ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:グッツ関連( 49 )


2011年 09月 19日

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 9巻だってさ

d0143135_2381064.jpg


遅くなってしまった
俺妹9巻の感想です
感想って言うか

ただのパトスなんだけどな!

面白かったよ

どこが?

全部だよボケ!言わせんな!

あーうそうそちょっとだけ嘘ついた
沙織編のお話は正直びみょーっていうか、まぁつまんないわけじゃないけど心には響かないよね
理由は簡単だ

俺妹は京介さんが動いてなんぼだろ!京介△させてくれよ!!

※ということで続きは後日執筆します・・・何か熱が
[PR]

by minatokako | 2011-09-19 23:14 | グッツ関連 | Comments(0)
2011年 09月 01日

星空まどかBOX

もうfengは円佳でできているんじゃないかなって思います
ゲーム会社としては糞を通り越してますが、相変わらずユーザー目線の需要をしっかりと捉えて抑えてくるセンスはさすがだと思います

あかね色に染まる坂では湊人気が以上であることを察知するやいなや
1.即抱き枕カバー化
2.湊アフターストーリー小説化
3.アニメ版湊抱き枕カバー化
4.アニメでは最終話ぎり前までは優姫ルートだったのにラストで超強引に湊シナリオへシフト
5.枕カバー化
6.あかね色BOXでフィギュア化
7.お正月特別グッズ湊抱き枕カバー化、テレカ同封
8.PS2版移植では全ヒロインシナリオに湊を絡ませるというおかしいくらいの優遇シナリオ
9.他作品である星空へ架かる橋にゲスト出演、しかもイベント一枚絵付

星空へ架かる橋では当初メインヒロインである初で無難にいってみようとするも発売前からどうやら円佳のほうが人気あるんじゃね?と察知するや否や
1.夏コミでは体験版すらないキャラ紹介だけの円佳を抱き枕カバー化
2.冬コミで、この業界では珍しく再度円佳の抱き枕カバー化
3.アニメ版で唯一円佳を抱き枕カバー化(実質三種目)
4.グッズBOX名が星空まどかBOXと完全狙い撃ち

ほしかかのアニメだけは不可解にも空気読めてませんでしたが、ゲーム業界以外では以外にも空気を読めてる代表(笑)
まぁ単純に私だけ得って話もあるかもですが



で、話ちょー飛ぶんですが、これ書いてる今もなんですが、ここ数日体調がおかしく、めまいと眠気が凄いです・・・
一応寝てるんですが(つд・)
眠気のほうがやばくて、普通に一対一で仕事の打ち合わせしてるときでも意識が飛びそうになります
明らかに危険、怖い((((゜Д゜;)))

そんなわけで後は写真でお茶を濁して。。。
もうなんか眠すぎて今回撮影は適当です・・・また適当に・・・
d0143135_0174323.jpg

d0143135_0185425.jpg

d0143135_0203675.jpg

d0143135_020045.jpg

なんか、、、すげー撮り辛いフィギュアでした。。。立ち方とか
あと写真見てしってたけど湊と比べると造型がかなりイマイチ・・・
まぁ今回はこっちのほうが欲しかったんだけど・・・
d0143135_0221213.jpg

これ車の人メインのドラマCDだよな!!!そうだよな!!!!


寝る
[PR]

by minatokako | 2011-09-01 00:23 | グッツ関連 | Comments(3)
2011年 07月 30日

お布施・・・と風邪といろいろと

体調久しぶりに崩しました
見えないところで疲れが溜まっていたんでしょう、ぐへん

さて、久遠の絆を今年車の人並みにもうPUSHしていくことを心に誓っているのでちょっとお布施しました
d0143135_21541734.jpg

久しぶりの布物散財
そしてどうです!この絵柄wwwww
ひwwwどwwwwいwwwww
作中のイベント絵はそれでも多少は似せようとしていた節がありましたが、この絵に関しては別物
ある意味同人臭ささえ漂ってきます
公式とは言え別人なので間違った印象ではないですが・・・
オリジナル本人の岸上さん本人も当時の絵柄が出せるか不明なので、久遠の絆忠実絵ってのはもはや無理なのかもしれませんが・・・
そんなことはともかく

こうやってお金ちゃんと落としてるんだからまじで!まじでFD頼むよ!!


おまけ
d0143135_2231862.jpg

Xperia acroのバグがあまりにもひどいと評判なのでソニエリがアップデートしてきました
私のacroは巷で言われているほど不具合まみれじゃありませんでしたが、Youtubeを見てるときに数回フリーズ再起動になりましたね
物理キーボタン(ホーム?)を押すと何故かアラームアプリが起動するバグもよくなってました
あとは不在着信がロック画面中央に突然出てきて消えないバグとか・・・
OSが不安定なのか、UIを作りこめてないソニエリがだめなのか知らないですが
常にどきどきの不安定さとの戦いなのでAndroidは怖いですねー
ちなみに上記3つのバグのうち再起動はなんだかなおったような気がしていますが、アラーム不在着信表示バグはいまで健在です、ナニコレ?
まぁお財布便利だし、画面綺麗だし解像度高いし、フラッシュ見れるし、で満足なんですが
この動作の不安定さだけは早く何とかしないと、本当の意味でiphoneには勝てないですね
せめて全アプリにバックグラウンドで動作する仕組みを殺せる出口を作ったらいいのに・・・
現状アプリ側で終了が存在するアプリでもプロセスは稼動してメモリくってますしね、、、それって終了じゃないジャン
マルチタスク稼動させるか、タスクを終了させるかはユーザー任意で選べるほうがいい
つかipad2の操作の快適さは頭1つ抜けてるね
ただ、かゆいところまで手を届かせることができるのはAndroidなので難しいなー
タブレット端末はイマイチ使いどころがわからない。。。。
データ転送がなんでもかんでもitune経由なのが何より気にいらねぇ
マスストレージ接続させろとはいわんけどMTP接続でPCファイル管理させてよ・・・これは間違いなくAndroidのほうが勝手がいい
※itune経由以外の操作があるのかもしれないですが、興味がないので調べてませんのであしからず


