カテゴリ:エロゲ( 410 )


2015年 06月 12日

サノバウィッチ レビュー

評価:B
※寧々、憧子のみクリア

正直にいっちゃうと、、、
実は過去のゆずソフト作品ほどには期待してなかったんだよね
公式サイトみただけじゃヒロインには惹かれないし、CVも興味なし、設定もあんまりひかれるものはなかった

しかし、しかし、しかしだ!

いざやってみると
なんだろう言い表せないときめきみたいな物を感じるんだ

ぼくらのゆずそふとは裏切らない

信頼関係なんてないこの業界においてこれほど貴重なことがあるのか

まぁいざね、やってみるとね

この魔女って設定意味あんのか?

とかまぁ色々あるんだけどさ
いいじゃない、だってこれエロゲだもの
細かいこと考えちゃだめなんですよ、きっとね

普通な感じです
笑い転げるとかもないしさ
展開が気になって目が離せない!とかもないしさ
引き込まれるようなテキストでもないんだよね

でもキャラが立ってて可愛いんだよね!

あー寧々だけね
うん、いやもうぶっちゃけちゃうけどさ
今回斜め下にキャラが立ちすぎてて個人的には寧々しか無理だったわ、寧々ちゃん可愛いわー
なんでこう寧々以外のヒロイン頭身低いの・・・

相変わらずさ、糞ほどストーリーなんてもんはないし
はああああああああああああああああああああああ?
みたい突込みどころ満載なんだけど
キャラに肉付けされたシナリオだけは非常によいので完成されたキャラゲーが楽しめますね
CV補正を抜きにすれば前作よりもいいとは思うよ
前作はなー。。。まぁヒロインはよかったんだけど主人公がなー・・・・

今回は主人公もなかなかいい味だしてたんでよかったすよかったす
ただその特殊能力が相手の感情を感じ取れるとか言う割りには手から和菓子をだすくらいまじで話に絡んでこないどうでもいい設定が邪魔だっただけどさ(笑

共通√個別ルートの割合は5:5くらいかな?
まぁ特に際立ってどっちが長い短いは感じませんでした

そんなんでルート評
・寧々√
寧々ちゃんは可愛い
ほんとうに可愛い
いやもうなんつーか可愛いね
ひたすら寧々ちゃんが可愛い√
イチャラブも十分で見ていて飽きない可愛さがあります
発情しちゃう設定ってどうなんだろうって感じだったけど、それを恥ずかしがってダークサイドに落ちかける一発ネタには一役買ってたので悪くなかった
ただストーリーには主人公との出会い以外でまじで絡んでこないので
その辺の設定に期待しちゃうとあれかもしれんね
ゆずそふと唯一の残念要素としてイチャラブ最高潮にちょっとだけ落としがあります
まぁ落としても即浮上するのでいいんですが
今回はその浮上のさせ方がイマイチだったかな
寧々は過去をやり直したいという願いがあります
このタイミリープは事象改変ものなので、世界は寧々のいない世界に分岐するということにはならず
事象が強制的に遡って改変されちゃう設定になってます
一度ある落としというのは、寧々が願いをかなえて過去にいってしまうことによる別れなんですが。。。
あれほどの過去に戻りたいって想いが、主人公とくっついた程度で戻りたくない!!
ってなっちゃうのはどうもなー
やられてもうざいけどそこは葛藤が必要だったんじゃないのかね。。。
え!?その程度の願いだったの!?
みたいな。。。
結局そこからは主人公に会うためにもう一度同じように時間を過ごしてって、、、
それ過去に戻った意味ないじゃん。。。。
いやまぁ過去の後悔のやりなおしとか、いまならわかる。。。みたいなこともあるからいいんだけどね
そこまでやっておいて主人公と出会ってもなんもしないっていうのもなー
主人公との再会は別の時間軸で動いて未来?の主人公の記憶を今の時間軸の主人公が取り込んでっていう形で果たされるんだけど
それなんかちがくね?
生物としては同一人物かもしれないけど、精神的には別人である意味のっとりだよね??
まぁその辺が若干気になったんだけど

寧々は可愛いからどうでもいいよね

・憧子
その正体をしるまでがピーク
あとは、
え?そのシナリオいるの!?
みたいな。。。。


まとめます
過去のゆずソフト作品が好きなら全然いけますね
個人的に寧々しか惹かれなかったのでコスパは悪かった
けどまぁやってよかったと思います
あ、次回作では車の人をきようしてくださいおねがいしますなんでもしますから
[PR]

by minatokako | 2015-06-12 00:15 | エロゲ | Comments(5)
2015年 05月 31日

ぼくの一人戦争 レビュー

評価:C

え・・・やだ・・・何これ

面白くないんですけど

いや面白くないっていうか、すさまじい消化不良を起こしてる感じがしてもやもやする
そのもやもやのせいでむしろやらなければよかったと思うほどに
車輪、G線のるーすぼーい氏にしてはかなりお粗末なシナリオと演出だったんじゃないでしょうか。。。
これでいいと本当に思ってだしたのか

ストーリーはよくわかんないし何がしたいのかよくわからんのですが
公式にもあまり書いていないのでネタバレしつつ説明しておくと

ファンタジー系の異世界的な何か取り込まれてしまった主人公はそこで戦いを強いられる
主人公は愛するヒロインとの世界を守るために戦うって話?
いやもうよくわかんね
考えたくもない

