2008年 10月 19日

その域に達していないブログ

あー思えばこのレビューサイト兼ブログ(というか最近めっきりただのブログですが)
ちょっとアナタ!オタクですよっ!なんて、センスのかけらもないタイトルにしちゃいましたが
今思うと

その域に達していないブログ

という名前にすればよかった
関係各所にご迷惑をおかけすることになるのと、愛着もあるようなないようなそんなタイトルなので今更変えませんが

というわけで

かんなぎがおもしろい件について

ちょっと語ろうかなと思います
全っぜん興味なかったんですけど、監督と演出がヤマカン(山本寛)だっていうんでみてみました
なるほど、これは面白い
アニメというのは作画と演出で面白いくらい化けるというのをまことしめしてくれていますね
さすがヤマカン
今思うと何故にらき☆すたではその域に達していないとかいわれちゃったんでしょうか?
クオリティに関しては気にならなかったんだがなーかんなぎは面白いし
あまりにかんなぎが面白かったんで原作を買っちゃいました
と思ったら

原作は・・・微妙・・・・かも

原作よりも面白いアニメを作り出せるというのは珍しいことで、その辺もさすがかなぁと感じる次第
というかハルヒの二期が全然目処立たないのはヤマカン一派がいないからじゃないだろうか・・・いやしらないけどさ
最近レビューでもちょっと書くようになりましたが、アニメでもゲームでも今までシナリオはもちろんですが
それを生かすも殺すもテンポでテキストだ!と公言してはばからなかった私ですが
演出というのも重要なファクターであるように感じました
かんなぎはOPからしてヤマカンお得意のダンス
劇中も原作にはない+αの演出がとても心憎い(特に三話のカンフーっぽい組み手)
かんなぎは作画もしっかりとしているので、ちょっと見るアニメがないなーって方はオススメです
[PR]

by minatokako | 2008-10-19 19:50 | アニメ・ライトノベル | Comments(0)


<< 新ジャンル えすでれっ!! レビュー      スマガ レビュー・・・? >>