・追伸
ゲームは明日の夕方~夜にかけてやります
妹恋とPrincess Evangileになるかと思いますが
体調がイマイチ復帰しなかったら延長のお知らせです。。。すんません
[PR]

by minatokako | 2011-07-30 22:17 | グッツ関連 | Comments(6)
2011年 05月 10日

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 8巻を読んでみた

d0143135_2055474.jpg

フォファアアアアアアアアアアアアアアアア

ヒャアアアアアアアアアアアア

ありがとう
これでもう思い残すことは・・・ない

※ちなみに超絶ネタバレするよ
本当はこういった注釈を書きたくないんだけど。。。。

待ちに待った新刊
7巻が壮絶で、終わり方というかラストにめちゃめちゃ詰め込んだ感じだっただけにその後処理を任される8巻に期待をしないというほうが無理だろう
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」このタイトルから想像するのは、ツンデレ妹がデレる話なんだろ!とかそんなところだろうけど
蓋を開けてみれば菩薩のような京介△という展開で
さすがにそれだけじゃ萌え要素に乏しいってことで切り札として萌え担当の瑠璃ちゃんを投入してまぁなんだかうまくやってきた本作品
俺の妹がこんなに可愛いわけがないというタイトルどおり、相当に行間を読んで、深読みしないとメインヒロイン?であるはずの桐乃が全く可愛くなくうざいだけという
それを7巻で突如桐乃無双で持ち上げてきたもんだから困る
しかもヤンデレも真っ青なほど兄に男としての異性を求める桐乃のゆがみきってる気持ちとか、桐乃巻としながらもアッピルのやまない黒猫の攻勢で閉じきらなかった幕がようやくこの8巻で閉じました

つかある意味「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」がようやく始まったんだけどな!

ようやく・・・ようやくですぞ・・・
世間の大きいお兄さんが、このキャッチーなタイトルに惹かれて期待するような展開に、ようやく9巻からなるのだ

ひょおおおおオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

ネタバレなんだけど、
7巻で超絶シスコンであることを完全に自覚し認めた京介さんに対し、
8巻で超絶ブラコンであること認めた桐乃というお話
お互い照れながらもブラコンシスコンの兄妹として歩み寄り仲良くなりましたとさ
「( ;∀;)イイハナシダナー」
ポイントは兄である京介が「自覚」して、認めた
桐乃はブラコンであることを「他人に認めた」というところ
この辺のぼかしかたというか、含みをもたせる展開はうまいなぁと本当に思いますね
あとからどうとでもなる伏線の張りかたは若干ずりぃとも思うけども
前にも書いたけど、別に考察とかそういうのやる趣旨じゃないのであまり書きたくはないのですが
予想通り桐乃は昔京介さんに思いを打ち明けたと匂わせるような描写がありますね
いつか、とか
仲の良い兄妹に「戻れた」とか
直接的に表現しないで、もうほぼ正解をいっているようなものなのに、読者の捉え方次第として正解をかかないこの人のテキストは好きですね
確かに確かに、直球よりは頭も使うし、演出に厚みが出るよね
特に結構簡単にかけそうだけどなかなか書けない以下の2つのセリフに胸を打たれました
「兄貴のことは大嫌いだけどアタシが一番じゃないとイヤ」
「京介に彼女ができるのはイヤ。でも泣いている兄貴を見るのはもっとイヤ」
複雑な心境をうまく書き出せてるなーと凄い感心
男性としても好きだし、兄としても大好きなんでしょうね
男として?兄として?の天秤は言及されていないのですが、8巻では兄よりに傾いてる感じで片付けられてますが
そうじゃない可能性もしっかり残しているのでこう釣り上げそうなのに釣り上げず、海面で遊ばされてる感じがなんともね、いいじゃないですか
含みを持たせることで、誰ともくっつかず、読者に特定の未来の結果をつきつけない感じに仕立てるにはまぁまぁこれしかないんでしょうね
その下準備かどうかしらないけど、突然あやせにも京介さんフラグ立て始めたしね・・・w
誰とくっつくかは読者さんの心の中にってことですか?
ありがたいけどヘドがでますねwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
もっと尖ってほしかったなぁと残念な気持ちもあります
もちろんこれはこれで面白いと思うのは先に書いたとおり

ここまで書いて念のため
物語の軸だけに沿って感想を書いてるので、あたかも巷で言われる桐乃信者と思われるかもしれませんが別にそんなこともないです
ただいつもいいところは桐乃が持っていきそうな感じもありますが、出番とか萌え要素だけをみれば黒猫びいきがありありなので
そういった意味では瑠璃ちゃん萌えスwwwとかいいつつも本音のでてきた桐乃派に心情が動いてしまわないこともないですけどね
8巻では黒猫とのキャッキャウフフのいちゃらぶ満載で、そのいちゃらぶも実は
黒猫△まじでカッケー
となるようなかんじなのでこれまたうまいねっていうかなんていうか
この黒猫のかっこよさでようやく、登場人物にわだかまりの(あまり)ない展開で本当のお話が展開できるってのはいいですね
つか並みの作者なら8巻、いい話だったねで最終巻で閉じてもおかしくないし
妹との、とりあえずの和解というテーマで見るならば終わったわけなので、ドラマティックなねたを構築しにくいと思うんだけど
今後はFD的な感じで登場人物の日常的うごかすことで世界観を構築していきつつ、桐乃の隠れた恋心と瑠璃ちゃんの恋心を小出しにてもだえさせる作戦なわけですね、わかります

