投稿キャンペーン
2009年 06月 01日

天神乱漫 レビュー

評価:B+
※姫、葵、まひろ、紫のみクリア

おしくもAに届かずこの評価
Aに届かない理由は多くありますが、全面的なキャラゲーじゃこれが限界
むしろキャラでごり押ししてる割にはかなり頑張ってる感じ
偉そうなこといってるけど、ちまたに溢れている中身のないキャラがつったってるだけのキャラゲーは見習って欲しい
某ジャンルが規制をうけるとかなんとかで、生き残りにもっと必死になって欲しい
何がいいたかというと、世の中のメーカー、もっとがんばれ、ちょーがんばれ
そんな中で頑張りをみせてくれたこの天神乱漫

とある理由によりかなり面白いよ!

なにその理由・・やだ・・・やらしい・・・

そんなわけでゲーム紹介から、例によって本格的な紹介はメーカー公式サイトで確認して欲しいです
ヒロインは4人と思いきや、+αで生徒会長のまひろ、担任教師の紫が攻略可能です
なんでかしりませんが後者の二人はおまけってほどおまけでもないですが、シナリオの盛り上がりもボリュームも薄めです
最初からメインに入れて欲しかった
ストーリーは、先祖のおかした罪かなんかの罰で、生まれながらにして不幸を背負った主人公と、それ救うためにやってきた神様、・・・なんとか姫が織り成すドタバタ学園恋愛コメディ
いやどのへんにコメディがあったかわからないけど
一見ありがちな展開にみえますが、蓋を開けてみるとやっぱりありがちな展開
でも話のテンポはいいです、ぽんぽん描写が進むのはだれないで済むのでいいです
どーでもいい、たいしておもしろくもない、みんなでわいわいの共通ルートイベントも少なめなのは非常にいい
テキストにうまさがあるとかは感じませんが、だれずにあきずにスキップしないで済むのは素晴らしいことです
テキストはともかく、立ちキャラの演出が細かい
立ち絵がころころ変わるのは昨今珍しくもありませんが、一つのセリフをいってるあいだにころころ表情がかわったりするのはみていて面白い
臨場感が増します、素晴らしい
シナリオは取り立てて目を引くものはありません、感動もないし、終わったあとの達成感みたいなものもないです
つまらなくはないですが・・・たぶんそれは、キャラが凄くいいからでしょう
シナリオの設定もキャラにあわせているんでしょうかね
主人公の不幸ってのは一族全員に降りかかってるのに、何故かやばいのは主人公だけ
祖父は生まれながらにして強運の持ち主、父親も悪くない、主人公だけ薄幸だからやばいという理由らしいですが
そんな無茶な
神様という奇抜なヒロインをどうからませるか・・・というなんとか姫を出すためだけの設定
まさにそれなんてエロゲ?

まぁいいです、とにかくキャラがいいです、個性豊かで可愛いと思います・・・というかピンポイントで私が好きな演出を多用しまくってくれてます
なんというか、ありがとう
その演出というのは
・ヒロイン側の視点もしっかり描く
というもの
再々私の記事ではいってますが、これって凄い面白い演出だと思う
完全に主人公視点に立ちたい人にはヒロイン側の視点がみえることは逆に萎えるのかもしれませんが
シナリオに説得性と厚みが増すようなきがするんですよね~大好きです
・ヒロインの嫉妬をうまく描く
修羅場までいくとあれですが、意図してヒロインの嫉妬をあおる演出は大好きです
嫉妬はするよりされるほうが快感、これにつきる
一部ヒロインにはなかったり、うすかったりしますが、結構この嫉妬されるという演出が多いです
ヒロインの可愛さが何割か増されるようでいいですね、ありがとう
あと主人公が割りとかっこいいやつでした、それも重要ですね、ヘタレとかよわいっちいのとかいらないから!

そんな感じで、キャラ評に移ります
・姫
正式名は忘れました、ゲーム中の偽名は卯の花姫、本名はネタバレになるので一応伏せます
べつにネタバレってほどネタバレとか全然ないんですが
このキャラは発売前からキャラ絵とCVでかなり期待していました
表舞台でしっかり名をあげても、こっちの業界でもしっかり活躍してくれる、キャーステキー
シナリオの落ちは想像どうりでイライラさせる
自分は神様で、いつか目の前から消えることになるから付き合えない
とかいって主人公の告白を断るところから始まる個別ルート
いやーわかるけどね・・・そういうテンプレートは正直どうでもいいんだ、ほんとに
わかりきってて辛い
ただまぁその後の、主人公の告白を断りながらも、主人公が他のヒロインといちゃつくと、自分でも意図しないうちに嫉妬して力を暴走させてしまう
という、こちらもテンプレートなあれですが、これはよかったかもしれません
ただそれでも中々くっつかないのはちょっとあれかなーと思いましたが
くっついてからの描写も比較的長くあり、キャラ自体も可愛く非常に楽しく見れました
落とすところもなく、最後まで幸せなイチャラブで突き進んでくれたことも評価が高いです
あれ?神様なんだから、最後は主人公とわかれるんじゃないの?
これエロゲですから!

