ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 16日

ノストラダムスに聞けなかった発売日変更

ふと応援バナーを眺めていたら
あれ、ノストラダムスに聞いてみろ♪が2月29日発売になってる(;゜ロ゜)
楽しみにしていた一本だったので慌ててリンク元へGO
むむ・・・・??
マスターアップはしてるじゃねぇか!おいw
その下に特に理由もなく発売日変更とありましたよ
マスターアップしてるのに延期・・あぁ変更ですか?まぁどっちでもいいんですけど
これはやっぱりあれですかね、死の発売日から逃げたもとい戦術的撤退ですかね・・・
えーと・・・でも・・・2月29日もそこそこに激戦区なんですけど
中でも二本あげるなら
・超昻閃忍ハルカ アリスソフト
・To Heart 2 AnotherDays  Leaf
まぁハルカの方はゲームとしてカラーが違うって言うかベクトルが違うので購入層の住み分けはできてるだろうから問題ないのかもしれないけどTHADにぶつけますか
たしかにさくらッセとFAを相手にするならTHADと戦った方がまだましなのかなぁ~うーん
時期的に特典物の公開とかが全く無かったのである種延期は想定内だったけどもうちょっと早く知りたかったなと思いましたねー
まぁ金銭的に分散される方が楽なんですけど・・・
ってアレ?
2月29日は
ハルカ+THAD+かにぱみ(未定)+ノストラ
で今月末と出費変わらないじゃん!全然分散されてないじゃん!
ちなみにノストラの体験版が公開された・・・・のかどうかはわかりませんが
ファイルが壊れてるとかなんとかで即座に公開中止
なんというgdgd・・・・
明日にはちゃんとできるといいですね、はい
[PR]

# by minatokako | 2008-01-16 00:39 | エロゲ | Comments(0)
2008年 01月 14日

エロゲ2007総括

某所掲示板でこんな投票をやっていたので触発されてみました
実際非常に多く発売されたゲームの中で自分がやったのなんて一握りなのでベストゲームなんて言ってもあんまり意味はないのかもしれないけど
さてそもそも自分は一体何本プレイしたのでしょうか・・・・覚えてないし数えたくないなぁ(´д`)
まぁ覚えてる限りで勝手に選んじゃいましょう
エントリー項目は以下の通り

シナリオ部門
特にシナリオに秀でていたゲーム。そのまんまですね・・・
キャラクター部門
キャラクター(ヒロイン)が魅力的だったゲーム
BGM部門
音楽が特によかったゲーム
キャスティングボイス部門
声優さんがよかったゲーム
グラフィック部門
グラフィックが綺麗、よかった原画家さんのゲーム
ゲーム性部門
シナリオというよりもゲームらしく遊べる作品
エロ部門
一応エロゲ総括・・・一番エロかったゲームもいれとかないと・・・
あんまやらないんだけどなぁ
特別賞
筆者の特に印象の残ったゲーム
愛すべき地雷部門
踏みたくなくてもいつしか踏んでしまうもの、それが地雷
2007最優秀賞
2007最高のゲームはコレだ!

ではさっそく
シナリオ部門
・月光のカルネヴァーレ
俺達のニトロが帰って来た!!そんな印象を持ったゲーム。
デモンベイン以降迷走を続けていたがやっと万人に好感触を抱かせるゲームを作ってきた
まさにニトロ再生のゲーム
シナリオはどこかでみたことがあるような設定ながら最初から最後まで緻密で丁寧に描かれている
ニトロお得意の熱い戦闘シーンも際立っており物語に華を添えている
裏社会的などちらかというとハードボイルド仕立てな世界観の中で登場キャラクター全てに味があり
しっかりとしたシナリオの元、人間ドラマを描いている点になにより賛辞を送りたい
・世界で一番NGな恋
丸戸シナリオです。やっぱり丸戸さん!やってくれます!
信者フィルターかかってますけど、それでもすごい
何がすごいかって何気ない1コマ1コマのテキストに全部味がある
戯画に企画屋として参加してるときと違い丸戸個人として自由に物語を描いてるので
戯画作品よりは1つの長いテーマとして奥深さがある
広く浅いタイプが戯画丸戸ならせまく深いのがHermit丸戸なんだろう(もっと戯画作品が浅いわけでなく非常に素晴らしいものであるのはいうまでもないが)
読ませるシナリオ、先が気になるシナリオ、常にこちらの斜め上を行く展開にはただただ脱帽
若干の不満点はメインヒロインが優遇されすぎて他ヒロインルートがオマケのような感じになってるところかな・・・
まぁでもだからこそ狭く深いという表現を使いました