9巻は8巻ほど餓えるほどの楽しみ!という感情はないかもしれませんが
私の中で現状トップクラスのテキストを書いてくる作品なので、やっぱりすげー楽しみですね
今回はあまり書かなかったけれど、京介さんがより一層壊れているのにはやっぱり吹くwwww
あの菩薩でいて超絶かっこよかったあなたはどこへwwwww
2chなどのネットリテラシーの高い人には大いに笑える要素もあり、ほんとすげーラノベだぜ・・・
[PR]

by minatokako | 2011-05-10 21:55 | グッツ関連 | Comments(5)
2011年 03月 30日

もう置く場所がないんだがどうすればいいのだろう

注文していた。。。らしい。。。フィギュアが届きました
d0143135_0302861.jpg

涼香さんのHPで宣伝していたのを見て思わずぽちったような・・・

せっかくなんでパシャリ
d0143135_0354132.jpg

d0143135_036137.jpg

相変わらず構図もライティングも適当
ストロボがあればもうちょっとましかもしれないけど
ちなみに泡とれるらしいです

え?とらないよ(;°ロ°)
とったら掲載できないじゃない((((゜Д゜;))))

なんかリサイズすると立体感がなくなる・・・いや気のせいか

ちなみにこのフィギュア、パッケージの涼香さんの絵と比べると造形はい、いまいちじゃないか・・・
以前紹介した湊フィギュアのほうが遥かにいいよね
つか円佳フィギュア企画ってどうなったんだろ・・・
[PR]

by minatokako | 2011-03-30 00:42 | グッツ関連 | Comments(0)
2010年 12月 26日

秋葉原電気外祭2010冬にいってきた

最初に断っておきますが、レポートでもなんでもない雑記です

面白いことは何もなかった
ぶっちゃけコミケにいったほうがレポートっぽいのりがでやすい

さて、前回?いったときの教訓からそして、夏コミの閑古鳥から察するに
コミケほど気合入れなくても平気だろう、fengは湊でこない限り涼香様の力を持ってしてもオワコンだろうと

そんなんで7時過ぎに起床、家でゆっくりしてから8:30くらいに秋葉につく感じで出発
外は寒い、本気で寒い
今年は11月くらいまではまだ暑かったりしたんだよな~まったく秋がねぇってのはやばいっすね
つかこんなに寒かったらコミケとか無理、絶対無理((((゜Д゜;))))

実は企業ブースの売り子のおねーさんたちを激写しようかなって思ってたけど、
まじ寒いしあんまり体を寒空に置けないのでやめました、寒い

で、予定通り秋葉到着
秋葉原もかわってきたなーとか思いつつソフアミューズメント館をみると、おー列があるある
全く、君たち凄いぜ!
なんだかんだでfengに飼いならされてるぜ!←激しく私もですが
※Lassの委託もやってたのでそっち目当ての人もいたんだろうけど、さすがにそろそろ11eyeで引っ張るのきつくないですかね・・

ちなみに写真はないです
いや、そんな写真なんか撮ってたらマジ特定されるっていうかなんだこいつってレベルじゃねーよw

列はそんなに長くない感じ私が並んだときで店前+ちょっとくらいの人
新作ゲームの深夜販売のほうが並んでるか同じくらいかな
途中脚立と一眼レフ構えた人が写真撮ってた
しょうぞうk・・・いやいいけど
並んでるときに販売方法の説明と、数そんなないんで売切れたらごめんねって説明を受ける
fengのラインナップは
・初カバー
・円佳カバーその1
・円佳カバーその2
・CD
初カバーにいたっては生地をスムース、2wayトリコット、今回の生地と生地だけ変えてのリニューアル、どんだけ引っ張るの
円佳にしても先日通販やったばっかりなのに今回新生地でリニューアル、通販組みm9(^Д^)プギャーなのかしらないけど商魂たくまし過ぎるだろうw
買ってる人はあんまいなかった
そりゃ欲しい人は事前に買っておくだろう、しかも買う機会はくさるほどあったわけだし
今買う人は、ゲームやってみてよかったから買うって層なんだろうが、ゲームがよくなかったので買うはずもないというスパイラル
私にしたってゲームのキャラだから買う、というのではなく、単に涼香先生原画だから買うってだけの話
円佳だけはちょっと・・・いやかなり事情が異なるが
こういうのはゲームの人気(キャラの人気)と、原画家の人気がもろにでる
涼香さんの人気はかなりのものだと思うし、売れっ子だと思うが、それが列につながらないのはゲームが足を引っ張ってるんだろうか?
今までは未発売だったからわかるけど、発売済のゲームでこれだと、去年のぱれっとの列をみてるだけに寂しいものである
特に円佳の場合は中の人のピロートークCDに付加価値が高いと思うんだけどなぁー
と、布物すててあまみそをメディオで買った私が思ってるだけだろうか

そんなこんなで9時を迎えてって感じだけど
このイベントを知らない一般ピポーの人は、何事!?って感じで足を止めるんだよねw
だってこれ「秋葉原電気外祭り」とか銘うってるけど、別に秋葉原全体でプッシュしているイベントではなく
各いろんなお店のスペースを借りて小規模にやってるだけ
事前にネットで開催をしっておかないと、不思議な集団にみえてしかたないだろう

んで、列はないくせに進むのが遅い、寒い
販売方法は

①列先頭で欲しい商品の引換券をゲットする
②ゲットした引換券を持ってレジに並んでお金を払いレシートを貰う
③レシートを持って商品引き換え所にいき商品ゲット!