とにかく主人公は「会」とよばれる異世界にとりこまれてしまって
そこでなんだか見えないよくわからない敵と戦うことになる
主人公自体は無力で何も出来ない
敵を倒すには主人公との関連が人間をその「会」に召喚し、かわりに戦ってもらう
会に負けるとよくわかんのだが、ちょうざっくりいえば精神に以上をきたすらしい
負け続けると精神が崩壊して死ぬとか何とか
もうあっさり死ねばそれなりに緊迫感も増すんだけど、あまり精神に以上をきたすってこと以上に語られないし
主人公自体は負けてもすぐに持ち直しちゃったんでイミフ
むしろペナルティは召喚した人間が「会」で死んだ場合、
その人間は主人公との関係が強ければ強いほど主人公を逆に憎むようになり、最後には忘れてしまう
主人公は最初ただその会になんとなく向き合ってたんだけど、色々なことがあって積極的に「会」を終わらせようとする
主人公の会は終わったかと思われたが、今度は恋人が会に取り込まれてしまった
で、結局どうなったの?
で終わる

このゲームのもやもやポイントは
数々にちりばめられた伏線を一切回収しないとこ
まじでこれにつきる

あ最初に実にくだらないミスリードを誘うようなことをやってくるんだけど
あまりに雑でお粗末なそのやり口に閉口しちゃうね、、、、G線でもそうだったけど
車輪はまぐれだったんじゃねーか・・・・?
いわゆる映画のシックスセンスみたいに、そうだったのか!!!!まったく気がつかなかったよ!!!
みたいなアレやこれがないのね
まじでくっだらねぇ
超絶無理やり
まじでくっだらねぇ
ミスリードさせようとするのが見え見えってのがほんとくだらねぇ
まぁ気がつかない人間なんかいないとは思うけど
なぜか主人公を永治見せよう見せようと誘導してくるのね
実際は蓮司が主人公なわけだが。。。。
永治には立ち絵がなく、ボイスもない
かたや蓮司には立ち絵もボイスもあるわけ
とんだ茶番だわ
まぁこれはいいんだけど、一番の茶番がモノローグ的な視点?がころころし続けること
基本的には永治視点で進むんだけど途中でちょいちょい蓮司視点を挟んでくるのね
普通に読んでるとあれ。。。なんかおかしくね?って違和感が出てきてすぐ気がつく。。。

しかも許せんのが
結局これなんのためにやりたかったの?
この主人公に見せかけられそうになった永治君、いろいろあって序盤で即退場
あとはでてきません
ほんとのほんとに最後チラっと物語の核になる情報を、無意識に主人公に伝えるためだけにでてきますがそれだけです

まじで何がしたかった?

これだけでそうとう私のフラストレーションたまってたんだけど
そのあとに回収されない伏線。。。がきるもんだからほんとくそゲーだわ
さらにだ。。。
ラストはみんなで力を合わせて!!!
みたいな超大急ぎで無理やり風呂敷畳に来くる ものすごいこまけぇことはいいんだよ
愛だろ?友情だろ?
カーーー

カーーーーーーーーーー

カーーーーーーーーーーーーーーーー

うぜぇwww

で、だ

結局そんな茶番は無意味で主人公一人で解決!
まじでかっこいいたる~^^

くさもはえねーよ アホか

回収されなかった伏線に関してはいろいろありすぎてもうどうでもいいんだけど
結局「会」ってなんだったんだよ。。。

上会とかさ。。。みんな忘れてるんだろうな。。。

もういいけど。。。


まとめ
糞ゲーではないけどやるとイライラします
[PR]

by minatokako | 2015-05-31 17:32 | エロゲ | Comments(0)
2015年 05月 31日

クソゲーは何故生まれてしまうのか

慢心、環境の違い。。。

ぼくの一人戦争のレビューかきまぁす
今はこんな時間なんでね、、、ちょっと暑いしなんか眠いしで体調も悪いので書きませんけど(現在3時前

タイトルとは関係ないけど
妹のセイイキの「妹」の声優さんが交代になりましたね
彼女のセイイキのレビューをしていないのであれですが個人的に念願のっていうかかなり期待してたタイトルだったんですけどね

まぁその降板ってどうなのとかそういうのは他サイト様にお任せするとして、
重要なのは誰になるかってことですよね
もちろん誰になったとしても涼香さんだしゆかな自体はかわいいので何本だって買ってもいいんですが

これワンチャンあるでwwww

ウェーイウェーイwwwwww

fengはCVの使い回しは過去作をみてもしなそうなので、ワンチャンあるっていっても私の望む形にはならないかな。。。
でもさぁほら、、、ねぇ?
[PR]

by minatokako | 2015-05-31 03:01 | エロゲ | Comments(1)
2015年 05月 26日

なんだかモチベーションが沸いてきたぞ

まったくエロゲ業界をWatchしてなかったのでここ丸2年くらいの動向をしりません

車の人チェックくらいしかしてません

まぁ車の人、、、ほとんどでてなかったみたいだけど
出演作減ったなぁ。。。哀しい

まぁそんなわけでね、時間はないけどやる気はでてきたので過去作をちょっと漁っていこうと思います
れ、レビューするとはいってないんだからね!

ということでー
週末以下2本のゲーム買ってきます、、、?
いやもう通販でいいかめんどくせぇ

・ぼくの一人戦争
・サノバウィッチ

るーすぼーいさん新作出してたんですねー(白目
個人的にはこの人のシナリオって胸糞悪いことが多いんだけど
それなりに有名な人なんでちょっとやってみる
サノバウィッチは、あれだ、ゆずそふとだしやっておかないと。。。

今後出る期待のゲームとかはなんかあるかな
まぁ5月は惹かれるのなかったしスルー

夏発売日ゲーではそこそこ惹かれるのはありましたが
決まってからかな
まじでちゃんとプレイするかわからんしね

あぁ時間ないやる気ないとかいいながら
超いまさらなんだけど「魔法科高校の劣等生」を全巻読みましたわ
16巻もあるからすげぇスペースとって邪魔
ここ最近特に思うけど、もう全部電子書籍化してくれねーかな。。。
面白かったんでアニメ見たし漫画も全部読んだけど
この作品面白いのが全部一長一短なんだよねw

原作でだめだと思うところはアニメ漫画で補ってて
その逆もあるんだね
漫画がいいところ取りな気がしないでもない
まぁこの辺の感想も余裕があったら書いてみようかな
つかお兄様まじでさすがだな
[PR]

by minatokako | 2015-05-26 00:32 | エロゲ | Comments(1)
2015年 05月 07日

プラマイウォーズ レビュー

評価:B
※巴ルートのみプレイ

いいんじゃないかな!実にいいと思うよ!