キャラクター部門
・あかね色に染まる坂
コミケレポートからも明らかのように
湊は俺の嫁というくらい惚れ込んでるのでこの作品で間違いないでしょう
2007年度ベストキャラクターどころか過去歴代ヒロインと比べてもダントツなくらい
なんなの?死ぬの?萌え殺す気?
とまぁキャラクターだけは完璧を通り越して無敵な本作品ですが、シナリオとテンポがなんといってもひどい
キャラクターの魅力を引き立たせる肉付けはうまいんですが・・・
キャタを立たせるだけ立たせて活かしきれなかったゲーム
ドラマティックとかいってないでもっと普通に学園恋愛ドラマを描けば違ったと思うんだけどなぁ・・・
このキャラで青空の見える丘テイストにしてくれればかなりよかったかもしれないのに

BGM部門
該当なし、というか思い返して印象に残るような作品が無かったです

キャスティングボイス部門
・月光のカルネヴァーレ
物凄い豪華声優陣の恋姫無双と、演技力のうまさと渋いキャスティングをしてくれたバレットバトラーとかなり悩んだのですがやっぱりこれ
シナリオ部門に続けてあげさせていただきます
だってこれ、初めて声優買いしちゃったゲームですよ?
キョンが主人公なんてそれなんてハルヒ?
演技も素晴らしかった。声優陣ってことで言えば杉田さん以外もかなり素晴らしく
若本さんとかスネークとか、森川さんとか
どこに文句つけられるんですかコレ?すごすぎるw

グラフィック部門
該当なし、綺麗だなーとかおもうCGの作品はいくつかありますが際立っていたのはなかったので
原画家さんっていう点では、あかね色に染まる坂だけどこれは単に原画家の好みのレベルが大きいのと
塗り含めて普通だったので・・・1枚絵のCG枚数ももうちょっとあればなぁ

ゲーム性部門
王賊と聖なるかなの二本をあげたい
王族に関してはキャラクターとしてリディアっていうかなり魅力的なキャラクターがいたんだけど
シナリオがついてこれてなかったので色々と惜しい
ゲーム性というところでも古いSLGかなーという感じなのでここはやっぱり
・聖なるかな
前作アセリアの続編という位置づけだけど前作の知識はなくとも楽しめる
やりこみ要素が強く、1週目2週目とこなせるし、MAPごとのクリアランク、特定条件下でないと入手できない技etc・・・
ゲームバランスも絶妙で、適当にやってるとクリアできないどころか詰みになることが多いので戦略性を問われるスリリングなゲーム展開を楽しめる
CSゲームとくらべてもかなり高いレベルで完成しているのSLGゲームといえる
評価できるほどのものではないがよくありがちなSLG要素に全てをとられシナリオがからっぽのゲームとは違い、各ヒロインをとおしてしっかりとしたシナリオがバックにある
アリスソフトのSLGゲーム勝るとも劣らない出来だと思う

エロ部門
正直エロゲーらしいエロゲーってあんまりやらないので微妙なんですが・・・うーん
・姫騎士アンジェリカ~あなたって、本当に最低の屑だわ!~
まず何が凄いってタイトルが凄いww
序盤は普通?の調教ゲームっぽい感じで進むんだけど、途中からエロイというより笑ってしまうような壊れっぷりを発揮するのでこれしかないだろうとw
調教ゲームといっても煩わしいパラメータとかはないので攻略要素はED分岐くらいでほとんどないのは楽でいい
サトウユキさんの演技はもうなんというか言葉ないです・・・いやよくやったよ・・・・w
としかいえないwある意味CV部門にいれてもいいくらいでしたね