どこのふるくさいRPGだよ・・・w
処理時間分散という作戦は確かに効率がいいように見える
実際レジはほとんど並ばない
じゃあどんどん引換券渡していけばいいじゃないということになるが、商品引き換え所が完全にボトルネックになっていて
レシート握りしめた人のキューが溢れちゃってる状態
おいおいこんなところまで無能をさらけ出してどうんすんの代表(笑)
とはいいつつも、この辺りは正直どこも同じなのであまり責められないが、+コスプレした売り子のおねーちゃん3人だけじゃ捌ききれてなかった
いつも思うがラーメン屋みたく事前に待機列に並んでる人の注文見て準備するってスキームを何故導入しないんだろうね・・・
それだけで大分違うと思うけど

そんな感じで9:30には買えて終了
あんま並んでないけど寒い分だけ疲れた
つか買ってでてきたらもう列ねーしwwどんだけだよwまじで並ぶ意味ねーよww
最初から9:30にきてればよかった・・・と思うけど、こればっかりは予測できないしなぁ
某所によるとそれでも11時前にはなくなったようで、余裕ぶっこきすぎもだめみたいですね

色々あってもう布物はCDがつくか涼香さん関係じゃない限り買うのをやめたんですが
一応他のところROOTとか興味があったんで見にいってみると、ぱっとみで列は見当たらず
やっぱりあんときのぱれっとが異常だったのか・・・
d0143135_12365780.jpg

あ、CD入れ忘れた
[PR]

by minatokako | 2010-12-26 12:37 | グッツ関連 | Comments(2)
2010年 12月 21日

秋葉原電気外祭2010冬

oi

misu

おい

ヨスガノソラがマジヤバイってレベルじゃネーぞ!!!

まさに石○かかってこいや無双

まぁそんなことはどうでもよくて

今年も行きます

秋葉原電気外祭

そんだけ
いくのかなりだりーんですけど
あれだ

結局私は清水さんが凄い好きなんですね、そういうこと

fengは寝具だけはまじで気合入れてくるからおかしい、もうゲームメーカーやめるべき

レポート書くかはわかりません!こうご期待!
[PR]

by minatokako | 2010-12-21 01:52 | グッツ関連 | Comments(2)
2010年 11月 13日

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7巻である

先日睡眠時間を削って読破した俺の妹がこんなに可愛いわけがないですが
なにやらタイミングよく7巻が発売されました
1~6巻までの感想はちょっと前のエントリを参考にしていただきたく思いますが
基本1巻完結型をとるので続きが読みてぇとかそういうノリはあんまなかったです、めっちゃ面白かったけどさ

で、ファンの人は待望
私にとっては間を空けることなく発売された7巻、早速読んでみたわけだ
d0143135_2174241.jpg


結論から言おう
声を大にしていおう

今すぐ続きを読ませてくれ!頼む8巻はまだか!まだなのか!!

やっべえええええええええええええええええええええええええ
前言撤回どころの話じゃない
続きが気になって何も手につかない、オワタ
人生\(^o^)/オワタ
ボスケテボスケテ!!
うわあああああああああああああああああああああああああ


とりあえずね、感想

凄い面白い

いやそんな言葉で表しきれないな、面白いってレベルを超越してる
でも大事なことなのでもう一度いわせてもらう

やばいくらい面白い

ボキャブラリが貧困?関係ないね!
やばいんだよ!だってやばいんだよ
そう7巻は

d0143135_2215251.jpg

実 に 面 白 い

あ、ありのままに起こった事を話すぜ
読書なんぞしてる時間はないが、寝る前にちょっとづつだけでも読み進めて行こうと
1時頃ベットの中で読み始めたんだ・・・
気がついたら3時だったんだ・・・・
翌日、今日こそは寝るぞ、ちょっとだけ・・・・
空が白かったんだ・・・
な、何をいってるかわからねーだろうが、俺も何が起こったのかわからなかった
仕事休めないので完徹して出社とか、どんなギャグだよ

いや読むの遅すぎじゃね?


あぁ・・・

うん・・・



そりゃ2回連続で読み返したからな!!!!

読み終わった後これは一気に読まんといけんと最初から読み直したwww
もうwwwもうwwwばかwwwすぎるwwwwwwww
ちなみに二回目読んでるときも同じページをいったりきたりしながら3歩進んで二歩下がるみたいな読み方をしてた
おkwwwwそれが今日の朝だwwwwwおwwwれwwwwねてwwwないwwwww

あーというかね
すげーよまじで
あんたすげー
正直にいって、漫画でもないゲームでもない、TVでもない
文字だけの世界でこんなにわくわくどきどきしながら世界にのめり込んで読書したことない
頭がおかしくなったのかと思った
アニメが面白かったから原作小説をよんだ
これは完全に間違いだった
アニメはよくできている
できる限りで原作に忠実だ
だが

原作の面白さはアニメを遥かに凌駕している

ともするとだ
アニメなんてもう興味ねーよwwwあんなんだめだwww
リディルと竹達の演技がいいのは認めるwwwだがしょせん二次創作だぜwwww

くそwww面白すぎて凄すぎてwwwおかしい
かえせよwww俺のリアルをかえせよwwwwww
現実世界的に後を引かせるほどの衝撃ってそうそうないよwwww







いやいかんなテンションが無駄に高い
ここからは仕切りなおす
ちゃんと語る
いや語らせてください
いや何かもう感情があふれすぎてうまく言えないんだ
ゲームで言うなら久遠の絆レベルだ、死ぬ
とりあえず
これはゲームでもなんでもないんだが
忠実にエロゲ化したら

評価:SS
※ただし桐乃、黒猫ルートに限る

こんな感じである
SSってちょwwおまwwちょwww
だがね、本当にそのレベル、私にとっては
実際問題としてエロゲの紙芝居向きのゲームであると思う
だって内容がこれなんてエロゲ?状態極まりない