この作品の感触を忘れずに次につなげてください
ひとつ飛ばし恋愛なんてなかったんや

というところで個人的には好感触
恋愛0キロっぽさが戻ってきたといっていいと思う
戻ってきたってだけでまだまだ全然足りないとは思うけど
恋愛0キロが好きだった人にはお勧めできる
前作で肩透かしもらって不安な人も、、、、まぁもっかい信じてもいいんじゃないかな

基本的に登場人物はメイ以外はアホの子なので
通常会話もギャグ路線で進みますのでまぁー面白い
お決まりの顔芸アホキャラは今作もちゃんといますが、前作と違って一人にそれを背負わせないで登場人物全体にうまくばらけさせたのはよかったです

ストーリー的なドラマはないです
全くない。。。とはいわないけどないです、期待しないでください
このゲームの最大の魅力はキャラ間のやりとりです
個人的にはもうすこしはっちゃけてもよかったと思うんですが、度が過ぎるとそれはそれでだめだと思うので難しいですね
パロディネタも盛り沢山
下級生2ネタとかまだひっぱんのかよww

主人公はやや空気気味ですが、それなりにきちっと突っ込み役を演じてたし
へたにださいところもなかったんでよかった
まぁこのメーカーのいつもの主人公像なので大丈夫

さてしかしながら残念な点もいくつかありました

・共通9:個別:1というボリュームバランス
このゲームってキャラのかけあいがうりなので別に共通が長いことはいいんですが
個別ルートの中身のなさだけはやや厳しいです
こういうゲームの個別ルートってシナリオ書きにくいのはわかるんですが、プロなんだからなんとかしてほしいですねーもうちょっと
別に中身のないいちゃラブイベント繰り返すだけでもだいぶ満足なんですけどね。。。

・なぜか急にハーレムルート化したシナリオ
もともと正反対の家族の話っていうところがタイトルにもなっているうりだったりにいつのまにか完全にまざりあって、
それどころか登場人物全員いつの間にか主人公に惚れている設定はしらける
主人公姉妹はいいよ、、んでもって巴も理由があるからそれはいい、でもあとの二人までってのは面白くない
中盤以降は主人公取り合いみたいな構図がメインになってしまって大事なキャラのかけあいのテンポも殺されていいことがなかった

・世界設定の違和感
気にしたら負けとかそういう話ではなく、わたし、きになります!
ちゃんと世界設定をきちっとしてくれてないとどうしてもそればっかり気になって集中できません!
主人公+ヒロインズは転校生、季節は年明け
年は1つづつ離れているので
3年:巴
2年:鏡子、藍咲、主人公
1年:メイ、みのり
ということだと思いますが、はいおかしいよね?
巴の違和感が!
18歳以上の高校生だったとしてもさー、おかしくね?3年生って年明けほぼ自由登校っていうか就職受験とかじゃん。。。
時期おかしいだろ。。。なのにそういった描写はほとんどなく単純に上級生してるんだよね。。。
これが夏とかならまだいいよ でも年明け、作中では明らかに3月くらいまで踏み込んでるよね?
巴お前の学年どうなってん。。。
実は大学まであるエスカレーター私立、とかなら全然ありだけどさ、だとしたらそういう描写説明を1行でもいれてくれんとリアル(笑)さが全くないよね。。。

そんな感じでいいところもわるいところもありながら個別ルート
・巴√
単純にキャラデザが一番かわいかったのと、雑な伏線が序盤に張られていたからプレイしました
結果として一番可愛い良ヒロインだったとは思いますが、
まじでシナリオが雑です
ほんと雑
中学生かよ
一人だけ「昔は~」とかさらっといってしまう稚拙さ
なのに誰一人登場人物でそれを拾わない
回収するのが突然、「私思い出したんだけど~前から出会ってた」とかどんだけや!なんなんや!
ということで巴だけ過去に主人公とのなんやかんやがあったという真ヒロイン属性をもっていたわけなんだけど
その話も非常に雑で
しかも大して広げられない
ネタバレしちゃうと題材はよかったんだよ
過去に主人公に振られる(と思ってただけそんな事実はない)→綺麗になって主人公に告白させたところで振る作戦を立てる→でも主人公は当時のことを忘れていた
とまぁ実際使う古された手だけどちゃんとやるならそれなりのドラマになったんだが、このあたりがテキスト力がないのかシナリオ力がないのかしらないけど雑でした、、、
結局その後のいちゃラブが突き抜けてよくできていて、巴さんすげー可愛いんでまぁどうでもいいんですけどね。。。
あと巴さんルート入っても他ヒロインが空気にならずよく絡んできたのはよかった、、、とはおもうけど
鏡子のありえない物分りのよさは違和感だなぁ。。。
もう少し修羅場があったほうがよかったと思う

