2009年 02月 05日

祝福のカンパネラ レビュー

評価:B
※まともにプレイしたのはチェルシーのみ、カリーナは飛ばし飛ばし、二ナは流し読み、サルサリトスはざっくりと

期待していただけに残念な結果に
あれのせいで生まれてきた時代が悪かったとか思わなくもないですが
でも多分冷静に見てもイマイチな出来だったと言わざるを得ない
サイトウケンジ氏のうまい具合のキャラクターの魅力が引き出されていれば或いは、とも思いましたがダメ

お話は中世ヨーロッパっぽいファンタジー世界のお話
よくよく考えてみると私の一番苦手なジャンルだ
そういった部分の悪いところがでちゃってる気がする、好きな人は好きなのかもしれないけど
リアル指向の私にはキツイ、中世ファンタジーもの
主人公は何故か最初からフラグたちまくりの超モテモテ主人公、好意に対してあからさまなスルーをするが鈍感でもない
そういった主人公像は、サイトウケンジ氏の青空の見える丘、あかね色に染まる坂に近いといえる
意味もなくモテたり、エロゲ主人公にありがちな超鈍感とかはうざいだけですが、この主人公は割りとスマートでかっこいいやつです
問題はヒロイン達の方
最初からフラグ全開なのは別に構いません、嫌いじゃないですし
ただ、それがちょっと度を越えていてうざいです
ところどころ匂わせるくらいなら微笑ましいものですが、あまりにもひどいと萎えます
そんなんだからキャラクター全てが一緒くたに見えちゃって、キャラの魅力を殺していると思います
唯一チェルシーのみそうでもないので、よかったですが
カリーナとかちょっとひどいね

シナリオは3章仕立て
一章はすぐ終わります、プロローグみたいなもの
二章が割りと長め、後半ギリギリまでずっと面白くもなんともない共通ルート
面白くない共通ルートというものほど苦痛なものはないです
誰がシナリオ担当してるのかはちょっとわかりませんが、サイトウケンジ氏だとしたらうーん・・・ぱられるのあの神シナリオは一体・・・
一章の終わりに、サイトウケンジ氏お得意のヒロイン視点があったので、
こまめにヒロイン達の視点から物語をみれるクロスビューを期待したのですが、そういうのはほとんどありませんでした
個人的にはヒロイン視点からのシナリオを挟むのは世界観に厚みがますので好きなだけに惜しい
ただ、惜しいだけならいいんですが、超どうでもいいバトル展開がメインなのはやめれ
バトルってもデフォルメされたキャラ絵でコマンド選んで戦うというもの
ナニコレ超絶にどうでもいい
せめてこういうのやるならゲーム性をだしてくれればいいのに、まじでただの選択肢、ファック
クエストとか、クラン?とかどうでもいい、なにこれネトゲ影響?やめてよね
そんなんで、ほとんど2章が消化されます
なんとか2章の終わりで個別ルートになりますが、いちゃらぶっぽさはあるもののこの微妙なバトル展開を最後まで持っていきます
キャラゲー恋愛物にしたいのか、微妙な戦闘物にしたいのかはっきりしろ
私としては単純にキャラクター勝負のキャラゲーを期待してただけに、なんだかもう途中でどうでもよくなっちゃいました
テキストも面白いわけではなく、何を楽しみにプレイすればいいのかわからず
勿体無い根性とレビュー根性だけでいやいやプレイしていた、チェルシー後の展開
こういっちゃ失礼かもしれない、その失礼を承知で申し上げるが、せめてカリーナがふーりんならモチベーションは保てたかもしれないのに・・・

まぁせっかくなんでキャラ別ルート評を
・チェルシー
このゲーム唯一の心のOasis(オアシス)
唯一最初から主人公にベタベタしないキャラ
キャラデザも一番好みだし
なんてったってミ○ゴス
クールキャラというわけではないけど、その落ち着き払った精神年齢の高さは誰かさんを思い起こさせてくれて非常によかったです
しかもミン○ス
やっぱり段階を踏まえて主人公にべたべたするなり、依存を示すのはぎゃっぷがでていいですね
シナリオはほんとどうでもいいですが、最後がそこそこに萌えながら熱くなれる、あ、うまいこといった
ただシーンはそこそこにいい話なのにデフォルメキャラでやってるからちょっとしたギャグ、ひどい
というわけで、唯一私の期待に答えてくれていたキャラかなーと思います
欲をいうなら、戦闘とかどうでもいいからもっとイチャラブイベントを見せてほしかった
でもエンディングはよかったです
エピローグは薄いけど、ああいう一つ先の未来をきちんと明示してくれるのは好きです
あと、前にもいいましたが
今回は○ンゴスしては、珍しくいい演技をしていたと思います・・・なんていうと怒られるかしら
でもね、たまたまキャラにマッチしていたというか、うまいこと演技力がはまったというだけで殿子も湊も決してうまいとは思えませんでした
でも今回は違うね!多分普通に可愛い演技!やべぇファンになりそう!

・カリーナ
最初からレスターレスターうるさい
・・・・
ごめんなさい
当初はそういうのもいいかなって思いましたが、あまりしつこいとなんだか
さっさと個別に流しちゃえばそれはそれで面白かったかもしれないけど
主人公が、その好意に対して、わかっていて全スルーってのがだめだったのかもなぁ

・ニナ
なんだかもう、ふーりんの無駄使いとかいったらだめかなぁ・・・・
エンディングは誰も救われないし、見所も面白みもない
ふーりんだからって別に何でもかんでも褒めるわけじゃないんだよヽ(`Д´)ノ

・サルサ&リトス
リトスは、割りと面白いキャラ、ただ真面目にルート入りだすとイマイチ
おまけルートだからしょうがないけど双子という枠組みは、ちょっと理解できないです
リトスだけでいい

そんなわけで近年稀に見る個別ルート評の短さ
なのにチェルシーは文章が多いという
まとめます
・多分キャラゲーです、キャラに相当肩入れできないとつらいです
・あの選択式のバトル要素はどうにかしてください
あれこれなんのまとめ?
とりあえず、宮川さんが好きなら買って損はない・・・・といいたいけど、チェルシー一人でのコストパフォーマンスは微妙
ところで宮川さんってだれよ?
[PR]

by minatokako | 2009-02-05 21:56 | エロゲ | Comments(0)


<< FF11の思い出 その1      物欲という名の敵 >>