アニメより面白い、その編を踏まえてその理由を解き明かしたい
アニメが原作を超えることはそう珍しいことじゃない
ただしエロゲが原作のアニメが原作を超えることはまずないのである
理由はいくらかあるが
・年齢制限があるからこその表現の自由と描写、演出がアニメではできない
・大半のゲームは主人公視点一人称のものであり、モノローグのオンパレード、だがアニメではTVを通じた視聴者の目線が入るので、第三者的視点を考慮した作りになる
つまりより主人公目線でものをみるのが難しくなっている
ハルヒのヒットはアニメでも徹底的にキョン視点を貫いてるからだと思ってる
この作品の京介さんは結構モノローグガツガツです
アニメだとそれが巧く表現し切れません
実際細かい主人公の心の動きとか感情はバッサリきられちゃってます
だからこそゲーム向きのテキストとテイストだと強く感じるのです

そしてテキストだかこそ映える場面演出
文字だからこそ面白い
そんな世界を作るのが非常に巧い
いい例えではないが、この作者
VIPに時折現れるSS投稿者のような感じがする
そう、あの文章に近い
この傾向は5巻くらいから現れていて、6巻で2chネタをメタ的に使い始めたと思ったら
7巻でガチに覚醒してるから困る
ネット世界のリテラシーの高い人には非常に面白い書き方をする
2ch方面のネタが多いが、やりすぎず、バランスが絶妙

「俺今妹の部屋のクローゼット中にいる\(^o^)/」

「実況スレでもたてたのか!?」

とかいうやりとりなど
ぶっっとくるようなネタの使い方、絶妙
テキストがうまいとかそういうんじゃない
だからこそVIPに現れるという書き方をしたんだけど
単純に読みやすくわかりやすく、1つ1つの場面がうまくパッケージされてるのでテンポもいい
ただただうまいのです、本当に感心

主人公がオタクの妹に感化されて自らもオタク的な思考にはまっていくということ以上に
主人公をはっちゃけるくらい壊わしたのがいい
もちろんしめるところはしめるかっこよさを残したまま
突然頭のネジが飛ぶ主人公にまじ惚れます

さて、肝心の内容ですがネタバレすることもあるので引っ張りました
こっからさきネタバレです
私そういうの気にしないんで、ネタバレすんなとかおこられても困るんで

今回は内容もよかったです
ゲーム化しちゃいなyp!といいたくなるようなシナリオ
ここ最近は黒猫を妙にクローズアップして書いていて、メインは桐乃ながらも、桐乃に萌え要素を与えずにやってきました

だが7巻は 桐 乃 無 双 だ

桐乃無双をやりつつも黒猫を立てまくる内容でした
まぁ瑠璃ちゃんが可愛いのは6巻までで嫌というほどアッピルさせられたのでいいとして
問題は桐乃
そう、桐乃メインヒロインとしてはあまりに立ち位置が微妙で、まったく可愛くないのだ
(※アニメだと違う、この辺はうまくやっているとおもう)
もちろん桐乃の行動をみれば超絶ブラコンなのは想像に難くないが
作中ではそれをかなり遠まわしに描写していて、直接的な萌え要素を桐乃には使ってこなかった
桐乃=ツンデレの図式を無意識に当てはめがちだが実際はそんな単純なものではない
どんなに主人公が尽くしてもデレないどころか、態度もあまり変わらない、そして態度がウザイ
結局桐乃はどうしたいのよwと、読者スタンスとして扱いに困っていたのが6巻

それを急に直接的な表現で、桐乃立ち位置を明確にさせたのが7巻
7巻を読むと行間を読むことなく、いかに桐乃がブラコン以上の感情を主人公に抱いているかがわかります
陳腐な言い方ですが家族して兄に心を開くのか、それとも1人の男として好意を抱いているのか
その辺がいままでにない形ではっきりとしてきます
とはいってもお話の流れを流動的にするためなのか、出し惜しみなのか、行間を読ませたい手法なのか
はっきりとは書いてません
ただそれでも見えてくることはあるわけですね

結論から言えば桐乃のはツンデレではないのだと思います
兄を異性として好きなのかどうかはぼかしてかかれているので、言及はできませんが
主人公のことは兄として非常に好意を持っているが、それ以上、あるいはそれと同じくらい異性としても好意をもっているだろうことが読み取れます
別に解析することが趣旨ではないのでどうして?は書きませんが
これによって桐乃の立ち位置がばちっときまったので、二人の関係は恋愛的な側面としてみるべきなんだなって納得できます
この本のタイトルから妹とキャッキャウフフすることを想像し期待していた紳士淑女の皆様
ようやく願いがかないましたぞ、というところでしょうか

私の想像ですが
昔、桐乃はガチで主人公が好きだったんでしょう(それが家族愛だったとか後付で逃げれるけど
なんらかの形で主人公に想いを打ち明けたが
(桐乃の視点からみえれば)侮蔑されてこっぴどく振られてしまったんですね
これをきっかけに、勉強にスポーツにと努力するようになった
これは主人公のことをふっきるための一因でもあり、駄目な自分だから受け入れてもらえなかったという自戒があるのかもしれません
結果ことはうまく運びましたが、自分のことを受け入れてくれなかった主人公を憎むと同時に、やっぱり根底の部分ではいまだに好きだという気持ちが薄れていない
今の自分は主人公を憎むことで形成されているので、これまでのような態度をとり続けているわけだけど
「人生相談」の中で、改めて主人公の優しさに触れ、好意が憎しみを逆転しはじめてきている・・・

じゃねーの?てきなことを書いてきているのが7巻のメイン

雰囲気としてはかみぱにの瑞希ルートに近いかもしれん
こう解き明かされてくると桐乃に萌えてくるから不思議なものである
ただ桐乃、ヤンデレも真っ青なくらいやみ過ぎww
兄と恋人にみえないと指摘されただけでマジギレとか怖い((((゜Д゜;))))

こうして書くと桐乃だけのスポットのように見えて、兄である京介の歩みよりもうまく書いています
6巻まででシスコンだと自覚し認めてはいますが、7巻ではどう考えてもシスコンの先をいった桐乃への執着を見せ始めるわけです
「お前に桐乃はやれん!俺のほうがずっと桐乃を大切にする!」
とか、ちょっといくらドシスコンでもこれは言えないwww私もたいがいシスコンだがここまでは無理だ
これはもう兄が妹に対して吐くせりふじゃない

