきろう
これは是非とも気をつけなければならないと思った
次に向かったのは一本橋である。実は昨日からこれが怖くして仕方なかった
一応合格はしているものの、自分なりのコツというか感覚を掴みきれていないからだ
案の定落ちる、落ちる、落ちる、落ちr・・この辺で教官が呆れだした
こっちは泣きそうである
どうしても進み始める前に落ちている感じだ。これは前回も思ったことである
はじめは勢いよく進んでしまう
という修正点を思い出し、果敢にチャレンジすると今度は中盤で落ちるようになった
前回は乗ってすぐ落ちるか、わたりきれるかの2パターンだけだっただけに焦る焦る焦る何故だ

あ・・・

ここでくしくも、ちょっと前にAT車乗った罠が・・・
トラップカード発動!こいつはMT車なのにAT者感覚で操作してしまうカードだ!
クラッチを全く意識せずに、車体安定にアクセル吹かせてしまう!
そうなんです・・・AT車なんかのったおかけですっかり半クラッチで低速走行するということが抜けてました
というのもAT車はアクセルを軽く入れることでバランスを安定させ低速走行させるのです
MT車ならアクセルを一切いれずに半クラッチで低速走行します
最初にやや勢いよくのところではたしかにアクセルを入れてますが、すぐ戻します
半クラッチの間隔だけでバランスをとるのが正解なんですが
やべぇ速度が足りん、倒れると感じたときに何故かアクセルを入れてしまう暴挙
アクセルをいれるとはっきりいって初心者には耐え難い挙動のブレがでてしまう
ここは絞りすぎたクラッチをやや多めに空ける必要があるのに・・・アクセルふかしちゃだめだろorz
一時間前の感覚がこんなところで足をひっぱるとは;
もうこの一本橋のせいで全てがgdgdになりました
S字はさすがにちょろいもののクランクもAT車での感覚で半クラを忘れブレーキとアクセルでやろうとし失敗
あれだけ練習を積んだクランクで失敗するとかもういかに追い込まれてるかがわかる
あと、前を走る教官がいちいちトリッキーすぎる
クランクを途中で一時停止、超低速通過なんかするもんだからこっちの感覚が狂う
実際はあまりスピードを殺さないでS字と同じように丸くささっと通過するのがポイントだ
クランクもできない、一本橋もできない、俺\(^o^)/オワタ
スラロームなんか散々イメージトレーニングしてきたこと、前回の注意点が全て飛んでました
8秒きるどころか遅すぎて検定中止になるんじゃね?ってレベルです
結局一度もいいタイムをだせませんでした
そりゃそうだ、進入角度とスピードという項目だけに気をとられてもっとも大事な目線を忘れていた
よくいわれるんですが二輪では信じられないくらいに目線の置き方が重要になります
今回は常に1つ先のパイロンだけしかみていないためコースが甘くなりました
本来はゴールのパイロンに意識を集中させて途中のパイロンはあまり意識しないでやるのがコツなんですが・・・

結局、最後の最後というところになってようやくMT車に馴染んだのか一本橋もスラロームもなんとかクリア
スラロームはそれでも9秒でしたがorz
最後の奇跡のふんばりが聞いたのか、合格をもらえることになったのですが
これは教官が物凄くおまけしてくれてるのであって、本来なら間違いなく不可
一応もう一回やるか?と聞かれましたが、判子貰って二段階へ進むことに
本来ならもう一回やるべきでしょう、検定を見据えるならば・・・
でも予約を無尽蔵にとれるわけではないので、とりあえず進めるだけ進んで
検定前の余裕のあるときに自主的に追加で練習をした方が効果的かなーと
二段階中の乗車でも当然一本橋クランクスラロームはやるそうなのでそこで身についてこないようなら
2段階見極め前に一度自主練習として一回余分に取ろうと思いますorz

今日の反省
一本橋、クランクではアクセルを使わずに半クラッチの程度だけでバランスをとる

一本橋ではとりあえずさっさと渡ってしまえ、落ちるよりはいい

一本橋の目線は前輪よりもちょっとだけ前におき、段々ゴールへ移す
最初から遠くを見すぎるのも自分的に落ちるような気がする

スラーム3箇条
・進入角度(早めに曲がる体制に入る)
・進入スピード(20Km以上の気持ちで、曲がるときにはアクセルをちゃんと戻す)
・目線は常にゴールへ(少なくとも2つ先のパイロンを見据えること)
スラロームで失敗するのは車体を戻しつつアクセルをいれるときにアクセルをいれすぎて次のパイロン
回避に間に合わず突っ込んでしまう場合である
アクセルをちょっといれてすぐ戻す、このすぐ戻すを徹底すべき
曲がる>アクセル入れて戻す>曲がるの順で!
曲がろうと思ったときにはアクセルちょっといれてもどしちゃうのもいいかも

全てにいえることだが、目線がどうしても前輪付近にいきがちなので
絶対に顔を下げないで前をみること!
あとテンパると忘れがちだけど
でかい自転車だと思おう!

以上今日の反省でしたorz
これから教習行く前は必ずこのエントリを見よう・・・・λ・・・・
[PR]

by minatokako | 2008-03-13 01:15 | Comments(0)


<< 一本橋は俺の敵      期待を裏切らない王さんと俺つば >>