ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 27日

クロノベルト レビュー

評価:B+

まず一言
普通に面白かった!
いやいやびっくりです
普通FDとかいうとED後のアフターストリーなんかをちょろっと描くものが大半ですが・・・
いやまぁそれはそれで好きなんですけどネ
こいつぁ一味違ったぜ
それぞれあやかしびととバレットバトラーの敵役ながら妙にかっこよかった二人をメインにしてるところがニクイ
しかもそれぞのキャラの世界を入れ替えるとかいう、もう両作やっている人間からしたらうはうは展開は嬉しいです
短すぎず長すぎず、それでいてすっきりと終わるのはよかった
熱い展開もしっかりとあるところが燃えますね、アルフレッド編のみですが
熱い展開は私の大好物なのですが、本編以上に燃えた点を評価したい
FDだけあって、紹介的な無駄テキストがなくなってるので、テンポはぐっとよくなってる感想

さて一応シナリオに注力して感想
といっても上で述べたことがほとんど全てなのでそれ以上もないんですが
この作品はBADエンドを除き一本道です
ヒロイン攻略!とかはないのであしからず
ふーりん空気だったしな!ミンゴs・・の出番はそこそこありましたが微妙でしたorz
九鬼編とアルフレッド編、二つをクリアすると双方の世界が交じり合うクロノベルト編になります

・九鬼編
やべぇかっこよすぎつよすぎワロタwwwwwwwwwww
非常に見ごたえがある展開にワクテカなんですが、ラストでもうちょっと活躍してくれた方がよかったかも

・アルフレッド編
どーにも本編では好きになれなかったキャラだったんですが
シナリオ中に人としての心を持つようになり、誰かを護る!という信念に目覚めてからはかっこよすぎでした
富竹フラッシュとか言ってる場合じゃないよもうw
学園生活編もだれることなく、アルフレッドの心理に触れていく描写はよかったです

・クロノベルト編
あのさぁ・・・これいらなくね?
正直このルートのせいで評価を少し下げました。
無駄なループプロットって嫌いだし、話の展開がちょっと無理やり過ぎて辛い
せっかく九鬼とアルフレッドをプロローグにしたのにこれかい!みたいな
ごちゃごちゃとしすぎたのが失敗だったと思う
これだったら普通に両世界のキャラが力をあわせて悪に挑んでいくみたいな中二展開のほうがなんぼか燃えられたです
エンディングはさわやかなんですけどね

まとめますと
とりあえずあやかしびと、バレットバトラーを両方プレイしていてかつ好意的な感想をもっている人ならば
やって損はない、、、、むしろやってみてほしいとおもいます
あやかしびとがあんまり・・・な自分でも十分に楽しめました
ただFDの性ですが、どちらか一方でも未プレイだったりすると非常にきついです
ぶっちゃけつまらないと思います
プレイする際には必ず二作品はプレイしておきましょう
あやかしびとはPS2版がオススメかな・・・
[PR]

by minatokako | 2008-05-27 21:13 | エロゲ | Comments(0)


<< ストレスがマッハでもうだめ      夏空カナタ レビュー >>