・まひろ
メインヒロインになりそこねてしまったキャラ
キャラクターの個性というと他のヒロインに比べると薄い、学園で1、2を争う巨乳て、そんなで味つけないで
話の主軸は主人公の不運設定とか、神様とか、そんな超常現象的な何かからは離れています
ボリュームは薄いですが、そこそこに起承転結しているので、悪くはないです。。。が
テーマが太宰の人間失格なのはちょっと苦しい(人間失格を呼んだこない人は適当にぐぐってあげてください)
まひろがこの人間失格の主人公に当たるような形で書かれているんですが
ちょっと、いやかなり大げさすぎ
劇中で主人公もいってますが、普通の人とは感覚違うおかしい人っていう設定はまるでない、むしろ普通
皮をかぶったまひろも、本性をさらけたまひろも違いがわからん、どうでもいい
そんなエーといいたくなるようなシナリオながらいちゃらぶはそこそこしっかりと、さりとて落としどころもなくよかったです
エンディングはもうちょっと、もうちょっとインパクトがあるほうがよかったなー

・紫
このキャラは・・・・いやイイキャラしてるんですが・・・・普通の感覚を持ってる人にはちょっとつらいかも
つらいってかイラッとくるね!うん
いやまぁ割り切ればいいんですが、主人公を最後までヒモ扱いして、ペットだの飼うだの言い続けているのは(´д`)
ただ主人公が告白して、自分は教師、君は学生とか断るそぶりをみせて、そのご数セリフの後に主人公を受け入れてる懐の深さは中々いい
ここで世間体な感じから一拍ひともんちゃくあげられるとめんどくせぇええええ
シナリオも短めなので、担任と生徒っていうインモラルななにかは薄いですが、まぁいいんじゃないでしょうか
まひろと同じでエンディングがちょっと残念ですね・・・

・葵
御前のCVもありましたが、やっぱり葵ちゃんです、CVがふーりんなだけでも頭がおかしくなるのにこのキャラデザ
特典もそりゃメッセになるってもんじゃないですか?
キャラクターデザインだけでなく、実際のキャラもすごいよかった、まさに葵のためのふーりんによる、ふーりんファンのためだけの天神乱漫
なんでこのキャラが人気投票1位じゃないの?なんなの?死ぬの?殺すの?いっそ殺して!
単なる幼馴染ポジションに収まるキャラじゃないんだよ・・・・わかるだろ・・・わかるよなぁ?
今まで色んな幼馴染キャラがでてきたさ・・・あぁでてきたとも
ふーりんもさ、幼馴染キャラとかやってきたよ・・・でもさ、こんなときめきは感じたことはなかったんだ

つまりこの山吹葵ってキャラは最高にして最強の幼馴染キャラにして・・・
いままでのふーりんキャラの中でも最強にして最高のキャラになりうる存在だったんだよ!!!!


恋愛に疎いとかいう設定があるけど、本当は昔から主人公が好きで、主人公の不運によってそれがなかったことになってしまうが
姫が主人公の不運を払っていくうえでその隠された気持ちが解放!
でも主人公の不運のせいで、そんな主人公大好きな気持ちの自分と、気持ちを封印されてしまった自分と二人にわかれてしまう
なんかすげぇ!
片方の自分は主人公とイチャラブし、片方の自分は無関心
でもあるときその違和感に気がつき・・・あああああああ、もうっ!
説明すんのめんどい!百聞は一見にしかずだ!プレイしてくれ!
とにかくすげーの、自分自身に嫉妬したりするの、もうやばいの
葵視点の描写もかなり一杯あって、もうすげぇの
なんか細かい突っ込みどころがあるっちゃあるんだけど、そんなんどうでもよくなるの
とにかく、シナリオ上落ち着く感じになったら、もうイチャラブ一直線
ふーりんをキャスティングしたやつだれだよ!でてこいよ!

あ、あなたが・・・神か・・・・

ふーりんに嫉妬イベントやイチャラブイベントをやらせると人類が滅亡するかもしれないんだよ!
エンディングでは更なる境地へいざなってくれるんだよ!


もうね、MMRもキバヤシのちゃっちく思えるくらいにびっくり
エロゲ業界の宝石箱や~とかいってる場合じゃないよ、ひこまろ
なんかもういい、うまく説明できないけど、ときめきみたいなものは感じてもらえたと思う

そんなわけでまとめです
まとめ・・・だと・・・っ!
何をまとめることがあるんだ!ちくしょう!ちくしょう!


評価はB+と渋いものの、満足かどうかでいえば大満足だった天神乱漫
ふーりんだの御前だの以前に、ちゃんとキャラゲーとしてその任を全うしてます
なにかしら壮大なシナリオゲーやら、深いシナリオを望んでる人には向きませんが
ライトにエロゲを楽しみたい人にはオススメです
ただ、テンポがいいのはいいんだけど、シナリオシナリオ間の日数が飛びすぎるのはちょっと残念ですね
ただまぁ・・・なんだ・・・

うまかったよ・・・
■  [PR]

by minatokako | 2009-06-01 23:04 | エロゲ


<< さくらさくら、今咲き誇る      チラシの裏 第三楽章 >>