特別賞
・君が主で執事が俺で
出来はともかく2007年一番の話題作といっても過言ではないのでここに入れておきます。
レビューは以前してるので割愛
世間で叩かれるほどゲーム自体に罪は無く、みなとそふとの門出の作品としてはむしろ十分な出来だったと思う
ただどうにもかけた期待が大きすぎた、つよきすが面白すぎた
罪というならつよきすという化け物を前作に生んでしまったことだけだろう

地雷部門
・つくしてあげるのに
公式サイトには8人のヒロイン!と大きく銘をうっておいて攻略できるのはたったの4人
攻略できなくてもせめてHシーンがと思っても他キャラにはほぼない
何よりひどいのがメインヒロイン級の紹介を受けている青山ゆかりキャラの攻略ができない!!
なんという詐欺
ユーザーからの抗議殺到、慌てたメーカー急遽奈々ルートディスクの製作を発表
そしてそのディスクはいまだ完成せず・・・
もうねアフォかと・・・こうなることは火を見るより明らかだったと思う
大人の事情で、未完のまま発表せざるを得なかったとしても、ユーザーを騙すのはよくないし
削るにしても明らかに需要がありそうな奈々ルートを削ることは無いだろうと
ひどいのはこれだけでなく、画面演出は最悪
度重なるフラッシュで目が潰される、これなんてポケモン?と思ったくらいにひどい
・Dies ires
本当はここにいれたくなかった・・・orz
体験版の時点ではいい意味で熱い中二病全開の作品で、非常に面白く続きを楽しみにしていた
度重なる延期で不安になっていたけどやっぱりかーーーーーー
攻略ヒロイン4→2人へ無断で変更、公式サイトにあったCG、発売と同時に差し替え
・・・・あれデジャブが・・・・これなんてつくし?おいおいふざけんなよ?まじで
つくしも酷いがこっちは発売日までカットしたヒロインルートのCGを公式のせてたんだぜ・・
これはもう庇い様の無い詐欺ですよ
蛍目当てだったのにそれがないなんて・・・・(つд・)この仕打ちは無いよ
攻略ヒロインが2といってもまともなのはマリィルートだけで香澄ルートはひどい出来
序盤広げすぎた風呂敷を見事に畳まないまま終わらせて、何この俺達の戦いは始まったばかりだ!みたいな展開
とりあえずなんとか、終わらせてしまえみたいのが見栄見栄です・・・多分正田さんが書いたんじゃないんだろうな・・・
マリィルートは一応なんとか体裁は保ってるものの後半は急展開で尻つぼみになってる感じが否めない
これも一応補完ディスク作るらしいですが・・・お金取るんですよね

2007最優秀賞
というわけで自分の中で2007を代表するゲームはなんだろう、やっぱりこれですね
世界で一番NGな恋
に決定しました。信者なだけじゃねーか
是非今年度も丸戸さんのゲームをプレイしてみたいところです

・最後に2007年総括
世間でいわれてるとおり2006にくらべると不作だった年というのは確かにあると思う
というより2006年が豊作過ぎた感もあるわけですがね
ただ力のあるメーカー及びライターさんの開発周期もあるので毎年豊作ってのは難しいのかもしれませんね
メーカーとしてはねこねこソフトの後継コットンソフトがデビューし、1年で3本も発表するという明るいニュースなんかもあり全体的に見れば話題作が少なかっただけで悪くないような感じもあります
あと一歩、もう少し・・・という作品が多かったのが印象的
1月からぶっ飛ばしていきそうな2008年はどうなるのでしょうか
久々に長いエントリ書いて疲れました(´д`)

最後に・・・
冒頭でも述べてますが、まったくの私見ですので、独りよがりの評価であります
こういった考えをもった人間がいるという程度に収めてみていただけると幸いです
[PR]

# by minatokako | 2008-01-14 00:55 | エロゲ | Comments(0)
2008年 01月 12日

ちょうどうでもいい雑記

突然ですがこんなお便りを頂きました
「1月25日の考察で大手メーカーを中心に触れていますが
F&Cさんって大手ですよね?しかも看板ソフトのPiaキャロの新作が
でると思うのですが全く触れられていないのは何故なんでしょうか?」




