ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 04日

痕 ~きずあと~ レビュー

評価:B

思い出は心の中に
以前つけたときはA評価です
7年の月日を越え、原画一新、フルボイスをいう進化を遂げて、つけてしまった評価はB

「馬鹿-----な!?」

えぇでも本当にそんなバカなーーーって感じなんですか
こうね、昨今の超大作伝奇ストーリーなんかとくらべちゃうと圧倒的にボリュームが足りないのが原因
面白いんですよ、さすが、月姫なんかを初めとした、さまざな伝奇物の草分け的作品になっているだけのことはある
だがしかし
うーーーんと思わざるを得ない
当時の作品群からしたら、やっぱり衝撃的な面白さはあったんだと思います
どきどきもわくわくもしましたが、ボリューム感の少なさは、最近のゲームと比べてしまうと致命的です
今北産業でヒロインごとシナリオ語れちゃうのもどうかと
あれ?全体のストーリーも3行でいけんじゃね?ちょっとやってみよ

主人公とヒロインは実は祖先たちの記憶を受け付けられていた
父親の死をきっかけに、ヒロインたちの住む実家に戻る主人公
時を越えて蘇る記憶、叶わなかった幸せを再び・・・!

いけた・・!これだ!
おもっくそネタバレですが、リメイク作品なんで勘弁してください
全体像はこれなんですが、ヒロインごとにかなりシナリオのベクトルが違ってきます
ただ基本設定は維持しているので、その辺の矛盾は抱えていないのは素晴らしい
ただ、、、なんどもいうように今にしてみるとみょーに小粒な感じがしてしまうシナリオ
物語のスケールは設定的には壮大なのに、細かく広げないから小さくまとまってしまっている
あと、一応恋愛的なもののありますが、ぶっちゃけヒロインがいました、くっつきました程度のもので
所謂ヒロイン攻略って概念はないです
あくまで伝奇ストーリーを楽しんでくださいってわけです
それはそれでいいんだけど、中途半端に恋愛描写入れるのならば、どっちも力をいれてもよかったんじゃないかな
キャラがいいだけに・・・

さて・・・、そのいいキャラごとにルートもちょっとだけ
・千鶴√
キャラの中では一番好き、CVはノンクレジットだけとわかるよね、てかこっちの業界で声当ててるのはじめてみた
キャラの中では一番好きといったけど、シナリオの流れも一番好きです
というか・・・鬼とかなんとかって中二くさい設定があるものの、それをいかしてるのはこの√だけ
戦闘シーンがあるのはこのルートだけなんですよね、主人公サイキョーみたいな
こういうこというと必ず怒る人いますが、月姫が影響受けたのはたぶんこのルートでしょうね、ううん、知らないけどきっとそう
主人公は夢?のなかで殺人をおかす、夢だろうと思っていたら現実だった、まさか自分が!?
と匂わせておいて実は、犯人の意識をシンクロしていただけだったという

・梓√
リメイクで絵が変わり、大分梓が好きになってました、てか声優がツボ
シナリオはだが一番あっけないというか残念
伝奇物の鬼の血をひく~ってくだりがあまり深掘りされず、単純に殺人事件に巻き込まれて、うわーやばいーってときに
お前誰だよwwwっていう第三者が犯人殺しちゃってあっけなく終了
お前誰だよwwwっていうの別ルートで明らかになるんですけどね

・楓√
キャラも声優もいい!
だがシナリオはいきなりの・・・
超wwwww展wwwww開wwwwwww
なんでいきなりここで超展開にとばすのwwwわけわかめwwwwwwww
鬼の血っていうのは実は平安の世の現れた宇宙人の血
鬼=宇宙人
(;゜д゜)ポカーン・・・・
そんときの主人公達の祖先、その宇宙人を滅ぼした侍の生まれ変わり。。。というか記憶を受け継いだのが主人公
楓はそんときの宇宙人で、しかも侍の恋人
前世っぽい感じで惹かれあってしまうーーとかなんとかでおしまい
最後に鬼の力がどうとかありますが、まぁあんま意味ないです
どうせやるなら、千鶴、梓√ででてきた殺人犯を絡めるべき(別ルートでからんでますが詳細はでず)

・初音√
・・・・・高○一年・・・だと・・・?
う そ だ !!
シナリオは楓の超展開の穴埋め的な役割を担います
宇宙船とかでてきちゃったりとか、ぶっちゃけ千鶴√でロマンある伝奇√に浸ってるとついていけません

・六花√
新規追加キャラ
うーん・・・微妙
千鶴√以外で鬼を打ち出しての戦闘シーンがでてきますが、鬼の定義が全然なんかかわってない?
世界設定をちょっと無視しすぎている感じがある
各ヒロイン(とくに千鶴)の主人公に対するかくそうともしない求愛アッピル描写は、いやいや原作無視かよとつっこみたい気持ちもありつつ
そういう恋愛描写っぽさもちょっとみたかった自分からすれば楽しいものでした

はい、まとめ
物語の規模の割には非常にこじんまりとしていて、色々描写がたりないです、つまり深く掘り下げられてない
恋愛要素もほぼないといっていいでしょう
あと超展開
これらを許容できればやってみてもいいのかなって思います
原作と比べると絵の癖などものなくなっているので入りやすくはなってるでしょう、ボイスの追加も◎
はぁ・・・昔はA評価だったんだけどなぁ・・・
[PR]

by minatokako | 2009-07-04 10:36 | エロゲ | Comments(0)


<< 二度咲き!タルトレット レビュー      7月になりました >>