といった感じでですね7巻は京介と桐乃の距離感を書いてるわけです、あー面白い
それだけでなく、そこにうまく黒猫を混ぜてきてます
7巻ではもう完全に黒猫は主人公に惚れているような描写を最初からさせてます、しかもそれを隠そうとしない
・主人公はカッコイイと発言する
・主人公のためだけに桐乃に見立ててもらってまで服を買う(当然桐乃はそのためだと知って激怒)
・桐乃が主人公に惚れていることを、だれよりも理解して、それを理解したうえで桐乃と対等な立場で戦い京介を手に入れたいとする
「アナタのことがすき、あなたの妹があなたのことを好きなことにまけないくらい」
名台詞です、あー面白い
妹だから兄を好きなのはおかしい、という観念よりも、桐乃を尊重し、敬愛した上で京介のことを考える黒猫さんカッケー
桐乃が兄を好きだということ、最悪な形でごまかしたことにきれる黒ネコさんまじかっけー、あー面白い

ということで面白そうな展開でしょう?
最後黒猫に告白されて恋人になって終わるわけですが
このあたり含みがあって非常に次巻が気になります
桐乃の彼氏騒動の後(兄と妹なんてありえないフィルター取っ払えば兄への好意丸出し、それを受け入れた兄)の桐乃と京介はどうなったのよ
とか気になります

さて8巻でクライマックスを迎えるらしいのでなんらかの形で決着はつくんでしょう
ここにきてあやせルートもまなみルートもないでしょうから、つかそんなんやられてもしらける
・色々あったけど結局黒猫ルート
・京介の感情はシスコンを超越していたことに自問して気がついて黒猫に背中をおされて桐乃ルート
どっちもありそうだし、黒猫の読者人気が高いそうなので前者かなー
後者がタブー的な意味でまずいって場合、妹のことが好きだけど、それは兄妹愛含めてのことだとかなんとかいってお茶を濁したような展開すれば十分あり
涙を隠して背中をおした黒猫もいい女でよかったね的な
ただ個人的にはこれなんてエロゲ?を突き通してもらいたい、無理だと思うけどw
こういうライトな大衆の文庫でガチな展開とかみたことねーし!やるならそこまでやってもらいたいのです、無理だと思うけど



そんなわけで今回は非常に長く大絶賛のうちにおわりました
寝てないので支離滅裂です
私は面白いと思いますがそうでない方もいると思います
話半分に聞いてください
なお
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」のタイトルだけに惹かれるような方は1~6巻を読まずに7巻から読めば納得できるかと思います

かしこ
[PR]

by minatokako | 2010-11-13 03:53 | グッツ関連 | Comments(4)
2010年 11月 03日

俺の妹がこんなに可愛いわけがないを読んでみた

d0143135_19331738.jpg


存在は前から知っていましたが、私はそこまでラノベ大好きな人間でもないので手を出していませんでした
ラノベを読むのは大体アニメが面白かったからという理由で入るのですが
今回もたぶんにもれずにアニメがよかったため

そんなわけで既刊6巻分を一気に読んでみたわけだ

で、結論

どちらかというと大絶賛

自分で言うのもあれだけど、おかしい!
ラノベで面白いって思ったことない!すごい!こわい!
大絶賛とか私めったに言わない!なにこれ!怖い!

久々に胸が熱くなるラノベを読んだ
テキストはいわゆる主人公である京介の一人称形式
だからモノローグばっかりです
ラノベってあんまり読まないけど、絶対的に一人称形式多いよね
圧倒的に書きやすいからだろうけど
しかしモノローグが多用されるからこそ、読み手の主人公の乖離が生じると難しいと思うんだが
ハルヒのようにキョンを徹底的に中立におくスタイルが安全な気がしないでもないんです

個人的には3人称スタイルよりもこっちのほうがすきっちゃすき
でもってマルチサイト的に登場人物ごとにモノローグがあるほうがもっとすきなんだけど

・・・

そんなことはどうでもよくてだ

このラノベ、一体全体なにが面白いかって話
ストーリーは割りと珍しくない
あるところに仲の冷めた兄妹がいました
妹は兄を毛嫌いし、兄は妹を空気のように扱っていました(うおー胸がいてぇwww)
しかしひょんなことから兄は妹の人には言えない超絶オタクという趣味を知ってしまいます
こんなところから始まるどたばたコメディ

は?恋愛要素?
ねぇよそんなもん

は?キャラ萌え系?
ねぇよそんなもん

は?妹とのいちゃらぶ?
ねぇよそんなもん


だからそういう一般的に持ち込まれるエロゲ脳的なことは
一切ねぇんだよ!!
何度も言わせんな

つまり面白さの一端はここにあるといっても過言ではない
いわゆるこの手の設定にありがちなキャッチーな部分が一切ないのだ(後述するけどないわけではない)
だってさー普通エロゲ的展開ならば
超絶ツンデレの妹がデレていくって話を期待したりするじゃん?
でも違うのそんなんじゃないの
まずそれが受けいられない人には向いてないと思います

じゃあ何が楽しいんだって話
お話として一巻完結型で
妹である桐乃からだされる人生相談という形のトラブルを解決していくことが主な構成
これに奔走される主人公京介の愛と涙と友情のお話(いやこれまじで)
このお話がいいんですよ