あっ!
そんなのもあったね
いやいや忘れてたわけじゃないよ?うん、本当に。
とまぁお便りはきてないけど某所で突っ込まれまして思い出しました
ただね、あからさまな批判とかしたくないけど・・・蔵の中はryとかほしふるとかさ・・・
一応公式サイトに様子を見に行ったけど、なんかねもうだめ
涼香さんは好きなんだけど後はなぁ・・・なんか魅力ある原画ってイメージが強い作品のせいなのかどーにも興味をそそられない
CVも好みではないので語るべくもなく、シナリオもどうせPiaっぽいシナリオだろうし
F&Cとかelfとかの老舗メーカーって昔だと大手メーカーで安心して買えるって感じだったけど
時代の流れとニーズなのかなーメーカーで買う人なんてほとんどいなくなったような気がするし
メーカー自体がどうにも流れに乗れてないきがするね
いまだに第一線のアリスソフトはそれを思うとすげーすげー

そんなわけで本日は購入に対する動機についてコラムっぽく
購入にするにあたって判断基準は色々あると思いますが大きく分けると
・原画家買い
・声優買い
・スタッフ(ライター含む)&メーカー買い
多いのはやっぱり絵買いなんでしょうかね?
自分も予約までして特典ほしさに色々やるのは原画家さんのファンの作品が多いです
ちなみに特典物が欲しいくらいに好きな原画家さんは
七尾奈留(ちょっと別格)、みつみ美里、くすくす、西又葵、きみづか葵、鈴平ひろ、CERNELIAN
鵜月みつき、村上水軍、蓮見江欄、あきら、涼香、和泉つばす(順不同敬称略)
まぁありがちっていうか一般的に人気の高い人ばっかですね、なんというミーハー
声優買いは基本ないです。最後の一押し程度にはなるけど大きな基準にはならないです
好きな声優さんはいますが、それもキャラあってのものだと思ってるので
井村屋ほのか、松永雪希、佐本二厘、かわしまりの、三咲里奈、遠山枝里子、青山ゆかり
観村咲子(順不同敬称略)
がでてると注目しちゃう。井村屋さんとふーりん、遠山さんは特に好きかなぁ
遠山さんはキャラに恵まれたって感じが強いけど・・・あの演技でいいキャラだったし
湊の可愛さは異常
井村屋さんはね、なんかね、好きなんだ、理由なんか無いんだ
安玖深音、柚木かなめ、西田こむぎさんなんかも好きですが
いまだに鳥居花音様は神だけどな
スタッフ、メーカー買いもないです。若干アリスソフトなら・・・ってのあるけど
ライターに関しても信者やってるのは企画屋の丸戸さんくらいで、キャラありきならそこまで
ライターは気にしないです
評判のよかったゲーム、自分でやって面白かったゲームのライターさんは覚えておいて次回作のときにチェックするのでその意味じゃ大きいけど
ただ出すゲーム出すゲーム確実に面白いライターさんって中々いないのが実情で哀しいところ
だからこそさくらシュトラッセでNYAONさんには安心の殿堂入りを果たして欲しい!

さて閑話休題
CV変更はおいておいてアヤカシ(アニメ)はみれそうだなんて以前いってたけど
ごめん、やっぱ無理
某所で5話までみたけど、ちょっと話のテンポが非常に悪い、展開早すぎ
原作を一応やってるのでおいていかれることはないけど流れと演出が悪いので面白くない
ていうか初見の人はそうとうもやっとするんじゃないだろうか・・・
そんなわけで一気にみてたら4話くらいでダレだしました、多分もうみない(´д`)

逆にペルソナはよかったなーまぁまだ一話なんだけど
設定的にはアヤカシに近いんだけどテンポと演出が素晴らしいと思った
あと原作の人をキャラクターデザインに迎えてるからか作画がキレイ
こっちはかなり期待だったりします
[PR]

# by minatokako | 2008-01-12 22:44 | Comments(0)
2008年 01月 09日

死の発売日 1月25日を体験版レビューを交えて考察してみる その2

はい、昨日に引き続き1月25日のゲームを見ていきましょうか!
みるべきところがいっぱいあって、オラワクワクすっぞ


といいたいところですが、もうはっきりいってどうでもいい

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今日 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『メッセサンオーの予約特典のページを
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ      見ていたらさくらシュトラッセを予約していたんだ』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    祖父で予約したことを忘れていただとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::... イ  メッセの特典の恐ろしさの片鱗を味わったぜ…

そしてもう勢いでFAの予約までしちゃったんだぜ
ドナルドは嬉しくなるとつい、やっちゃうんだ

もうやめて!財布の中身は0よ!!!