そんな感じで巴ルートしかやってないので偉そうに書いてる割にはその資格がないのは痛いんですが
前半のギャグ感はわりといいできなので、恋愛0キロが好きな方はやってみる価値がありそうです
[PR]

by minatokako | 2015-05-07 21:32 | エロゲ | Comments(3)
2015年 05月 07日

姉小路直子と銀色の死神 レビュー

評価:C+
※フルコンプ

しょっぱなからぶっちゃけると
期待したほど面白くなかった

これにつきる
というかこのゲームのモチベーションの9割が王雀孫さんだったわけで
一応体験版やったけどイマイチ王さんの存在を感じられず、
まぁ本編のルート編ではでてくるのかな?
とおもったら

結局いつものタカヒロ風味だったというオチ

そうこれがすべて
王雀孫というブランドを気にせず、タカヒロテイストのみなとそふとゲーをやりたいっていうならそこそこの期待に答えてくれるとは思う
ミドルプライスなだけに過去作と比べちゃうと小粒感は否めないがそれでもフリスビーってことはないだろうね
ただ繰り返すが、

王雀孫というブランドに期待はするな

minatokakoとの約束だぞ☆

ってことで、いつものタカヒロゲーといってしまえばもう語ることはほぼないんだけど
超久しぶりのゲームレビューなんでちょっとリハビリに語る
例によって一切のネタバレには配慮しないゾ

まず王さんに関しては本当にどこのシナリオ書いたのかほとんどわからなかった
まぁ別に私もそんな王ソムリエでもなんでもないのであれですが、結局テキストで楽しみたいのにそのテキストにパワーがない
いやいやタカヒロさんだってやりますよ?
といいたいけれど、今作はそのパワーがあまり感じられなかった
いわゆるパロディごり押しの力強さはほとんどなくまぁ普通のラブコメでしたよっといった感じ
つまりこのゲームの魅力としてテキストを推すことは出来ないんだよね、自分には

じゃあストーリーはどうだったの?
というところに関しても微妙
ミドルプライスだから2ヒロインのみってのはOK
しかしながら95%くらい共通ルートっすわ、かーきついっすわ
まぁ共通ルートが死んでるわけではないのでそこはいいんですが、
ドラマがあるわけではなく、日常系ほのぼのだけで進んでいくのでそうとうヒロインにいれこんでないとキツイ
スキップしたくなるほどの退屈さはないけど、前述したようにテキストに魅力があるわけではないからなんともいえないね、しょうがないね

あとちょいちょいシナリオの合間に、サブヒロインとのエッチシーンが絡んでくるんだけどさ、

これいらなくね?

いやいらないっていうかシナリオ上なんつーか無理やりすぎる、、、
イベントの唐突な差込感がひどい

別にこれに限らずイベントのつなぎがなんかうまくないんだよね
ライブイベントやるよ!!
とかいって事前はそれなりにもりあがるのにいざ始まったと思ったら暗転して別の日
せめて後日談風にイベントの後処理してもよかったんじゃないかなー・・・温泉とまりイベントにしてもそうだし
結局何をみせたかったのかイマイチつたわってこないんだよね

じゃあもうヒロインに萌えるしかないじゃない
ってことなんだけど、私的に、私的にですよ?まったくヒロインに惹かれなかった
もうさー、ヒロインが強いとかさーそういう設定よくないですかねー(白目
まぁ姉のほうは普通なんだけど、イマイチ立ち絵がきになってきになって萌えるどころの話じゃなかったぞ
なんだよあれ。。。おかしいだろ。。。クソ!
軍人のほうは普通にもうキャラデザからしてきつかった。。。無理っす

まぁそんなこんなで最後までやりとおせないほどじゃないけど
がっついて徹夜しちゃったよ!!ハハッ!みたいな展開には絶対にならないそんなゲームです
[PR]

by minatokako | 2015-05-07 20:26 | エロゲ | Comments(0)
2014年 12月 31日

月に寄りそう乙女の作法2 レビュー

評価:B
※エスト、ルミネルートのみクリア

一時間かけてかいた記事が消えました、、、
あまりにショックなため書き直す気力もありません。。。。

本当に申し訳ありません、、、
はー・・・・久しぶりに頑張ったんだけどな


まぁ5分でサマリます
・エストのシナリオは雑すぎる
・ルミネシナリオは別に”月に寄りそう乙女の作法”じゃなくてもいいシナリオだったのが残念
・ルナアフターアフターは面白かったが、ルナアフターと乙女理論の融合設定の整合性解説はいらなかった

そんな感じです、、、

絶対無いですけど、
いつか機会があれば書き直します、、、
[PR]

by minatokako | 2014-12-31 16:44 | エロゲ | Comments(0)
2013年 08月 07日

真剣で私に恋しなさい!A-2 レビュー

評価:A
※青い人さんよりレビューを寄稿していただきました

安定のまじこいわーるど
どのルートでもメンバーの掛け合いの面白さは健在でした。
ただ、こ・れ・わ!?と、いった感じの目新しさはなくシナリオ的な面白さだけではB-といった感じで。
ならなぜにこの評価?

誤解しないで頂きたい
私はロ○コンではない

大切だから二回言うが
私はロリではない!!

ここの管理人様のコメントをお借りするならば宣言しておかなければならない...
だがしかし

紋様は至高

反論は認めるが、聞く耳は持たない!

過去に某管理人様はおっしゃいました

「なんなんだ、、、やめてくれ!やめてくれよ!俺は違うんだよ!!!
ヤメロー!ヤメテクレー!いきたくない!そっちの道に行きたくない!」
まさか...まさか自分まで....