京介△

まじでwwほれるww上条さんどころの話じゃないからwwwこれwwやばいwww
本来ならばツンデレっぷりを発揮して読者の心を鷲掴みにしなくちゃいけないはずの桐乃が頭がふっとしそうなほどうざい
このうざい桐乃のためありえないほどの奉仕をスマートにかっこよくこなしていく主人公
なのに超クール
妹のことなんかしったことじゃないが・・・くそう、でも!あーわかったよ!やればいいんだろう!
とかいってる、超熱い
自分を犠牲にしてでも、口では嫌い嫌いいってる桐乃への菩薩並みの懐の深さは異常を通り越してもはや神
それがもう面白くってしょうがない
主人公は超出来るやるで、やることなすこと胸を打たれる
桐乃のことは嫌い、でも妹としては大好き
この辺は実際に兄妹がいたりしないと理解しがたい感情ではあると思いますが
主人公の抱える矛盾というものを非常に巧く書き表現してると思います

主人公の活躍を楽しむというスタンスで読む

これこそこのラノベを絶賛する絶対の条件
特に窮地を打破するために、

こういうことを想定して策がないわけではないが、やるのか、やるのかああああ
くそおおおやってやるーーーーー

ってところ、毎回マジほれます
ただ桐乃はうざいです、本気で
ちょっとしゃれにならないでしょう?このうざさ

一応
「過去の兄妹仲は悪くなかったが、何かしらの(主人公の態度による)きっかけで兄を兄と思わなくなった」
という伏線が張ってあります
また以下のように好意的に解釈するとツンデレっぽいポイントを描写してはいるんですが。。。

 1.寝ている兄に馬乗り
 2.わざわざPCのキャッシュをチェックまでして兄の動向を探ろうとする
 3.団体行動中、兄が自分と離れようとすると激怒
 4.兄が自分がシスコンであることを否定すると、怒ってアキレス腱を蹴る
 5.中学2年のクリスマスは、上手いことやって兄とクリスマスデート
 6.そのとき兄に買ってもらったと思われるピアスを後日友達に自慢
 7.兄とラブホテルに入るため、真冬に冷水をかぶる
 8.兄が女と電話しているとみるや、電話の相手に自分とラブホにいることをアピール
 9.中学1年のクリスマスに、兄をストーキングする
10.デート中、兄の目を盗んで似顔絵入りの観察記録をつける
11.自分をモデルとした主人公が兄をモデルとしたキャラクターと恋愛する小説を書く
12.兄が家に女を連れてきたら当然いびる
13.兄のエロゲーの攻略傾向は当然チェック
14.久しぶりに兄に会えたら、陸上で今まで一度も勝てなかった相手に勝てた
15.一番の親友には兄の話ばかりする
16.兄が別の女を部屋に入れたと知って怒り狂う
17.兄のベットでくつろいでいる女は、親友であろうと本気のフライングニードロップ
18.兄が他の女の子とを心配すれば、すかさず嫉妬
19.兄が美人に見とれてたら、兄の耳を引っ張る
20.兄の声援を受ける度に加速
※某所コピペ

上記は概ねそのとおりなんだけど、実際上記ほどストレートに書いてるわけではないのでうざいです
こんな妹可愛いわけがねぇwwwというのが感想


まぁともかくとして、とにかく京介さんの活躍っぷりが半端ないのです、まじオススメ

一応もうちょっと視野を広げて感想を述べると
この京介さん、最初は頼れるかっこいい兄貴なんですが、だんだんと壊れていきます
読者としてあまりの変貌振りについていけんww
妹の親友に対して
最初は、可愛い子だな、くらいの感想だったくせに
いつのまにか
「マイエンジェルあやせたん」
「結婚してくれ」
「着信拒否解除してくれるならなんでもやる」
あやせたん>>>(超えられない壁)>>>>とか平気で言い出すww
まじで吹くww

宇宙やばいねたをモノローグでやりだしたときはもうだめかと思った
作者もうやりたいほうだいすぎwww
それでもかっこいい主人公、ぱねぇwwまじぱねぇっすwwww

最後に演出的にうまいところをちょろっと紹介して終わる
作者が変に背伸びせず、登場人物を少なく、舞台を少なく、とりわけ主人公のみをスコープして書いているのは変に想像が発散せず良いと思います
桐乃がうざいぶん、ちゃんと萌え担当というかそういう層のため黒猫という
あー人気でそうな萌え担当ですね、はいはい みたいなキャラもちゃんと抑えている
こういうキャラの扱いもうまく
5巻にいたってはメインヒロインである
私も読む前は、、、黒猫?しらねぇよww京介さんもっとだせよwwwとか思ってましたが
読んでいくうちに

瑠璃たんもえすwwwwwww
※瑠璃:黒猫の本名

になってたので侮れない
黒猫の「あなたの妹があなたのことが好きなくらいには、あなたことが好きよ」は名言
上記の桐乃の行動をかんがみればべた惚れである、本当にありがとうございました

実は幼馴染からの好意を寄せられていて、ハーレム全開なわけですが
主人公自体はあまりそういうことに突っ込むつもりはなく
鑑賞レベルであやせたんハァハァ状態なので、ハーレムっぽさはないです


まぁなんだ、色々書いたけど個人的にすげー面白いって話だ
特に桐乃のオタクっぷりは、このブログを読んでくださる紳士達には共感できる部分も多いと思う
そういうところも+だ

ただ残念ながら以下の層にはオススメできない
・妹とのキャッキャウフフを期待する人
・恋愛系の描写に期待する人
・主人公の菩薩のような心を理解できない人

もうちょっとだけでいいから、先入観なく読んでもらえると非常に嬉しい
タイトルがキャッチーなだけに、先入観を持たれかねないのが残念ではある
あと、実際に妹がいる人にはオススメしたい

私もいまでこそ糞仲がいいが、思い返せばそういう時期もあったのだ

ということで、珍しくいちゃもんつけることなく褒めちぎって終わった読書感想文
いかがだったでしょうか?
けなすことでしか文章かせげないわけじゃないんだからねっ!