えーと、まぁそんなわけで、もう他のゲームを買う金銭的余裕は全くないので・・・
ここで色々いっても虚しくなるだけどいうかなんというか・・・

でも、逆に考えるんだ、ここでアレコレいうことでやった気になればいい

というわけでCUFFSのGarden
思えば☆画野朗さんの絵はCanvasでファンになって、水月もよかったなぁと思い入れはあるんだけど、どーにもね、CUFFSに行ってからはタッチが柔らかくなりすぎてるような・・・キャラが幼すぎるような・・・そんなんで既にあんまり興味は惹かれないのですが・・・
というわけでCUFFSのゲームはこれが初めて触れることになります
<体験版レビュー>
やはりというべきか、非常に雰囲気が水月に似ているのが印象
閉鎖的な世界観のなかで普通の登場人物が緩やかに物語を紡ぐ感じかな
日常的な描写を淡々描いていくもんだから起伏っていうてんでは乏しいし、なにかこう物語の世界に引き込んでくれるようなものがない
登場キャラクターにしてもプロローグの時点では特に魅力を感じることもないので、本当の意味では「じっくり腰をすえて」やらないと評価しちゃいけないゲームなのかもしれない
ほのぼのというか優しい雰囲気の世界観であるものの、心に傷を負った主人公って設定のせいで明るい感じはしないのが気になった
常に低空飛行で進んでいく感じ?よくわからないけどw
自分としてはガンガンとばいしていくようなゲームが好きなので、やっぱり購入は見送ることになりそう
他で評価がよければ中古で・・って感じになるかな

さて世間で期待されている4大ソフトはこれでおしまい
他で言うとアトリエかぐらの新作かな、大手メーカーって意味だと
せりなと同じスタッフらしいので陵辱シーンを回避すればそこそこ自分的には面白いのかもしれない青山ゆかり嬢じゃないのでどうでもいいですが
体験版をやってみた、、、、というのであれば裸足少女のしあわせなお姫さま
ツンデレお姫様との物語ってあるのでちょっと興味が惹かれるけど体験版だと調教シーンのみでイマイチ魅力が・・・w
ヒロインがかわしまりのなのはよくわかったけどな
たしかにエロいかどうかでいえばエロゲーなんだろうけど、調教主体においてるゲームってイマイチシナリオが置き去りにされるんだよなー
あとは去年ニコニコで火がついたふぃぎゅ@のメーカーエスクードの新作ワンダリングリペア
ここの原画かもメタモルファンタジーの頃が一番よかったなぁ・・・最近はどうにも丸みおびてきちゃってるっていうか
体験版は、意外と面白かったがメーカーの色なのかね?ゲーム性を持たせるような仕掛けは純粋に物語を楽しみたい場合ちょっとうざい
もちろんそのほうがいいってニーズもあるんだろうけどね
登場キャラクターはみな個性があってとてもよかったんだけど、同じ場面で延々と会話を続ける描写が多く若干テンポが悪いのが気になった
スキップさせてしまったゲームなのでやっぱり購入対象ではないなー

もうそんな感じで25日っていうか今月はさくらッセ、ノストラ、FAの3本で決まり!
ていうか最初からこの3本に絞ればよかった!
[PR]

# by minatokako | 2008-01-09 21:14 | エロゲ | Comments(0)
2008年 01月 08日

死の発売日 1月25日を体験版レビューを交えて考察してみる

巷でもっぱら死の激戦区と言われてる1/25ですが
発売予定のゲーム本数は1/8現在でなんと約40本
とんでもない本数・・・・ユーザー視点として全部買える訳がない!!
もとい買ってもやる時間も、置くスペースもない・・・
敢えて地雷に突っ込むこともないので買うのであれば慎重に選ばないといけませんね、はい
そこで独断偏見をもってこの激戦区を考察してみよう
何が発売されるかに関しては、その辺の発売日カレンダーなりで確認して欲しい

