2008年 07月 21日

ツンデレでヤンデレな幼馴染 小鳥遊双葉さんとHなことをするゲーム レビュー

評価:C

最近ゲームやってなかったのと、3万HIT祝いにプレイ
メモリアルに選んだのがコレかよっ!とかいう突っ込みはごもっともです
他にやりたい新作もなく、かつ安かったので
評価はC・・・とつけてますが、どうなんでしょうね
あまり期待はしてなかったこともあって、そこそこ満足っちゃ満足なんですが
昨今の2000円代のダウンロードゲーと大して差がない・・・・ようにも感じます
ボリューム的にもクオリティ的にも
こっちは7000円(定価)なので、それをみるとちょっとコストパフォーマンスは悪いかなぁとも思います
興味が惹かれたのはツンデレとヤンデレというキーワード
ヤンデレは別に好きってこともないんですが、ツンからデレていきヤムって言うのはちょっと面白いかなーと
総合的にみるとツンデレもヤンデレも確かに出せていたと思います
ツンデレの女神、青山ゆかりとCVに起用してる点も空気を読めていると思いますね
ただちょっと小さくまとまりすぎているような気がします
それを売りにするならいけるとこまでやったほうがよかった気がしますね

シナリオはあるようでない感じ
双葉さんとのツンデレでヤンデレな日常の一幕を体験しましょうって話で
起承転結もないし、山場とかそんなんもないです
コレに関してはツンデレとヤンデレをおしてるので別に問題にはなりません
上記でいったようにそこが弱いので微妙感をだしてるんですがね
ルートは3ルート
双葉ルートと、千鳥ルート、ヒナコルートになるわけですが
双葉以外の二人のルートにいってもヤンデレの極みのような修羅場とかは全くなく何故か丸くおさまります
ゲームボリュームはかなり少ないです、フルコンプも4時間あればお釣りがきます
立ち絵のあるキャラも4キャラだけだし、場面描写数も少なく、やっぱりおなかは膨れませんね

今回のレビューは淡々と書いてますが・・・
まぁそれが如実に私の感想を表しているとお考え下さい
このレビューが初めての方は他のレビューと見比べてみていただければw
まとめますと
体裁的にはツンデレ・・・というよりヤンデレかな?はそれなりに出せていると思います
ただ、値段とボリュームが・・・チープさは否めないので
その辺は覚悟の上のプレイを推奨します
[PR]

by minatokako | 2008-07-21 20:09 | エロゲ | Comments(0)


<< 気がついたら月末じゃないか      夏コミ情報が出回ってきた >>