全く話が進まないので、ここからは真面目にレビュー


・覇王/清楚√
前回の弁慶ルートにあった模擬戦をメインにしたお話
封印が解かれた覇王が、天下統一を目指しまずは学園から
みたいな感じで進みます。話自体はありきたり。最初から主人公を
頼りっきりで、そこから恋心に発展していくみたいな感じ。
戦闘以外の見所をもう少しひねって欲しかったと、若干の不満点。

・アイエス√
ストーリー的には一番楽しめたと思う。
クッキーシリーズ開発での後継機新キャラ。
キャラの好みは人によるとも思いますが、メンバーの掛け合いも
多く、次回の伏線を多く散りばめた?ような気がします。
ただ、その為だけに用意されたキャラのような気も....

・紋白√
まじこいSの紋白アフター
大和と結婚後の生活を描いたお話。特に変わった話ではありません。
ただ、これだけは言わせて頂きたい。

こんな嫁がいたら素手で死ぬまで戦える!

違うんだ...俺にこんな趣味はないんだ...違うんだ.....
なんだろー、頼り切るわけでなく強引なだけじゃなく甘えっぱなしだけど支えてくれる嫁
紋白補正だけでこの評価です。参考にしないでください.....違うんだ.....

最後にこれだけは言わせて頂きたい....

「オール・ハイル・ロ○コーニア!!」

d0143135_2316914.jpg

[PR]

by minatokako | 2013-08-07 23:15 | エロゲ | Comments(3)
2013年 08月 04日

天色*アイルノーツ レビュー

評価:B
※シャーリィ、夕音、ティアのみクリア

想定の範囲内の出来

想定通りのクオリティだったことは褒められるべきことではありますが
上振れることはなく、むしろ期待値の下限だったことが非常に残念です

ゆずソフトはこの業界でのトップクラスのキャラゲーメーカーであると信じているだけに
もうちょっとこう、、、おぉっと思わせてくれてもよかったんじゃないかな?

今回もキャラゲーとしてのお約束はきちっとやってますし、
登場ヒロインもガッツリ可愛いし、いわゆるところの萌え要素はしっかりと抑えているので基本はさすがにゆずソフト、抑えています
が、今作のいまいち上振れしなかった理由は

全くどうでもいい世界観と設定

でしょうね、えぇ、これにつきる
いってしまえばそれまでなんですが、中途半端にファンタジーな世界と、主人公が教師、ヒロインが生徒(ティアのみ違う)という設定に意味はあったのか?
と、肯定的な意見を捻り出そうとしてもまったく浮かんできません
それくらいこの設定に意味はないです、むしろマイナスにさえなってますね
キャラゲーは、キャラを引き立てさせるためのシナリオ(ストーリー性じゃないです、シナリオです)が重要ですが、
世界観と設定も重要だってことを認識させてくれました、、、そんな意味じゃ私もこの業界に触れてから長いですが
新しいきづきです、ありがとう

やっぱりねぇ、主人公が教師ものって難しいよ、突き抜けたバカゲーに振るならまだしも
まじめな先生って設定はライトな萌えシナリオにはちょっと合わない
先生って立場だからこその視点とかシナリオ、そこに必然性を出さないと
金字塔じゃないけど、別作品にお手本みたいなゲームがありますからねぇ、、、この題材を選んだのは失敗
ライトなくせして、教師と教え子じゃ云々とかでいちいち倫理観を振りかざしてくるもんだから
「いちゃらぶ」ってところがかなり殺されてる
そしてその倫理観に高尚さのかけらもないもんだからいちいち鼻につく
なんだよこの主人公、うぜぇだけじゃねーか

あと空に浮かんだライゼルグ?とかいう島の世界観にどんな意味があるんだよ
違和感しかねーよ
何で日本語なんだよ、なんで日本史勉強してるんだよwwwいみわかんねーよw
しかもこの島の謎、少なくとも私のプレイした3キャラではほっとんど触れられない
もしかしたら他キャラのシナリオで絡んでくるのかもしれないけど、それじゃ意味ないだろ
登場ヒロインすべてに絡むからこその世界観だろうに、、、

あぁ、、、なんかな、、、
このゲーム駄目だわ。。。。。
シャーリィと夕音が可愛いので救われてるけど、なんだか駄目だわ、、

唯一褒められることは

メインヒロインに五行さん、夕音に車の人を起用したこと


くらいだな、、、
夕音に関していえば私がファンとかそいうのを差し引いてもはまり役で、車の人とマッチしてました
ないすきゃすてぃんぐです

あと、個別ルートをちょっと語る前に1つだけ言わせて
木乃香の口調どうにかしろ!

俺はこういうネタとして割り切ってないパクリが大嫌いなんだよ#

はい、そんなわけもくそもないですが個別ルート
・シャーリィ
シャーリィは可愛い
昨今珍しいくらいのベッタベタな展開は、シャーリィ側の視点もしっかりシナリオにいれることでぐっとよかったです
とはいうものの、やたらと秘密の関係を前面に押してたり、兄の存在が邪魔だったりでイチャラブは薄いです
なんだろうな。。。可愛かったんだけど特に何か語るようなこともないな。。。。
この√は唯一主人公の過去の失意の出来事が判明し解決するのですが
それが山場に使われてしまっていたり、意外に無理矢理な真相だったりと、ゲーム内での感動とは裏腹に私はドンしらけです
シャーリィは可愛いんだけどね、うん、声とか