て見返すとそんな文章かいてねぇな・・・
[PR]

by minatokako | 2010-11-03 20:29 | グッツ関連 | Comments(6)
2010年 08月 13日

C78 レポート ~グッズ販売はキャラクターが命~

去年は丸々参加しなかったので3大会ぶりのコミケ、しかも夏コミにいってまいりました

狙いはfengの円佳抱き枕カバーです
お金もないし、色々買っても場所とるだけなのでそれ一択
つか今回はカバーってよりいすずあすかさんのバイノーラルピロートークCDが欲しいというのが大きい
もちろん涼香さんの大ファンなのでカバーとしてもポイントは高いんですが・・・ダンボールいきなんだよなぁ・・・

fengさんは確実に通販をやるので無理に地獄に向かわなくてもいいのですが、幸いにも本日一日フリーってのと
通販だと割高になることを考えて、まぁ雰囲気だけでもって感じで行くことにしました

で、能書きはこのくらいにしてレポートを

※注意書き
このレポートは私が勝手気ままに綴るものです。非常に偏見や偏った物言いをします。
不快になられる方が多くなることが予想されますので、直ちに引き返すことをオススメします


10:30 起床
前日深夜までアリスインワンダーランドとシャーロックホームズを見てたので起きるのが遅くなったが中々の寝起き、爽快
超久しぶりに爽快なので気分がいい、こんなコミケ当日は初めて
過去記事を参考にしてもらえると助かりますが、コミケ=4時おきの戦争だったのでこんなゆっくりすることもあまりない
現地に12時すぎにつくように調整しながら昼食をとって、最寄り駅へ
最寄り駅で定期を忘れたことに気がつく・・・電車賃を払うとせっかく安く買える意味が薄れるし、なによりコミケで切符とか愚の骨頂
引き返そうかとも思ったけど、あまりにも熱くてだるいのでしぶしぶ切符を購入

12:10@大井町
平日昼にしてはやっぱり人が多い
いかにもって人が全体の4割、レイヤーぽいひとが1割
何故か胸が熱くなる

12:30@国際展示場
カオス
帰る人向かう人でごった返し
始発ほどじゃないけどもうおかしい、人、人、人
うげぇって思いながら恒例のサンクスチェック
d0143135_15122843.jpg

暑さでついに壊れたサンクスの本気をみた
痛茶ってwwしかも200円、たけぇwww
なんでもありすぎるwwサwwwンwwwwクwwwwスwwwwww
「ここでしか買えませんよ~、地元に戻ったら買えません!!」
そらそうだwww
幸いにも私はこういうものにさほど惹かれないのでスルー
でも結構買ってる人痛
んで、くそ熱い人ごみの中をてくてくと歩いていくと・・・
d0143135_15153064.jpg

給水最終ポイント発見
つまりここで給水しないと・・・ゴクリ

で、着きましたビックサイト入り口
d0143135_15164053.jpg

入場規制はやってないのでサクサク入場
つか思うんだけど・・・りんかい線始発できてもここまでくるのに10時すぎ、中まで入るときには10:30
12時くらいにくると即中に入れるわけで・・・開場の4時間前に来てもゆっくり来た人と1時間ちょっとしか差がでないってのはどうなんだろう
もちろんその1時間に数字以上の意味があるのはわかるが・・

12:30@ビックサイト西4F
シャッター側配置なのでfengブースを外からさがす
さがす
さがす
さがす・・・・
ない・・・・だと・・・・?
数々の企業ブースが、何重もの列をつくって
「最後尾じゃありません」
「最後尾」
とかのプラカードを持っているのにfengだけは見当たらない
あーまーさーかー

12:40@fengブース前
d0143135_15215310.jpg

閑散
ご覧の有様だよ
どんなに絵がよくても発売日前のゲームキャラグッズなんて誰が買うんだよといわんばなりの売れ残りっぷり
全く並んでる人も買ってる人もいない
列用のチェーンが物悲しい
これがきっと長瀬湊「新作」抱き枕カバー+ピロートークCD付(CVミン○ス)とかだったら行列ができていたに違いない
2年たったとはいえまだまだいけるはずである
おろおろしながらブース前までいって売り子のおねーちゃんにお金渡して購入
なんかすげぇ恥ずかしかったんだけど、逆に
しかし現地滞在20分で目的が達成されてしまった
今回は体力も余ってるので、他を見て回ろうかと思いましたが
無理でしたorz
しばらく会場内を歩くも人とぶつかりまくるし暑いしでもうだめ、さようなら
d0143135_15315537.jpg


12:55@出口へ
あついーあついよー
エスカレーターの注意の声がゆっくりとか変なとここりすぎ
で、こんなポスターみかけた
d0143135_153362.jpg

キターーーくすくす&NYAONコンビの新作キターーーーー
うっはやっべ、本日で一番テンションのあがった瞬間wwwww
うおーうおーいつ発売なのかしら・・・ましろ色は冬コミで発表あってから10ヶ月?くらいかかったので来年かなー
でもぱれっと自体は3ラインで動いてそうなので、なんとか今年中を目指して欲しい
うおーいやー楽しみだーーーーー




そんなわけでたいしたネタもなく無事に帰宅しました
まぁこの程度のコミケ参加ならいってもいいかな
つかfengさんさー、やっぱり無理だって・・・ゲーム発売しないでキャラグッズ展開するのは・・・・
いくら涼香絵だって荷が重い
去年の初カバーでわかったでしょうに
少なくとも突貫工事の体験版で円佳を出しておけば少しはかわったかもしれないけど
やっぱりこういうグッズはキャラあってのものなんだなぁって思いました
アニメ絵での湊カバーですらそれなりに人並んでたしねぇ
通販する前にゲーム出しておかないと
⑩<死ぬよ
⑩<このままじゃ死ぬ

というわけで戦利品
d0143135_15421263.jpg


これだけじゃさびしいので
[PR]

by minatokako | 2010-08-13 15:48 | グッツ関連 | Comments(5)