さて、まずなんといっても本命なのがオーガストの新作FORTUNE ARTERIALといっても過言ではないだろう
前作の明け瑠璃、はにはにの売り上げをみても疑いようもない
<体験版レビュー>
サウンド、絵柄についてはもういうまでもなく八月なので省略。
話のテンポ、世界観の雰囲気的なものは、はにはに以前よりは明け瑠璃に近いものを感じる
割とサクサクよめて、テンポよく進むのでシナリオとして平坦な日常シーンも中だるみしない
登場キャラも多く、イベントとしてどんどん話が進むために八月特有のなかだるみはあまり感じられそうになかった
瑛里華と主人公に関する複線の張り方には興味がそそられ、体験版最後に突如明かされる吸血鬼であるという設定がどういかされるのか?というてんにおいて期待が持てる感じだった
ただこのプロローグを見る限りメインヒロインである瑛里華が別格の扱いを受けている感じがするし、八月作品ではメインヒロインをシナリオ上一番深い位置におく特色があるので私的に攻略してみたいキャラが絞られそうでコストパフォーマンスが悪いかな~と思ったり
まだわからないがもう一人のクーデレっぽいヒロイン以外やらない気がするので微妙w
予約特典が魅力なので購入するかどうか悩み中・・・八月作品と相性わるいからなぁ・・・orz

さて対抗として挙げられるのはぱれっとの新作さくらシュトラッセだろうね
DearMyFriends、もしも明日が晴れならばと同じスタッフでくるとなれば期待するなというほうが無理というもの
これも体験版をやってみました
<体験版レビュー>
プロローグは嫌味もなく無駄のない感じというのが感想。登場ヒロインの顔見せと、若干青臭い主人公とレストラン再建という王道物の話の説明的な役割を担っている
あくまでプロローグなのでシナリオに関しては未知数だけどテキストはしっかりと読めるし、登場キャラクターの可愛さも合って先が期待できる
ジェットコースターのような二転三転するようなシナリオを求めないのならば十分すぎる感じは伝わってくる
私的に中途半端にファンタジーするのは好きじゃないんだけど、主人公が魔法に対してありえない、非現実的なものであるとの認識をもっているので常識的な構図が壊れていないのは好感が持てる
その中で魔法というものが1つのスパイスになってくれるのであれば逆に歓迎
登場キャラはみな私的攻に略対象になりうるくらい魅力的なので期待大!
ソフマップの予約特典欲しさに予約、布物特典は決して使わないのに欲しくなるから不思議!
とりあえず25日で一番の期待作です


次にくるものはなんだろう・・・巷の期待度から言えばCUFFSのGarden、話題性は乏しいが商業的なプッシュの強さに定評のありそうなLime(Navelの姉妹ブランド)のデビュー作ノストラダムスに聞いてみろ♪かなぁ
ノストラは原画あきらの復活作品であり、シナリオはあごバリアなので絵買いできる側面もあり、あご先生なら突き抜けたシナリオはなくとも無難なものを書いてくるだろうという期待もあり
シナリオが無難ならば、あとはキャラクターの魅力で勝負できる!
つまり何がいいたいのかというと
ツンデレ+金髪ツインテール+義妹+井村屋ほのかの穂ノ香は俺の嫁
これだけで購入に値するので予約してます。決してソフの特典が穂ノ香の抱き枕だったカラジャナイヨ?布物ってry
体験版がないのがちょーーと不安だけど穂ノ香が全てを吹き飛ばしてくれること願う
よくもわるくも穂ノ香出来でこのゲームの出来もきまりそう・・・・wラジオドラマを聴いてる感じだと間違いなさそうなんだけどなぁ、あの雰囲気をゲームでも維持してくれているなら間違いなく買い!
いやもう予約してるけどねっ!!

とまぁ3/40を紹介しました。ってエエエエエエエェェェェェェエエエエエエエエ1/10も考察してないんですけど・・・
とりあえず自分が購入する(かも)というのからだね、うんうん
次回があれば残りも考察してみよういや絶対挫折しそうだけどね
[PR]

# by minatokako | 2008-01-08 21:42 | エロゲ | Comments(0)