・夕音
今年度のカーオブザイヤーの対抗
前を走るどこぞの金髪ツインテールにどこまで迫れるか
私の興味はそこだけだったので、まぁ細かいことはいろんな意味でどうでもいいです
結論から言っちゃえば、キャラとしてのスペックというか可能性は金髪ツインテールに勝っていたかもしれないですが
結局シナリオの差で完敗です
別に金髪ツインテールのシナリオがよかったかというとそんなこともないんですが、
あっちはガチデマジないちゃらぶを最高純度までやってましたからね、、、
こっちはイチャラブ感が薄いです
いや、いいキャラなんです、本当に、夕音は
でもね、こっとごとくおいしい素材をスルーしてたり、煮込まないんですよ
全部ライターが悪い
こんな最高級素材を一般レベルの味まで落としたライターが悪い
1つ1つのシナリオをもっと肉付けして、ボリュームを出せたら文句なしだったのに
本当におしい
車の人ネタばかりで申し訳ないですが(それが私のモチベーションなので)、
本当に車の人はこういう感じのキャラがはまりますねー
前作のエリナもばっちりでしたが、個人的には夕音のようなキャラのほうがイメージとあいます
ちなみに人気投票1位でしたが、さすがにゆずそふとファンは目が肥えてるね!どっかの見る目がない連中とは違うっ!
3キャラしかやってませんがCV補正抜きでも夕音がダントツによかったと思います
あ、一応このルートは「中途半端に」教師であることを売りにしたシナリオ構成でした
まぁだからなんだって感じですが、夕音シナリオに関してだけは「先生」でよかったのかもしれませんね
※金髪ツインテール:別メーカー別作品の車の人演じるヒロイン
※本来他作品のヒロインをネタに持ち出すのはマナー違反だと思いますけど、私の興味がそこ大だったので。。。

・ティア
恋人ごっことかくそくらえで虫唾が走る
相変わらず謎の√ロックがかかってるサブヒロインですが、シナリオボリュームはちゃんとしていると思います
シナリオもストーリーもいまいちでしたねぇ、、、
せっかく唯一教え子じゃないヒロインなのに、そうじゃないことを前面に打ち出したシナリオのほうがよかったです


はいまとめ
萌え系キャラゲーとしての最低限は備えていますが、あくまで最低限としか言えないちょっと残念な結果でした
まぁお一人除いて固定じゃない複数ライターですしね、、、調子の悪いときもあるでしょう
逆にそれでもこのレベルのクオリティを担保できるのであればメーカーとしてはさすがですね、いい仕事してます
とりあえず車の人ファンは絶対買っとけ!な!
[PR]

by minatokako | 2013-08-04 22:50 | エロゲ | Comments(2)
2013年 07月 30日

乙女理論とその周辺~Ecole de Paris~ レビュー

評価:B+
※月に寄りそう乙女の作法 アペンドについてもこちらで扱います←追記しました

前作「月に寄りそう乙女の作法」(以下つり乙)の続編の作品です
つり乙が私にとっての2012年最優秀作品だっただけに、今作への期待はとても大きいものでした

結果からいうと

評価を見てもらえばすぐわかる話なのですが、
イマイチでした、、、、
と片付けてしまうと誤解されそうなので評価の内訳を書きます
今作は3ルートしかありません
フルプライスで3√っていうのは昨今なかなかないですよね。。。そんなところも全体的な評価からすればマイナスなんですけど

りそな√:A
メリル√:B
エッテ√:

エッテルートが私の逆鱗に触れてくれました、いやまったくもってひどい
書いたやつ誰だよ、ゴーサイン出したやつ誰だよ
とりあえずさ、

このバグルートをどうにかする修正パッチさっさとリリースしろよ、くそが

いやほんとのほんとに
ひどいとかそういうレベルを超越してる
たった3ルートしかなくてさ、こういうヒロイン攻略型のゲームなんだからさ
エッテ狙いで買う人だっているわけだよ、絶対に

たとえばminatokakoってやつとかな!

ふざけんなよ、、、幸い私はブリュエットのCVに魅せられたところ大なので
基本的に期待していたルートは「りそな」だったので、ディスクを叩き割るってレベルの怒りにはなりませんでしたが
ブリュエット一本勝負の人、車の人ファンは全員フリスビーにしてんじゃないのこれ
ほんとシナリオ書いたやつっていうか、そもそもこのシナリオを通したやつは頭わいてるんじゃないのかな?
攻略ヒロインだと思わせておいて実はルートがなかったっていうのよりひどいわ
こんなんだったらルートなんてないほうがよい、そのほうがFDでって期待も持てるし(いやそれもどうかと思うけど

ちなみにブリュエットルートがなかった場合、りそなルートのafterシナリオを作るなりの肉付けがある前提で私はこの作品に評価Aをつけましたね、えぇ間違いなく
下手すると今年度のMVPにしてました、まじで


