ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 22日

久遠の絆

このレビューもどきサイト
今大体30本くらいのレビューを載せましたでしょうかね
過去につけたA~S評価のゲームも簡単にですが紹介してきました
一応私の評価はSS>S>A>B>C>D>Eで順序付けているわけですがいまだにSより上をつけたことがないんですね
そう、PCゲームでは!!
実は極稀にですがコンシューマゲームもやります、FFだのドラクエなどは普通にやりますけどね
というかさすがに中高生まではCSゲームがメインでした
そんな中で過去に1度だけSSを付けるに値するゲームがありました
もちろん当時はレビューだの評価だの考えてプレイはしてませんでしたが、振り返ってもこのゲームを超えるものに出会えていません
本日はそのゲームをご紹介しましょう

久遠の絆 ~再臨詔~

恐らく、私が評価でSSをつけるのであれば、少なくてもこのゲームは超えてもらわないといけません
プレイしたのは今から8年くらい・・・前になるのかな?今はなきドリームキャスト版でした
久遠の絆無印がPSで発売されていて、ギャルゲにしては有得ない世間様の評価を得ていたこともあり
おまけシナリオを追加してリメイクされたものだったと記憶しています
PCゲームと比べシナリオがどうしてもぬるくなるコンシューマのギャルゲはどちらかといえば嫌いで
何故このゲームを手に取ったのかは謎ですが、多分雑誌の紹介の原画に惚れてしまったんでしょう

・壮大で練りこまれた秀逸すぎるシナリオ
シナリオがやばいです・・・えぇ・・・凄すぎる
所謂ヴィジュアルノベルといった形式のゲームなのですが、そん所そこらの小説だの、ラノベなどを凌駕しています
いちいちケチをつける私ですが、このゲームにいたっては何ぞ口を挟むことが出来ません
あらすじなどはググッて貰えればよりわかると思いますが簡単に紹介しますと
1000年にわたる、輪廻転生を繰り返した男女の恋物語
あぁなんか一言にしちゃうと陳腐に聞こえちゃうなー文才がないのが悔しい
平安の世に出会った主人公とヒロインの悲恋、そして時代は移り変わっても運命が如く出会い
惹かれあうも決して結ばれることなく
現代の世まで・・・という話なんですが
基本は現代の世を軸に話が展開し、前世の記憶を主人公が取り戻していくというもの
これだけでも風呂敷が広いのに、神話ちっくなものまで絡んできて物語の枠を一層広げてくれます
物語の伏線の張り方も素晴らしく、プロローグで転校してきたヒロインに
「あなたを殺してあげる」とか言われちゃった日には今後どうなるのかワケワカメでどきどきです
全ての失われた前世の記憶と己が使命を取り戻し、ヒロインとの愛と運命に立ち向かっていく様は涙なしでは語れません
こういってしまうと主人公とヒロインだけの物語に完結しがちですが、青春にありがちな複雑な人間関係というものよく表現されています
広げた風呂敷はきちんと綺麗に畳んでくれています
本当に面白い
というかギャルゲとかいうカテゴライズに入れないで欲しい・・・
ここまで読み応えのあるテキストとシナリオはまずないです
一般的に使われる輪廻転生物語だとかはいってしまえば久遠の絆のパクリ・・・とまではいいませんが劣化コピーですね
唯一残念だったのが、ヒロインとの幸せな日常の描写があまり描かれなかったこと
全ての問題を解決し、ようやく幸せになれる二人の様子をみてみたかった・・・・

と思っていたら!!!!!

・もうおまけじゃないよ、このおまけシナリオ・・・
再臨詔編で、エンディング後のお話を描いてくれちゃいました・・・w
単純にアフターストーリーではなく、最初から全ての力と記憶を持ちえた状態で過去をやりなおし
誰一人として欠けることも悲しむこともなく、理想の未来を作り出すというお話
これはみてみたかった話ですよね
タイムスリップしたわけではなく精神だけ過去に飛ばしたとかいう設定ですので
当然解決しないといけない問題はあるわけですが、一度は体験してること
日々の日常を恋人としてヒロインと幸せに過ごす描写が多く書かれているので悶えられます
しかも主人公Tueeeeew
単なるラブラブシナリオしてるだけでなく、ここでも深い感動の展開を用意しているのにはただただ脱帽
おまけシナリオの癖にほとんど本編と変わらない長さをほこるのもやばいです
本編のプレイ時間は15時間くらい、おまけでも8時間くらいだった記憶があります

・神といいたいBGM
ちなみにこのゲーム音声はありません
声をかなり重要視する私にしては珍しいですが、声なしでも気にしませんでした
むしろヘタに声が入ってイメージを壊されてしまうのが怖いです
そのくらい作りこまれたシナリオとキャラクター像なんですよね
そして何より音声がなくとも、場の雰囲気と臨場感をだすのに素晴らしい働きをしたBGM!
このゲームのBGMを超えるゲームにも出会ったことがありません
というかBGMだけで泣けますよ・・・ほんとに

BGMとシナリオと原画(CG)が全てにおいて高めあっているこのゲーム
オススメします
プレイしたことない方は是非やっていただきたい
今ならPS2版でも廉価版がリリースされているはずです
ちなみにバッドエンド含みマルチエンディングで他のヒロインに走ることも可能っちゃ可能です
でもヒロインの万葉は完璧すぎるヒロインだし、物語の設定上絶対に他キャラには走れないです・・・・

あーPCゲーでもこれを超えるゲーム出てくれないかなぁ
というかこのゲームを書いたライターがまた奇跡を起こしてくれれば・・・
所属先が丸戸さんと同じ企画屋ってところが期待感をだしてくれますよね

・ちなみに
音声はいらないっていいましたが、
後日発売されたドラマCDの声優さんの演技は素晴らしいものでした
あのキャストなら声があってもよかったかなぁ、特に万葉
[PR]

by minatokako | 2008-06-22 20:26 | Comments(2)
Commented by matu at 2008-07-18 02:01 x
あっどうもはじめまして。
自分の好きな久遠が評価高くてうれしかったのでコメントしちゃいました。
それぞれの時代でメインヒロインが変わるのも良かったんですよね~。もちろん万葉だけを追っていってもいいんですけど。
最初に同級生の女子がいきなりのあの展開だけはいまだによくわかんないですね・・たいちの存在もそれほど重要じゃなかった気もします。

久遠を超えるゲームって考えると、Ever 17が結構いい線いってるかなと思います。
Commented by minatokako at 2008-07-18 22:12 x
>>matuさん
はじめましてー!
久遠はもう自分の中では壁です、越えられない壁
>>万葉だけ
自分がまさにこれでした。。。。ていうか万葉以外無理、絶対無理!

最初の同級の女子・・・はて?どこのことだろう
褒めてたたえておきながら忘れてる!?
たいち君の存在は主人公の引き立て役の噛ませ犬っぽさがでてて
独占厨とかには貴重な存在だったのじゃないでしょうか?いや知りませんけどねw
ただは彼はほんと活躍しなかった・・・おまけシナリオにいたっては敵だし

>>Ever17
これも一応プレイ済です
興味なかったんですが世間であまりにも評価が高かったので
ただ自分の評価はイマイチだった気がします・・・
好みのレベルだと思いますけどね、ゲーム自体は面白かったので
今度時間が取れたときにでもレビューします


<< 驚天動地だ      その先に掴むものは >>