人気ブログランキング |

ちょっとアナタ!オタクですよっ!

minatokako.exblog.jp
ブログトップ
2019年 08月 05日

月の彼方で逢いましょう 感想

評価:B

d0143135_22431360.jpg
この画像をまさかtone work's作品で使うことになるとは思ってなかった

tone work's応援部 ブログ部長として俺は悲しいよ

コラーもっとちゃんよめー俺のBlog(過去のtone work'sゲーのレビュー記事)を。。。

いやなんかこうかくと勘違いされそうだけど別に1部ルートを除いてひどい出来だったとかはないんだ
1ルートはキングオブ糞でゴミというかなんなのお前まじで舐めてんの?金はいいから時間買えよ糞が!だったけど
関わったすべての人にごめんなさいしろよ、ほんとなんだよあのルート、俺の記憶を消してくれ、こうピカっと

まぁそんな灯華ルート以外は別につまらなくはないし、ゲームとしてはよくまとまっていたと思う
オラわくわくっすぞ!ってほどよかったわけでもないが昨今このレベルでリリースできるなら合格点なんじゃないかなとは思う
ただ違うんだよ、そう違うんだ

違う、そうじゃない

私が求めていたのはそんな当たり前のような合格点じゃないんだ

約束された勝利のストーリーを求めていたんだ、、、
d0143135_22532452.jpg
まじで本当に、、本当に、、、
伝わらないと思うけどすげぇ焼肉食いたい気分なのに、焼肉屋でハンバーグしか注文できなかったら
たとえそのハンバーグがまぁまぁおいしかったとしてもなんか納得できないだろ!いい加減にしろ!

> はい、そんなわけで銀色、遥かですが
> そのコンセプトというのが、大げさに言ってしまえば「穏やかな人生」
> 人を好きになり、恋を育み、結婚して、子供が生まれる
> そこには大きな事件、ドラマティックな展開もありません
> 辛いこともありませんし、ちょっと非現実的なまでに優しさだけで彩られた世界
> それを中学、高校、大学、そして社会にでて、という時間軸でじっくり描いていく
> そんなゲームです

これが私が書いた銀色、遥かの感想ですが、私が求めたのはこれなんだよなぁ
ありえないくらいご都合主義の恋愛物語を長い時間軸でじっくりと描いていく世界
そんな世界を体験したかったんだ、、、
何もないのかといえばそうではなく、ヒロインだったり主人公だったりにテーマがあって
それをこのご都合主義の中で優しくもリアルに見せていく世界に触れたかった、、、


がしかしだ

この月の彼方で逢いましょうにはそれがない、それがないんだ、、、
その世界を感じることができない、、、
つまりなんか薄いんだ、、、そう薄いんだよ、、、、
社会人メインっていうのはいい、それはいい、それはGOODだ、学園物のくだらない生徒会うんぬんかんぬんはもううんざりだ
だが薄くて狭いんだ、これは上手く表現できないんだけど薄いんだよ、、、、

唯一過去作と同じ出来を感じさせてくれたのは
雨音ルートだけ
このルートのライターは過去作で私絶賛の律佳、瑞羽ルートを担当しているだけあってさすがだった
こちらの期待する世界がそこにあった
だが結局このルートだけなんだよ(血涙

ということでまぁ一応フルコンプしたんでね、、、各ルート評をしようと思う

・灯華ルート


ゴミ

ハイ次
っていうのもあれなんでもうちょっと
声優さんと原画家さんの無駄遣い

・うぐいすルート
まずさーうぐいすっていう名前がキツイわ、、、なんかもっとあったろうよ、、、、なんかなかったんか。。。
このルートは終盤まで以外はまぁそこまで悪くはなかった、若干退屈ではあったがね
社会人ルートは同棲感もよくでてたしよかったんだが
終盤がひどい
いや賛否両論あるだろう
私の場合は否、断じて否だ
超展開で夢オチに持って行ったのはまじでどうなの、、、そりゃハッピーエンドかもしれないが、いやハッピーエンドか?
このゲーム過去の自分と連絡が取りあえるというSF要素があるんだけど
そのSF要素つかってすべてを吹き飛ばしたシナリオ
いやまぁいいんだよ、別に、そういう過去改変とかいいじゃん、バックトゥザフューチャーみたいでさ
でもさー、それに人の死を利用するのはダメだわ
いいよ、わかるよ、人の死をなかったことにする大逆転劇、いいね、ぞくぞくするね
だけどよ。。。
それを唐突にそのオチありきで殺すんじゃねーよ
そのオチを見せたいことがまずあって、そのために唐突に突きつけられる死
いや伏線は張りまくりとかならまだいいよ、主人公が頑張って病気をなおす方法を未来で見つけて
それを過去に自分に教えるとかまぁだいぶ陳腐だけどそれならいい
でも死をまったく予感させてなかったキャラを幸せの絶頂で唐突に殺すのだけは許されないわ、0点



・・・
ここまで書くのになんか2時間くらいかかってるので続きはまた今度書きますね、、、



by minatokako | 2019-08-05 23:20 | エロゲ | Comments(2)
Commented by たん at 2019-08-08 21:17 x
こんばんは。絶賛とまではいかないものの良いシナリオもあるようですね。考えてみれば 銀色はスケート少女のみ2回以上しています。次点はロシア少女。星織のほうはピアノ少女が2回以上。次点はスタイルと性格で 赤毛の自由少女。後はマスコミ少女。
一人でもお勧めがあるようでしたら考えてみようかな、と(購入を)
関係ないですが大手だったエルフ、アリスソフトとか後はシーズウエアとかもでしょうか。(残っているのは一社だけですが)体力があれば 看板シリーズ そして新しい試み と作品別で製作を並行できてやれるのでしょう。
ですが大抵のメーカーは何というか 新しい試み(新規開拓とマンネリ化を避ける)と 今までの路線とか(既存のファン)とを一つの作品でやらないといけないので大変なのは分るのですけど。
これも関係ないですがこちらで興味を持ったラブラブル 面白かったですがこのメーカーで好きなのはラブでれーしょんです。一番訳分らない世界観というかそれが荒削りですが面白かったので。
最近はみんな同じというかおとなしくなったいうかそんな感じしますね。加齢もあって情熱が冷めてきたのもあるのだと思いますが。
ただ らくえん とか メイプルカラーズ2  とか もう10年以上前ですが製作者側にも売れるのも大事だけど作りたいものを というのが昔はあったような気がします。
関係のない長文失礼しました。
Commented by minatokako at 2019-08-08 23:33
こんばんは、コメントありがとうございます。
続き書く書く詐欺にならないように来週中には続きを書きたいと思います。
上記詳細書いてませんが雨音ルートだけはそのスケート少女、ピアノ少女と同じライターなだけあって期待には応えてくれてます。過去作と同じテイストなので。それでも過去作の方が好みかなぁと思いますが。

この業界新規開拓を目指していくのは生き残るためな重要事項だとは思いますが、失敗は許されないし今までの勝利の方程式で顧客を取り込んだ方が賢いと思うんですよね、、、もちろん既存作品が大成功しているという前提で、ですが。
今回は成功している路線をぶん投げた結果がこれなので完全に失敗してます。

ラブでれは私も好きです。感想書いた記憶があるようなないような、、、。
SMEEもあの路線でずっとやってればいいのに前作はひどかあったので人材もあるんでしょうけど衰退すべくして衰退してるんですよねー。


     月の彼方で逢うことを諦めない、... >>