とそんなまず最初に怒りしか沸いてこないのがこのゲームのある意味総合的な評価なんですが、
それだと何も伝わらないのでここからちゃんとレビューします

~~~~~~~ここからがレビュー~~~~~~~~~

繰り返しになりますが、本作は完全なる前作からの「地続き」な続編です
いわゆるところの続編ものって意外と前作を知らないでも楽しめる作りになっていたり
前作をまったくやっていなくても問題ない作りにしますが

乙女理論はそれを許さない

つり乙をプレイしておくことが推奨どころか必須です
フォローなんて全くないです
個人的にはそういう続編のほうが好きですけどね、、、
アペンドディスクも前作への追加パッチのような作りになっているので、そういった意味でも前作を所持しプレイしていることが必須です
ま・・・乙女理論からやる人なんていないでしょうけど・・・

前作からの繋がりは、前作BADENDの続きというスタンスですが
前作のBADENDは共通ルートをやりきった後に発生するのでBADEND後の世界っていうよりは
りそなルートへの分岐という感じが強いです

共通√からして基本的にはりそなルートの根幹なので
乙女理論は先述したブリュエットの件もあり、つり乙のりそな√追加パッチディスクと考えるのがもっとしっくりきますね

ストーリーとシナリオは前作でウリにしていた女装主人公の潜入物といった基本は今作でも同様ですが
一番のポイントは前作つり乙での回収し切れなかった伏線の後始末のようなところがポイントになってきます
前作で「雑だった」部分がきちんと回収されていくのでシナリオの興味深さをぐぐっと押し上げてくれます
この辺ずるいです、、、
だって前作で説明しなかったことを広げているだけじゃん!みたいな、、、
具体的には主人公の家族そして大蔵家というのが主題ですね
今回も服飾を取り扱いますが、そちらは二次的な要素が強く、あくまでメインテーマは家族の和解だと思います

しかしまぁよくできています
前作で心地よい面白さだった日常の掛け合いや、なぜか見ていて飽きない主人公の女装に対するいろいろなドキドキ感をうまくかけていると思います
このあたりのシナリオは本当に秀逸です
つり乙となんら変わりない安定した安心の面白さがありますね

ただやはり繰り返して残念なのが圧倒的なシナリオ不足です
このゲーム、なんどもいいますが最初から最後までりそな√メインで構築されているんですよね
前作は2ルートほど駄作でしたが、いちおう4√きっちり書き分けていました
でも乙女理論は共通ルートがすでにりそなルートだったりするのでそのあたりのボリューム感がさびしいです
短いってわけではないです
共通√+りそな√で前作のルナ√なみのボリューム感はあります
ただいってしまえはそれがシナリオボリュームの8割なのでやっぱり前作からすると物足りない分量ですよねー・・・

ということで各ルートの寸評
・りそなルート
前作でどう考えてもりそなが攻略ヒロインじゃないのはおかしい!!!と力説したかいあってか、
念願のヒロイン昇格どころか
乙女理論はりそのなりそなによるりそなのためだけのゲームだったんであらびっくり
単独評価ではAとしても全く問題ないくらいの面白さでした
ただ、、、前作でもそうだったんですけど、こうヒロインとして可愛いっていうよりも純粋にシナリオが面白いって感情が強いですね
りそな自体も可愛いっちゃ可愛いんですけど、シナリオの歯車の1つでしかないなと
このルートがつり乙+乙女理論の実質グランドルートその2みたいな扱いだと思います
前作だとルナルートがTrueルートっぽい扱いですが、りそなルートの扱いも同じくらいですかね。。。
個人的には展開として、ルナ√+アペンドよりりそなルートの展開のほうが好みです
内容としては、りそなの人間としての成長を描きながら、大蔵家の和解(特にイオンとの兄弟の和解)がポイントですね
りそなはブラコン設定な上、女装設定がいきないなー、な感じなので恋愛面でのイチャラブ的な面白さは特にありません
いやほんとうに・・・恋人っぽさとかほとんどないです
それ以上に家族愛を押してきますから。。。
こんな恋愛面でプッシュされないメインヒロイン始めてみたわw
全部ネタバレしてもあれなので書きませんが、それでもこのルートが一番見所が満載です
作中の伏線というか謎もこのルートでのみはっきりします
ただ惜しむべきはラストの雑さですね・・・
さぁやるぞ!反撃のときだ!!!みたいな展開になったとおもったら
ラスボスが
「うぁーやられたー」
一言で片付けられるみたいなあっけなさで終わっちゃいます
なんつーか・・・その後の世界観のもっていきかたも本当に雑です・・・・
もうちょっとじっくり畳んでもよかったんじゃないかなー

・メリルルート
りそなルートからの分岐ではいるような形になるので、いくつかの疑問点が取り残されたまま進行しちゃうのが惜しい
服飾の天才!ということでそっち側メインの話になるのかなーと思ったら
このルートも家族愛っていうか大蔵家メインの展開になります
それはそれで引き込まれて読むことが読めましたが、こちらもラストが雑です・・・
というか、なんだろうな。。。服飾の天才って設定が全く生かされていないのが惜しい
というか、なんだろうな。。。唯一主人公の性別を知らないヒロインで、主人公を女性と思いながらも惹かれていっている描写があるのに一切ソレを活かしてないのも惜しい
大蔵家のごちゃごちゃはりそなだけでよかったんじゃなかろうか・・・
そのせいでこっちも恋愛描写的な何かはほっとんどないです
まぁそこそこにシナリオは読めたんでよかったですが
あくまでりそなルートからの分岐なんでどーにもしっくりこないですね

・エッテルート
車の人の無駄遣い
もう√と呼ぶのも虫唾が走る、ただのBADEND
前作の出来もあってNavelを褒めたけど、こんな仕事しているようじゃ将来暗いよ?本気で反省して欲しい
ちなみにエッテは可愛い
それだけにこの仕打ちはねーよ、屑過ぎるシナリオ
シナリオなんて呼ぶ価値もない
エッテルートには、主人公とりそなの電話での会話を隣の部屋にいたエッテに聞かれてしまい
主人公が男だとばれるというところから始まるんですが、、、

いやもうおかしいだろ

日常会話をなるべく溶け込むためにフランス語を使うようにしているってのはわかる
でも日本人が電話で日本人同士の、しかも兄妹の会話をフランス語でするってありえねーよ
普通日本語だろ、、、なんでフランス語でしゃべってんだよ、理解できん
しかもだ、いくら隣に人がいないと思っていても、そんな主人公の存在を脅かすような会話をするときはいっそう日本語でするべきだろう
実際どっかの場面できわどい会話をするときは主人公が「日本語だから聞かれても大丈夫」みたいなこといっていた気がする、、、
この時点で一気に白けました
ライター無能すぎる、クビにしてくれ
いやいいよ?百歩譲って電話の会話をフランス語でもさ
でもその場合はどんなに説明口調でもいいから電話での会話をフランス語で行わないといけない理由が必要だろ、何もかもがおかしい
そしておかしさは続く、、、
主人公が男だとわかった瞬間にエッテが今までべた惚れだったメリルを捨てて主人公にゾッコンラブとか言い出すむなしさ・・・
(一応これに関しては説明的なフォローが入るけど)
にしてもおかしいわ、、、そんなのありえない
もっとありえないのが、それで主人公と恋人と同士になるのはいいよ、うん
その後またりそなルート(共通√)に戻るっていうね、もうね
作中で時間はがんがん進むのに普通に大蔵家どうとか云々かんぬんのりそなルートをやってて
エッテが全く出てこないっていうね、もうね
お前ら恋人になったんじゃないのかよ!なんのイベントもフォローもなしかよ!!!
んで、イベントぶつぎりで脳内保管が厳しいくらいのとびとびの進行で
いきなりエッテが大蔵家本家に来てて、もうね
ここのシナリオも超絶ゴミで、プレイヤーからすると、え?なんでエッテが突然大蔵家にいるの?状態なのに、
場面展開とか全くなしに突然過去回想にきりかわったりで全くついていけない
で、エッテが大蔵家にいるのに大蔵家の登場人物は誰一人登場せずに絡まないとかね、もうね
ひどいなんてもんじゃねーよwwwwww
よくわからない突然のエッチシーンが入ったと思ったら、今度はなんだかパリにいて即エンディング
なんじゃこりゃあああああああああ
もうバグだろ。。。。これ。。。。



※アペンドのアフターシナリオのレビューは後日追記します追記しました
月に寄りそう乙女の作法アペンドレビュー

つり乙のアペンドディスク
内容は4ヒロインのアフターシナリオと、エイプリルフール企画の動画のゲーム版
あとなんと!朝日にCVが追加されるっていうおまけです
このディスク自体はおまけなんだけど、正直な話値段分を考えると乙女理論とアペンドの力のかけ具合が50:50って感じだよね、、、
つまり、おまけってほどに手を抜いてないどころかかなりちゃんとしたボリュームで作られています

1ルート私のスピードで2時間くらいでしょうか?
全体的に良かったと思います
乙女理論がりそなルート以外はがっかりってレベルじゃねーぞってかんじですが、このアフターシナリオがあることでだいぶ救われていますね

朝日のCVはエイプリルフール企画のときできいていたんで特にどうこうってのはありませんが
個人的にはGOOD
女装主人公の声って難しいとはおもいますがよく合っていたと思います
できれば男Verのときとの声のメリハリがもうちょっとあったほうが良かったかなとは思いますが

てなかんじで個別ルート
・ルナルート
このアフターでつり乙の不満だった部分のおおよそすべてが解決されるので、面白い以上にすっとしました
やり残した伏線回収を一応きっちりやってくるのでそこはいいですね
あとよくあるアフターシナリオに入ると世界が二人だけになってしまって萎えることがよくあるんですが
ルナルートではいろいろなサブキャラがきちんと絡んでくるので、つり乙の世界で恋人になった主人公とヒロインの図をみれるのは、「世界観を楽しむ」ということにおいてよかったと思います
ラストの〆方もよかったんじゃないですかね、ちょっと大味だったけど、あれはあれでよかった気がします
乙女理論に興味がなくてもルナルートを本当の意味で完結させることができるので、前作のファンは是非プレイして欲しいところです

・ユーシェルート
個人的な事情でシナリオはルナのほうが良いとは思いつつもキャラとしてはユーシェのほうが好きな事もありだいぶ楽しめました
が、シナリオとしては退屈です
退屈、、、なんですが、相変わらずこのルートでは朝日の性別が明かされていないのが日常の素晴らしいアクセントになっているのでそこがたまらなく面白いです
相変わらず周りからは百合カップルだと思われているのがなんともいえない面白さです
起伏のないシナリオながら安心して楽しく見ていられいるのは素晴らしいことです
結婚の話で盛り上がるユーシェは可愛いし
それが1つのきっかけで兄との和解の一歩が始まるのもいいですね
ルナルートでも言いましたが、アフターシナリオとはいえ世界を二人で完結させずに、
なんでもない日常の中に恋人としての二人を描くっていう手法はうまいです
世界あってのキャラなので、キャラだけに閉じられる一気にしらけます
それが成り立つのは恐ろしいほどの腕のあるライターだけでしょう

・瑞穂ルート
本作がはっきりいって下の下のシナリオでしたがアフターでは多少はまともでした
まともでしたが、、、、、
すっげーつまらない、、、、
このルートは上記2つとは違い世界が二人に閉じて中心に回ってしまっているんですよね
そしてシナリオに変なテーマをもたせようとしている、まったくもって面白くない
やっぱりこういっちゃなんですが、シナリオのレベルが他3人と比べてかなり劣っています

・湊ルート
前作もそうだったけどこのルートだけつり乙の世界観から外れるので異質
シナリオっていうかテキストは結構おもしろいんだけど、やっぱりつり乙て世界観あってこその面白さだと思うので別作品として見るならってのはありだとは思う
というよりもこのルート遊びすぎだろww
おれつばファンならにやにやできるムダが多すぎるwww
そういった意味じゃ楽しめました

※情報をいただきいろいろ調べてみましたが、ルナとユーシェは同じライターさんが担当されているようですね
んでもって乙女理論のライターさんも同じ
つか乙女理論はライター一人みたいですね
同じ程度にシナリオ評価している私の目はそれなりに肥えてたってことでしょうか
この人なかなかできるなーと思いたいですが、乙女理論がライター一人ってことはメリルもエッテも同じってことだろ!
全然信用できん!!!

ルナルート(アフター込み):95点
ユーシェルート(アフター込み):75点
りそなルート:85点
メリルルート:50点
エッテルート:0点

上下の振れ幅大きすぎんだろ、、、w
[PR]

by minatokako | 2013-07-30 00:20 | エロゲ | Comments(17)